猫の額ほどの話 

猫好きshinnriko(シンリー)です。昨年より乳がん治療中です。術前抗がん剤を経て手術療法、そして再手術。転居後、大学病院で放射線治療を終え、1年3ヶ月のハーセプチン+タキソール治療。最近(2014年初夏)転移と思われていた肺の一部切除しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふたたび肺転移

一昨日の火曜日、CTを撮りました。

結果に少々凹みました。

肺に点々とガンの転移があります。
転移性肺腫瘍というヤツですよ。
いったん消えていたのがまた出てきました(2011年9月肺転移発見、2012年1月消滅)。

全部で数えられるだけでも10個以上。
それぞれ、5mm程度のものです。
ちょっと生生しいので、イラストにしようと思ったのですが、複雑すぎて描けませ~ン。
嫌な人は、目をつぶってくださいね(コラコラ脂肪の厚みとか、計らないように)。
 006use20121129.jpg

これ、そのままにしておけませんね。

転移性のガンですから、元は乳がんと同じ性質です。
ということは、術前抗がん剤で効果があったのをまず試すことになります。
新しく主治医になった若い女医さんの言うとおり、ウィークリーでタキソールハーセプチンを再びするしかなさそうです。
 
現在、放射線治療中ですので、タキソールはできないそうです。
ですので、来週からは、ハーセプチンを先にすることになります。 
放射線終了後はタキソールもプラスされます。
 
大学病院のケモ室も見学してきました。
テレビ付きのチェアがズラーと並んでいます。

本日、放射線治療の診察日でしたので、放射線科の主治医(こちらも女医さん)に「放射線を使ってピンポイントでパンパン打ってよ」と言ってみましたが、「これだけ多いと無理!」とすげなく断られました。
放射線は2~3個なら効果があるそうですが、たくさん照射すると、当然肺が傷つくそうです。
そのリスクは大きそう。
肺に転移した場合は血液が全身を駆け巡ると同じようにガン細胞が移動している可能性が高くなります。、
ピンポイントでそこだけ照射しても無駄なのでしょう。

やっぱり全身療法しかなさそうです。

放射線治療の主治医の話だと、今あるものが2~3㎝になっても症状はでないということです。
現在、症状は全くありません。
少々走ろうが、階段を駆け上がろうが、普通の人となんら変わりはありません。
外見は極めて健康体。
とにかく、このツブツブを大きくしないこと、そして、胸膜付近や気管支付近にガンを発生させねいことです。
症状がでてきてしまいますからね。

来週から再びケモセラピーが始まります。

ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 
スポンサーサイト

脳転移はなし!あーよかった!でも

9月28日金曜日に脳のCTを撮ってきました。
撮影はあっという間に終わってしまい。

すぐに主治医は判定してくれるということでした。
PCモニターをジッと眺めてみました。
頭のどの断面を見ても、怪しい影はなさそうです。
バンザイ!!
脳転移はなし。
前回のブログ記事にも書きましたが、ハーセプチンが効力を発揮しませんでしたので、何ヶ月間も無治療期間が続いていたことになります。
どこに転移してもおかしくない状況です。
とにかく良かった!

ホッとしながら、またPC画面を見ることにしました。

頭蓋骨の中に脳が入っています(コレはトーゼンですが)。
頭蓋骨と脳の間に隙間がないので、ボケてはいないらしい。
ホントかなあ。

実はしばらく更新できなかったのは、日曜日にある検定試験を受けていたからなのですよ。
結果は未だ返ってきていませんが、自己採点で判りましたよ。
私はやっぱりアホだった。
憶えたはずのものが出題されているのに、どうして、そんな答えを書くかなあ。

やっぱりボケているのですよ。

主治医に聞いてみました。
「何だか憶えが悪いのだけど、脳のシワがナイのとちがう?」
主治医は黙っていました。

ところで、脳に転移がなかったとして、ではこの頭痛は何者?
やっぱり片頭痛なのでしょうけれど、痛いのは治さないと辛いのは自分です。

本日内科の頭痛外来に行ってきました。
細っこい初老の先生は(実はココの院長先生です)一通りshinnrikoの話を聞くと、右側の首の後ろを押しました。
ビビット響きます。
反対側の左は押しても痛くはありません。

「片頭痛の薬は高いでしょう。体操をして治すと安上がりですよ」

エっ体操なんだ。

病院のロゴと院長先生の名前入りのパンフレットには極めて簡単な動きの絵が書いてありました。

※肘を胸の高さに上げて、頭は動かさずに、腰を捻ります。両方捻ったら、一回と数え、それを200回繰り返す※
そうです。

ううう…その場(診察室の中)でやらされました。
何だか1人でやっていると罰ゲームみたいです。

「バカにするかもしれないけど、毎日ちゃんとやれば頭痛はなくなります」

いえいえ、バカになんかしてませんよ。
ハハハ…毎日やらさせていただきます。
でも200回は長いなあ。

「一日のうちで4~5分ですよ」
そりゃそうですけど…。
ふ~ウエストのシェイプになりそう?
テレビでも見ながらやらせていただきます。

確かに、トリプタン系の片頭痛薬は高いです。
体操はタダです

明後日10月3日、先日の病理検査の結果が出ます。
少しドキドキです。

そして、新たに、大きな問題が…。
今週中にははっきりします。

ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます   

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ  

脳のCT後すぐに判定

退院2日目です。
病院で着ていた大量のパジャマ、下着、その他を洗い終えました。
それにしてもいっぱい干しました。

さて、前にも何べんか書いていますが、私は片頭痛持ちです。
もう、10年以上前から片頭痛があったので、脳転移ということは考えないでおこうと思っていました。

ですが、最近片頭痛薬を飲む回数が増えてきています。
私が飲んでいるのはトリプタン系第三世代のレルパックス(拡張型片頭痛にしか効きません)。
それを飲むサイクルが短くなってきています。

昨年9月にガンが発見されてから、抗がん剤が功を奏していました。
しかし、本年6月あたりから、ハーセプチンが効かなかったという事実があります。
前回の手術の病理検査結果から、採取した組織は『viable cancer cell』で壊死後の炎症や瘢痕組織は全く見られず、組織学的効果判定はgrade 0
要するに、ハーセプチンの効力が出ていなかったという状態です。

ということは、無治療期間が本年4月から3ヶ月あったということです。
その間に、片頭痛が頻繁に起こっているわけですから、やはり、検査をしてもらわなければと、退院時に主治医に伝えました。

今週、金曜日に脳のCTを撮り、その後すぐに判定をしてもらいます。
転移がないことを祈ります。

ただ、たとえ転移があったとしても、これからの治療の計画はさして変わらないはずです。
放射線治療の前に抗がん剤になるだけの話だと思います。

また今回手術した検体組織片に断端陽性が出た場合は放射線治療が先になります。
断端が陽性だった場合、もう外科手術はないと思われます。
右胸中央外側から腋窩までの乳腺部分はすべて切除されているからです。
しかし、内側に陽性があった場合にはまた話しがちがってきます。
今はそれは考えていません。

脳転移がもし仮にあった場合はどちらが悪性かで治療法が天秤にかけられるはずです。

しかし、標準治療内のことですので、やることはある程度決まっているはずです。
二者選択でしょうね。

ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます   

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

超音波検査そしてハーセプチンの中止

7月18日、イレギュラーな曜日に病院に行きました。
それも午後。
こんな夕日が当たる時に病院に行くのは久しぶりです。

4月12日に検査した時には、1センチまで縮小し、上から触ってもどこにあるか判らなかった腫瘍が、最近になって指に触れるようになってきました。
本来なら、ハーセプチンをして、更なる縮小をはかる予定でしたが、前回(7月12日)のハーセプチン単独5回目の診断の時にはいつも陽気な主治医も真剣な面持ちでした。
いつもは検査をしたら、次の診察日に結果を主治医が説明してくれるのですが、今回は間髪を入れずに、その日に検査結果の説明があります。
大きくなっていなければ良いのですが…。

検査室の前のベンチで待っているとすぐに名前が呼ばれました。
ヌルヌルとゼリーを塗り、胸の断層がモニターに写し出されます。
私からもよく見える位置にありますので、じっと見入りました。
ちょうど腫瘍部分にスキャナー部が来ると、画面には白く写るものがあります。

黒いモニターに写る腫瘍は前回よりも明らかに大きくなっています。
おまけに、脇の下を触られると、痛みが走ります。
痛いことを告げようと思ったら、他の部位にそれましたので、何も言いませんでしたが、こんな痛いことは初めてです。

いくら、普段から脳天気の私も、不安がよぎります。
検査が終了するとすぐに診察室に行きました。

主治医と一緒にモニター画面を見ました。
モニターの左半分が4月。
右半分が今回の7月の映像です。
右半分の現在の大きさは23mm。
前回よりも10mmほど大きくなっています。

主治医の決断は早く、「ハーセプチンは中止にしよう」。
CTの結果次第で手術療法をしよう」というものでした。
髪の毛も抜けず、舌もピリピリとしないし、痺れもない、ありがたいハーセプチンなのに中止?

すぐにCTを撮って、他の場所に転移がないか調べることになりました。
CT検査が一番早く予約が取れた7月23日に造影剤を使って調べます。
手術ができる状態なら、手術をすることになります。

造影剤は随分前になりますが、頭が痛くなったので好きではありませんが、前回のCT検査の時には何も起こりませんでしたので、造影剤を注射することもいたしかたないことです。

7月23日のCTの結果はその後すぐに主治医が判断してくれるそうです。
手術になるか、他の抗がん剤をするか、23日に判ります。

いつもはのんびり構えている風な主治医が今回は検査結果をとても急いでいます。
その様子を見ると、ただ事ではない?

ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
人気ブログランキングへ

半年の効果、とうとう検査日です。

今度の検査はハーセプチンとタキソールがいかにshinnrikoの癌に功いたかの検査です。

検査項目は血液検査(いつものと癌マーカー)、超音波検査、CT撮影です。

いつものように、血液検査をしに行くと、いつもの看護師のおじさんに、番号を呼ばれてから来てねと言われる。
ウン、毎回言われるの。
だけど、いつも「shinnrikoで~す」
って座っている。
(だって番号をつけられるほど大勢の人はこないでしょ、ここに来るのは妊婦さんと定期の検査の人しかこないもの)
(外来の検査の人は別棟のクリニックに行かれる)
いつものことよ。

ただ・・・血液検査のボトルは一本多い。
これが癌マーカーの検査なのだわ・・・と一本多い試験管みたいなボトルを見て思う。
ところで、このおじさん看護師さん、血を採るの上手なのよ。

次は超音波診断。
shinnrikoは迂闊だった・・・こんな日に、被り物のニットシャツに被り物のワンピース、それにヅラだなんて・・・。
診断士さんが女性、それも中年の女性でよかった。

ニットシャツを脱いだ時に、ヅラが一緒に付いてきたんだもん。
ビックリした~。

「着替えはゆっくりで構いませんので」と言われたけど、もうズレちゃったし。
もう・・・こっちも開き直りよね。
「私・・・バカバカこんな日に被り物なんか」とブツブツ言っていたわ。

ベッドに寝ると、部屋を薄暗くされて、胸にヌルヌルとゼリーを付けてくれて、白黒の画像をパチパチと撮っている。

白黒の画面はshinnrikoからでも見える。
あっ・・・そこは・・・。
ガンのある場所。
自分で上から触ってみると、何もなくなったような気がしていたけど。

映像では若干の空洞みたいなモヤと中心に何かあるような気がする。
ちょっとガッカリした。

来週、本当のことが判るのだし、今は気にしないでおこう。

そそくさと、胸のゼリーを自分で拭いて服をつけて、ヅラを直して次のCT検査室へ。

外で待っていると、若いお兄さんが問診表を持ってきてくれた。
そういえば、抗がん剤治療の最後の日に書かなかった。
違うのよ、私がかってに造影剤の副作用に頭痛があるから、書かないものと決め付けていた。
だって・・・9月の検査では造影剤はしませんと言われたから。

でも・・・今回はするんだって。
もう一人、若いお兄さんが出てきて、「何かあったらすぐに止めますし、先生もすぐに来てくれますので」
だって、隣(ちょっと距離あるけど)の部屋だもんね。
このお兄さん、若いのに押しが強い!

撮影着に着替え、一通り説明をしてくれる。
副作用について、お兄さんの説明はなかなか判りやすい説明だ。

造影剤なしで2回撮影。
その後、看護師さんがやってきて(アラ!藤原さん(偽名)じゃない)ガンのない方の左手首に(本当は肘の裏でないといけないらしい)針を刺してくれた(難しいのよね私の血管)。
(よかった一回で静脈に入った)
しばらくするとカーって体が熱くなる。
若いお兄さんが言ってたな、(おしっこをもらしたときみたいな感じ)おーおーこんな感じだったか。
こんな若いお兄さんに言われると、こっちが照れる。

実を言うと頭が痛くなったCT撮影はもう17年も前の話。
すっかりこんなこと忘れているわよ。
頭の痛かったことだけしか覚えていなかった。

これで、検査はすべて終了。

病院の廊下から中庭を見ると、クリスマスローズが満開。
クリスマスローズって今頃咲くのね。
020.jpg

大きくすると
023.jpg
こんな感じの花。
下を向いて可憐だけどね。

来週は本日の結果を主治医が説明してくれます。
お話の後は、3週ごとのハーセプチンが始まります。

はてさて、手術はどうなるのかな???

ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。