猫の額ほどの話 

猫好きshinnriko(シンリー)です。昨年より乳がん治療中です。術前抗がん剤を経て手術療法、そして再手術。転居後、大学病院で放射線治療を終え、1年3ヶ月のハーセプチン+タキソール治療。最近(2014年初夏)転移と思われていた肺の一部切除しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハピラキの兄弟は博士君

先日、一通のメールをいただきました。
先日といっても、もう10日ばかり経ってしまったので、ずいぶん経ちます。

最近の私ときたら、何かと忙しい気分になっています。
何が忙しいか良く判らないのですが…(いえ本当は判っているのですが…よく判らないことを言っています)。

さて、どういうメールかというと以下のメールです。
(個人名の部分は削除か偽名です)
hakase-kun-1-2.jpg
ポロン亭でtさんに猫を譲っていただいた、中央線沿いに住むM(Mさんとさせてください)と申します。
うちに居る子は博士(はかせ)という名前の雄猫です。
2011年の12月にうちに来ました。
ハピちゃんとラキちゃんと兄弟です。
元気でのびのびと良い子に育っています。
当たり前ですが、ハピちゃんとラキちゃんと顔がそっくりで、ブログの写真を拝見させて頂くたびに嬉しくなります。
もしよろしければ博士の写真もお送りします。
一度、お礼の気持ちをご連絡したかったので突然の一方的なメールになってしまいましたが、本当にありがとうございました。

こちらこそ、ありがとうございます。
思ってもみなかったハピラキの兄弟の行方が判りました。
もちろん保護親のtさんに聞けば判るのですが、写真までいただくわけにはいきません。
博士君は元気で育ってくれているということです。
元気で育っていてくれていることに心が温かくなりました。

本当に嬉しかったのですが、すみません、ブログに載せるのがとっても遅くなってしまいました。

ハピラキの兄弟は7匹だと聞いています。
一昨年(2010年)8月に新宿歌舞伎町のKビルで子猫達は鳴いていました。
見かねたビルのオーナーさんから保護猫のボランティアグループに連絡が入ったということです。
ボランティアのtさん達は西武新宿線の新宿駅から杉並区のある駅まで子猫達を運びました。
そして、子猫達は獣医さんの診察を受け、必要な予防接種をされてから、元祖猫カフェのポロン亭で人間に慣れるように、店のオーナーの洋子さんにしばらくの間、面倒をみてもらっていました。
その中に、ハピと博士君と何匹かの兄弟がいました。

博士君は12月にMさんのお宅に里子に行きました。
ハピ(その頃はウタちゃんと呼ばれていました)も12月に我が家に来ました。

ラキはお腹の調子が悪く、tさんのおうちで暮らしていました。
その後、お腹の調子も良くなったということで、里親に出されることになった、ということです。

そして、ラキ(その頃はBちゃんと呼ばれていました)は我が家に2月に来ました。

hakase-kun-4-2.jpg
上の写真の博士君、ハピラキによく似ていますね。
男の子ですがラキよりもずっと品が良い感じです。
体重は現在5.2kgで大きいとMさんはメールに書いておられましたが、ラキの方が相当オデブです。
ラキは先日の下痢から回復し、体重が増え続けています。
ハピちゃんは、お嬢さんですので、体重管理はできているのかな?(飼い主はできないのに)

hakase-kun-3-2.jpg hakase-kun-2-2.jpg 
きゃは、博士君、芸達者ですね。
ハピラキはこんな風に立ッチはできません。

hakase-kun-5-2.jpg
こんな姿はハピラキにそっくりです。
思わずお腹を撫でたくなりますね。

他の兄弟達も元気でいてくれたら良いですね。

133hapiraki-2.jpg
我が家のハピラキです。
なんか…オデブです。
お腹こわした時がウソのようです。

生後、1年8ヶ月
博士君の体重 5.2kg
ハピの体重   4.6kg
ラキの体重   5.5kg

【ポロン亭からメールをいただきました】

隔月刊『猫びより』に連載されている『看板猫のいるお店』
一志 敦子さんの立体図解が、単行本になりました。
辰巳出版:\1400+税
ポロン亭が載ってます。
表紙カバーにラビ♂やポロン亭が、描かれていて…、唯一犬のブン太も登場しています。

他にも、素敵な猫のいるお店がたくさん載っています。
是非、買ってみて下さいね。
または、ポロン亭まで来て、見て下さい。

猫びよりのブログは→コチラ
猫びよりのfacebookは→コチラ

ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます 
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへにほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

お見舞いと幸せになった猫ちゃん

入院中の8月15日に我が家の猫のハピとラキを保護してくださったTさんとEさんが、病院までお見舞いに来てくださった。
本当にありがとうございました。
お見舞いにいただいた果物。 
アメリカンチャリーの粒が大きいですね。
こんなに大粒のものは自分では買えません。 
と千疋屋の杏仁豆腐。
ギャハハのデザートですよ。 
214use201208015.jpg  
美味堪能しました。
ははは、今、もう一度食べたい。

002use20120603.jpgところで、昨日そのEさんからメールをいただきました。
以前に拙ブログで紹介しました『ペコちゃんポコちゃん』の里親さんが見つかったそうです(→その時のブログはコチラです)。
三毛のペコちゃんと、黒猫のポコちゃんです。
彼らのお母さんが見つかりました。
それも、思った以上に二匹にとって好条件みたいです。
ペコちゃんとポコちゃんを心配してくださった方々、ありがとうございました。
彼らは幸せになれそうです。 

以前にもお知らせしましたが、前のおかあさんはガンで亡くなられたのです。
この二匹の猫生はまだまだ続きます。
どうにか良い里親の方が見つかって、幸せになってほしいと、ずっと思っていました。

我が家のハピとラキも親のない猫になっては、とっても辛いです。
私は彼らが生きている間は元気でいますよ。

さて、入院中にお見舞いに来てくださった、Tさんですが、ハピとラキを保護してくださった方です。
Tさんにハピとラキの誕生日を聞いてみました。
そろそろ誕生祝をしないとね、と思っていましたから。
当然ケーキは私が食べますけど。

Tさんのおっしゃるには、昨年2011年9月15日の台風の日に、新宿歌舞伎町のビルのオーナーの方から保護活動をしているTさんの元に「子猫がいる!」と連絡があったそうです。

Tさんが歌舞伎町のその場所に行ってみると、茶トラが3匹、黒トラが1匹、三毛が2匹の6匹の子猫がいたそうです。
生まれてから1ヵ月ほどがたった子猫だったそうです。
たぶん8月上旬に生まれたと思う、とおっしゃっていました。

013use20120830.jpguse20120829-1.jpg 
その中の二匹がハピとラキです。
 (写真は現在のハピとラキ、生後一年になりました)
当時Tさんが付けてくれた名前がウタちゃんとBちゃん。

shinnrikoが入院中でしたので、誕生祝はできず。
機会をみて、何かしてあげないとね。

とりあえず、首輪がヨレヨレになってきたので、新しい首輪をプレゼント。
もう少し値段の高いのにしてあげればよかった。
入院代でのせいで、君達にもしわ寄せが…。
だけど、可愛いでしょ。
043use20120825.jpg 
豹柄なのが気になるけど、首にすると、彼らの個性が際立つような気がします。

shinnrikoは今日も元気です。
腕上げの練習を欠かしません。
本日はNHKの「みんなの体操」をしてみました。
やればできるものです。
ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます 

   
 にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 
人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ にほんブログ村 猫ブログへ

ポロン亭の保護猫ちゃんクーガとマーヤ

杉並区の静かな住宅街にポロン亭はあります。

元祖『猫カフェ』と呼ばれている喫茶店です。

ですが、ポロン亭では猫ちゃん達をご商売に使っている訳ではありません。
保護された可哀相な猫ちゃんたちの里親探しのお手伝いをされています。

もちろん、喫茶店に行って里子に行く前の可愛い猫ちゃん達に愛情を降り注いでくださってもよいわけです。
捨て猫だった猫ちゃん達は、ここでいろんな人に出会い、人間社会を覚えていきます。
なので、喫茶店に行かれて、猫ちゃん達をどんどん可愛がってあげてくださいね。

我が家のハピとラキも保護猫でした。
このポロン亭が彼らの実家です。

ここからお嫁に来たハピとお婿に来たラキは我が家で山ほどの愛嬌を振りまき、時にイラズラを一杯して怒られたり、ご飯をおいしく食べてくれたり、寝るときにはいつも一緒に寝るし、毎日私を楽しませてくれます。
こんなに私を喜ばせてくれる存在は他にはありません。
こういうのって、無償の愛というのですね。

さて、今ポロン亭では、二匹の子猫が小さい尻尾をピンと立たせて可愛い声を立てています。
クーガとマーヤです。 

君達、ポロン亭の店主の洋子さんの前ではちゃんとおすましできるのね。
この写真は、ポロン亭の洋子さんから、今朝届いたものです。 
002use20120616.jpg 001_20120616125622.jpg

shinnrikoが撮った写真はコレ!
ひたすら走り回っています。
009_20120616130153.jpg  

こちらはマーヤ、洋子さんに抱っこしてもらってやっと撮れました。
クーガよりも一回り小さい。
女の子らしいねこちゃんです。
お鼻に一本線が入っているのが可愛いでしょ。
大きくなったらチャームポイントになるはずです。
046 (2) 

クーガは男の子、マーヤが女の子です。

杉並区久我山でこの子達は保護されました。
保護猫のお世話をしてくださっている方々で、仮の名前を付けてくださるのですが、名前の付け方にいつも関心をしてしまいます。
久我山の“くが”でクーガ、久我山の”ヤマ”でヤーマというのは変なのでマーヤと名付けられたそうです。

我が家のハピは新宿の歌舞伎町で保護されましたので、ウタちゃんでした。
我が家のように、里子にもらってから名前を替えても良いらしいです。 

サバトラのクーガはあっちへ行ったり、こっちへ行ったり、とうとうshinnrikoには抱かせてくれそうにありません。
でもかわいいでしょ。
023_20120616125622.jpg 
プロフィール
クーガ男の子サバトラ
マーヤ女の子タキシード猫
トイレなどの躾けはされています
ワクチン済み、健康良好!

できれば、二匹一緒の方が猫ちゃんは寂しくないし、里親さんも楽なはずです。  
我が家のハピラキもこんなに仲良しです。
018use20120616.jpg  

私は乳がんに罹患し、自宅で療養中ですが、「猫が家に居る」という幸せを毎日実感しています。

里子に出された猫達が幸せになるのはもちろんですが、どちらかというと、里親になった人間の方が癒されて幸せになっている、というのが本当でしょうね。

この二匹の子猫、クーガとマーヤの里親さんになってください。 
クーガとマーヤはおかあさんになってくれたあなたを愛してくれますよ。 

猫の里親さんになりたい方は
サイフォン珈琲の店『ポロン亭』
営業時間13:00~20:00
定休日水曜日 土曜日
荻窪駅北口八幡通り商店街 八幡様前
03-3392-2495

左のメールフォームからでもどうぞ(個人情報は厳守いたします)


ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ  

 にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ にほんブログ村 猫ブログへ


その後のクーガとマーヤ

ペコとポコのお母さんになってください

本日は猫が大好きな方に読んでほしいと思っています。

下の写真の猫ちゃんがペコちゃんとポコちゃんです。
002use20120603.jpg

ペコちゃんはミケの女の子、ポコちゃんは黒猫の男の子です。
001use20120603.jpg 
二匹ともつぶらな瞳です。

でもこの猫ちゃんはどこか寂しそうな顔をしていませんか? 

ペコちゃんとポコちゃんは世田谷で保護されたノラの兄弟の子猫ちゃんでした(我が家のハピとラキと同じですね)。 
2009年7月に生まれています。
その後やさしい方が里親になってくださいました。

里親のお母さんに愛情深く育てられて、すくすくと幸せに育ちました。

ところが、やさしいお母さんは突然病気になってしまいました。
進行がとても早い子宮がんと診断され、治療の甲斐なく、あっという間にこの世を去ってしまわれました。

それから、この子達は寂しい思いをしています。

残された猫達の世話は、たぶんお母さんのご主人がしてくれたのかもしれませんが、その後事情があったのでしょうね、最初に保護してくれた保護猫のボランティアのEさんが現在お世話をしてくださっています。

でもこの子達は、もう一度、新しいお母さんからたっぷりの愛情をかけてもらいたいはずです。

二匹の猫ちゃん、ペコとポコの里親になってください。

プロフィール
ペコ女の子ミケ
ポコ男の子黒猫
2009年7月生まれ(2才10ヶ月)
二匹とも体重6kg

基本的な躾けはされています。
予防接種、避妊はされています。

お心が動いた方がおられましたら、左のメールフォームでお問合せくださるか、直接ポロン亭までお問合せください。

最近は子猫よりも成猫を希望される方が多くなっているそうです。
子猫とちがっておだやかだというのが理由なのだそうです。


昨日は我が家のニャンズ、ハピとラキの実家である『喫茶ポロン亭』に伺いました。

ポロン亭は雑誌などで、『元祖猫カフェ』と呼ばれている喫茶店です。

ですがオーナーの洋子さんは「うちは猫カフェじゃないのよ」といつもおっしゃる。
064use20120603.jpg
確かに、『猫と遊んでいくら』みたいな料金体系はありません。
お支払いするのは喫茶代だけです。

この日は子猫が3匹、カウンターの下あたりにいたらしいのですが、姿が見えませんねえ。
066use20120603.jpg 
店内は猫の小物がところどころにあります。

しばらくすると、保護猫のボランティアをされているTさんとEさんが見えられました。

Eさんはペコちゃんとポコちゃん以外にも多くの猫の保護のボランティアをされています。
Tさんも同じく多くの猫達(我が家のハピラキも)のお世話をされています。

傍でみていて、本当に猫好きな人達なのだなといつも思わせていただいています。

下の写真は猫の保護活動の賛助金になるのだろうと思います(正式名を忘れました)。
ボロン亭で一つ500円で買えます。
猫枕だそうです。
(我が家のラキがクンクン)
067use20120603.jpg 

我が家のニャンズ達もリラックス。
クンクンしているところを見ると、またたびでも入れてあるのかな?
155use20120603.jpg 167use20120603.jpg
呑気な我が家のニャンズです。
君達のママは長生きするからね。
 

 猫の里親さんになりたい方は
 サイフォン珈琲の店『ポロン亭』
 営業時間13:00~20:00
 定休日水曜日 土曜日
 荻窪駅北口八幡通り商店街 八幡様前
 03-3392-2495

 左のメールフォームからでもどうぞ(個人情報は厳守いたします)

ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます  
 にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへにほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

ハピ・ラキもうおとな? 7ヶ月 ポロン亭では・・・

ハピもラキもますます大きくなってきました。
毎日あげる缶詰もカリカリのキャットフードもトイレの紙サンドもすぐになくなってしまいます。

仕方がないので、先日環八を南下、ペット用品5%引きのお店まで車で出動。
ついでにガソリンも入れてきました、どんどん値上がりして、恐ろしいくらいです。

この2匹の顔、満足そうでしょ。
いろいろな種類のキャット缶を食べさせてもらっていますもの。
ラキの横目が意味深!!!・・・・どこ見てんだい。
095use20120324.jpg 


ラキは最近、shinnrikoママにも、こうやって頻繁に抱っこさせてくれるようになりました。
去勢手術してから、ちょっと赤ちゃん帰りしているのかもしれません。
009use20120324.jpg 


この写真も抱っこをしている時のものです。
顔を振りますので、写真を撮るときには止まれ!!と言われています。
004use20120324.jpg 

ちょっと凛々しいお顔も・・・。
やっぱりトラですから。
016use20120324.jpg
  
最後は写真屋さんの記念撮影みたいな一枚。
一丁前にポーズをとっています。
004-2use20120324.jpg

次はハピちゃん。相変わらず君は愛らしいなあ。
生まれながらの女優さんだね。
027use20120324.jpg 

寝姿も悩ましいですぞ!

098use20120324.jpg
  
寝てるばっかりじゃあ~、ということで、しっかり目を開いている一枚。
美人ですねえ。
041use20120324.jpg

 
まだまだポーズをとる気ですか?
103use20120324.jpg 

二匹はますます仲良しです。  

このところ、キッチンの流し台にあがって、いたずらをしますので、shinnrikoママに怒られています。
猫達って賢いのに、人間の言うことを聞こうとしないのね。

さて、下の写真の愛らしい猫ちゃんは・・・。
ポロン亭にいたパステルミケのパミちゃんです(この猫ちゃんも保護猫です)。
もう、里親さんが決まっています。
とってもかわいい猫ちゃん、毛もフワフワです。
010use20120324.jpg013use20120324.jpg 
右の写真は 『散歩の達人』ポロン亭が載っていました。
1974年から、このお店があるんだあ。
shinnrikoは何をしてただろう。
へへ・・・年がばれるから言いませんけど・・・。
ふふ、喫茶店に行きだした頃かな????散歩の達人 2012年2月号(西荻窪・荻窪) (完売ですって)

 猫の里親さんになりたい方は
 サイフォン珈琲の店『ポロン亭』
 営業時間13:00~20:00
 定休日水曜日 土曜日
 荻窪駅北口八幡通り商店街 八幡様前
 03-3392-2495

ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます 
 にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへにほんブログ村 猫ブログへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。