猫の額ほどの話 

猫好きshinnriko(シンリー)です。昨年より乳がん治療中です。術前抗がん剤を経て手術療法、そして再手術。転居後、大学病院で放射線治療を終え、1年3ヶ月のハーセプチン+タキソール治療。最近(2014年初夏)転移と思われていた肺の一部切除しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめに・・・私の乳がん

 はじめまして、shinnriko(シンリー)と申します。

P1003350use20120325.jpg年は・・・アラフィフです。
趣味はおさかな釣り。

結構いい年です。

家族は夫と息子。
息子は京都の母(彼の祖母)の家で下宿をしています。
夫と二人で昨年2011年の8月から杉並区で暮らしていました。

昨年の暮れ我が家に家族が増えました。
猫のハピです。
そして、今年2012年1月にハピの兄弟のラキも家族になりました。
彼らは保護猫です。

shinnrikoは去年2011年の8月から乳がん患者と呼ばれています。
それもステージ4の乳がんです。
ホルモン受容体はマイナスマイナス。HER2タンパクは大変多く3+という結果が病理より出ました。
右胸に26mmの乳がん、リンパと肺に転移がありました。
転移があると手術はできません。

施す手段としては化学療法を選択するしかありませんでした。

2011年9月末よりAC療法が始まりました。
抗がん剤の点滴をしてから一週間は家事をできるだけ手抜きし、自分の時間を楽しみました。

3ヶ月後の2011年12月、AC療法の判定がありました。
結果は1mm減.
少々無残な結果に落ち込みもしましたが、乳がんが広がっていなかっただけ良かったのではないかと、考え直しました。

2011年12月末よりハーセプチンとタキソールの分子標的+抗がん剤の治療が始まりました。

2012年正月を過ぎた頃より今まであった右胸のシコリがなくなっていることに気付きました。

現在2012年3月末です。
ハーセプチン+タキソールの結果は出次第ここに記入したいと思います。
P1002692use20120325.jpg
右の写真は毛があるとき、ツヤツヤの良い髪の毛だったのに・・・。

ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ にほんブログ村 猫ブログへ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。