猫の額ほどの話 

猫好きshinnriko(シンリー)です。昨年より乳がん治療中です。術前抗がん剤を経て手術療法、そして再手術。転居後、大学病院で放射線治療を終え、1年3ヶ月のハーセプチン+タキソール治療。最近(2014年初夏)転移と思われていた肺の一部切除しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別府情話 その2 みかん

昨日、友人と会いました。
世間に疎い私は手土産など思いつくことなく逢いに行きましたが、友人はこんなものを持ってきてくれました。
夏のミカンです。
こんな時期にミカンがいただけるなんて、幸せです。
それにミカンはガン抑制効果が期待できます。

写真は昨日いただいた早生の中の早生ミカン、坂出産のハウスミカンです。
008_20120711141749.jpg 
この時期のミカンは丹精込めて作っているのでしょう。
とっても甘かったです。
ありがとうございました。

柑橘類がとにかく好きなshinnriko。
家族は今は二人なのにミカンはいつも箱買いです。
箱の半分ほど無くなると急に不安になります。
それくらい好きです。
別府に住んでいた一年半はミカン好きに拍車がかかりました。

別府にいたときには、日出のミカン農家の人と知り合いになりました。
彼の作ったミカンをここに載せたかったのですが、PCの中にどこにもありません。
あんなにお世話になったのに、写真がないなんて、とっても残念です。

別府のスーパーではどちらかというと、東京より品質の悪いミカンが並んでいたように思います。
たぶんA級品は大都市の市場に行ってしまうのでしょう。
美味しいミカンを一杯食べたいと思っていた時に日出のミカン農家の人と知り合いました。
彼のミカンはどういう出荷方法をしていたのか判りませんでしたが、日出ミカンと書いた箱には大中小のミカンが混在していました。
そして、そのミカンはとっても甘いミカンです。

日出は別府の東側、国東半島の南側、別府湾に面しています。
別府駅から車で20分ほどのところです
九州というのは東京あたりの人から考えると暖かい地域だと思うでしょう。
私もそう思っていました。
ですが山から吹き降ろす風は厳しくとっても寒いところです。
我が家の車は冬中スタットレスタイヤを履いていました。
そのすぐ隣の町なので、ミカンが採れるのかと疑うのですが、日出のある国東の山肌は南向き、暖かい日光がミカンの生育には適しているのでしょう。
 
残念ながら、海峡を渡った愛媛ミカンやお隣の熊本のミカンが有名ですので、別府の小規模なミカンは知らない人が多いはずです。

また今年も送ってもらえるか交渉しなくてはなりません。
どちらかというと商売っ気がないのが玉に瑕です。

大分に住んで、柑橘類が豊富にあるのが幸せでした。
釣りに行く度に無人販売のミカンを覗くのが好きでした。
P1000227use20100219.jpg 
ここは臼杵にある、どこかで見たような看板が笑える、無人販売所です。
なんとかの珍百景なんていうテレビ番組に出ていたような気がします。

この時にはキヨミカンとポンカンが並んでいました。
P1000226use20100219.jpg 

この臼杵より南に行ったところが津久見です。
そこでもこんな風に無造作に並んでいます。
P1003253fc.jpg
こんなに無用心に料金箱が置いてあって、奪われないのが不思議です。

下の写真は高知が有名なブンタンです。
P1000278use20100408-2.jpg 
ですが、ザボン漬けは大分の有名なお菓子です。
駅や物産展に行って大分名物が並ぶ中に必ずあります。
そうそう、ボンタンアメは鹿児島の会社なんですね、大分ではありません。

ブンタンの中身はグレープフルーツよりも甘くてさっぱりした味がします。
この厚い皮は捨てるのがもったいないので、ザボン漬けを自分でも作ってみました。
とっても手間がかかります。
P1000274use20100405.jpg 
ですが、ちょっと失敗。

成功例の写真を…。
P1003288use20110213.jpg 
これは、別府の10号線沿いにある旅行代理店の社長さん兼料理研究家の奥様と一緒に作ったものです。
みごとでしょ。
オレンジの皮でもミカンの皮でもできます。
もちろん、農薬の少ないもので作りましょう。
そうすると生産者がわかっているものがよさそうです。

日出のSさ~ん、日出ミカンを宅配便で送ってくださいヨ~。
ミカン代金と送料を振り込みます。
声はきこえたでしょうか。

ミカンは食べたら最後まで有効に使わせてもらいましょう。
P1000362_20120711153743.jpg P1003238use20110426.jpg
ガスグリルの網の下に、柑橘類の皮や古くなった柑橘類を入れて魚を焼くと、魚の脂や匂いがつきません。
ミカンの皮に含まれている油成分によるところですが、ウソみたいにきれいになります。
是非お試しを。

柑橘類にはガン抑制作用の物質が含まれていることが判っています。
特に果皮には乳腺に有効なリモネンが含まれています。
ガン細胞の増殖を抑制してくれます。
また、 温州みかんのオレンジ色に多く含まれているβ-クリプトキサンチンもガン抑制効果があります。
実も皮もいただくとなおいっそう良いですね。
温州みかん及び柑橘類
効能ガン抑制効果
主成分リモネン、ヘスペリジン、β-クリプトキサンチン、オーラプテンノビレチン、ペクチン、ビタミンC、クエン酸、カリウムなど
乳ガンや膵臓ガンなどでガンを小さくする抗腫瘍効果

私などはこんなに箱買いしてまで柑橘類を食べているのに、どうして乳がんに罹ったのでしょうね。
まあ、こういう場合もあります。
これからもせっせと食べていきたいと思います。

ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

別府情話 その1 出発の時

我が家が東京に来てからそろそろ一年が経ちます。

とても早い一年でした。
東京では病院通いが仕事になってしまって、人も多い、車も多い、楽しいことはしていませんね。

一年前は別府でした。
昨年の今頃は主人の異動の直前、主人も私も縁のない土地の別府にいつまで住むのだろうと少し里心がついた頃でした。
でも別府の生活はとても充実したものでした。
海あり山あり、人の情も厚いところでした。
別府には一年半住みました。
住んでいるときには、長いような短いような。
過ぎてみればとっても短い。

別府の前は大津に住んでいました。
大津から別府へは車とフェリーで移動することにしました。
まったくの知らない土地に行くということ、期待と不安のバランスでは不安の方が多いものです。
運命の波間に放り出されたような何だか虚しさがあります。

大津から名神自動車道を通り、阪神自動車道を通ります。
大阪南港のコスモフェリーターミナルに着いた時刻は乗船時刻よりも少し早いかったのでフェリーターミナルの周りを少し歩きました。
写っている船、この『サンフラワー号』に乗る予定です。
P1000382use20100203.jpg 

サンフラワー号は西日にあたってとてもきれいです。
P1000384use20100203.jpg 

乗船時刻になり、船に乗り込みます。
車を運送会社に運んでもらうことを考えると、フェリーに車と人間二人を乗せた方がとっても安い。
一等の船室に乗っても、新幹線よりもずっと安いのです。
一晩の船の旅です。

一時間ほどで明石大橋の真下をくぐります。
明石大橋は何回も往復していますが、下を通るのは初めてです。
P1000410use20100203.jpg 

船の中の食堂と売店です。
内装もきれいです。
P1000394use20100203.jpg
明石大橋の下を通過するというイベントは終わり、お腹が減ってきました。
船の中のレストランで食事を取ります。
味は?まあこんなものでしょう。
その後は入浴。
船の中の大浴場、波間に揺れる船の中でお風呂のお湯が揺れます。
初めての経験に知らない土地に行くことの不安はなくなっていました。
船室は一等ですので、他の人に気遣うことはありません。
朝まで穏やかな気持ちでいられました。

朝靄の中の別府港です。
P1000419use20100204.jpg 
九州に来たのだな。
一晩寝て、起きたら別府。
何だかパラレルワールドに迷い込んでしまったような、不思議な感覚に陥りました。
実は別府にいた1年半の間、ずっとそんな感覚が付きまといました。

実は私は東京に住んでいて大井町線に乗っているとか。
実は私は琵琶湖のほとりで水面を眺めているとかね。

ふと胸によぎる不思議な感覚はこの船の一泊にあったのだと思います。
目が覚めたら、朝靄の中の別府。
どこかに現実を忘れてきたような不思議な日々が始まりました。

ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
人気ブログランキングへ


大腸がん、乳がんの二人が行く、新大久保

大腸がんの友、乳がんの私。
(以前に書いた記事はコチラ→ソウルメイト

二人は子供が赤ちゃんの時に知り合っています。
保健所で開催していた赤ちゃん教室で知り合いました。

それから四半世紀を友人として関係を持ってきました。
今で言うママ友、元祖ママ友です。

035use20120702.jpg私が乳がんの診断を受けたのが昨年9月。
友達が大腸がんで手術をしたのが今年の1月のことでした。

二人共世間的には重い病です。

だけど、だからと言って、引きこもることはないでしょう。

美味しいものを食べて、韓流タレントに時めくことも必要です。
11時に新大久保のマックで待ち合わせしました。

相変わらず細いなあ。
それでも少し太ったと言っていましたが…。
顔色は手術後に会った2月よりは良さそうです。

それでもストーマを付けての外出は面倒なことだろうに、ここまでよく出てきてくれました。

私の父親が大腸がんでストーマを付けていた頃から13年たっています。
たぶんその頃よりずっと品質は良くなっていることでしょう。

12時を過ぎると平日でも新大久保の食堂は混み始めます。
混む前に店の中に入っていたいものです。
早々にマックを出て本日目指す、オムニ食堂本店へ行くことにしました。 

場所は新大久保駅から道を一本離れた職安通りにあります。

shinnrikoは大久保通りよりも職安通りの店をよく利用します。
理由は人が少しでも少ないほうが良いという理由だけですけど。

ここは昔からあるお店で結構有名なお店です。
看板のキャラクターになっているオムニ(おかあさん)がテーブル毎に挨拶をしに来てくれます。

さあ、昼ごはんをいただきましょう。
家庭料理らしい、味噌チゲ(テンジャンチゲ)をいただくことにしました。

友人は現在抗がん剤治療の真っ最中です。
ですが、乳がんの抗がん剤のように毛がバサバサと抜けることはないようです。
私は抗がん剤治療中に舌がボロボロになったので、辛いものは一切ダメになりましたが、 友人は少々は大丈夫なのかな?

韓国料理は頼んだ料理の他に小鉢が並びます。
二人共キムチは一口食べただけ。
深みがある美味しいキムチなのに、辛さに太刀打ちできませんでした。
まだ前のようにキムチをパクパクとは食べられません。
本当は免疫力アップには良いでしょうにね。
012use20120702.jpg 
あとの小鉢は、辛くありませんでしたので、美味しくいただきました。
右上のお花畑のようなケーキ状のものはポテトでした。

注文した味噌チゲが来ました。
016use20120702.jpg 
鍋の中はグツグツ。
日本の味噌と違って、グツグツ煮る方が味と香りが良くなるという不思議な味噌です。

もうだいぶ前になりましたが、『ランラン18歳』という韓国のドラマがありました。
今時の女子高生と検事の結婚というコメディーを『冬ソナ』の作者が書いたお話です。
結婚の決め手となったのが18歳の彼女が作るテンジャンチゲの味だった。
というくだりがありましたが、味噌は古今東西おふくろの味なのですね。

二人の会話は病気の話しと子供の話。
二人共、同じような悩みを抱えています。
子供の悩みが体にきたのかもしれないし、違うストレスなのかもしれない。

子育てを夢中でしている頃は幸せだったなあ。
乳母車を押していた彼女の姿が目に浮かびます。

今はガンという病いになっている二人。

そろそろ込みあってきましたので、お店を出ることにしました。

同じく職安通りにある、お茶を飲める場所に移動しました。
通りを挟んでオムニ食堂の真前あたりにあるお店です。
何べんも行っているのにお店の名前が判らない。
028use20120702.jpg 
地下に入っていくと、DJのいる店です。
一日中韓国POPがかかっているお店です。

そんなお店でさっき昼ごはんを食べたのにかぼちゃ粥を頼んだ二人。
私達病人?食欲旺盛!
お菓子もセットで付いてくるのに、韓国伝統菓子を追加で注文します。
027use20120702.jpg 

お腹一杯になりました。
ところが友人はまだお腹に入るというのです。
おいおい、ストーマ付けてる病人とは思えない発言ですぞ。
周りの人たちには病人二人とは思わないでしょうね。
モリモリ元気に食っていますから。

少し動かないとshinnrikoの胃は消化しませんよ。

職安通りからイケメン通りを通って大久保通りへ。
途中で職場の友人に『モッ』を買いました(、『멋(モッ)』に関してはコチラを見てください)

040use20120702.jpg 
中身は漢方石鹸ですが、友人の誕生日までは2ヶ月ありますので、変えるかもしれません。
かなり漢方薬の香りがキツイです。

ソウル市場に寄り、お買い物をしました。
本日の買い物はコレです。
トッポキを今度作ろうと思います。
037use20120702.jpg 
家の冷蔵庫にサムジャンがなくなりましたので、忘れずに購入。
これがあると焼肉の美味しさが倍増します。

大久保駅に向かう前に、少しスッタモンダ。
shinnrikoは韓国の足裏マッサージをしてもらいたかったのですが、少々友人にオーバーに言いました。

「日本の足裏マッサージと違って、容赦しないかもよ」って。
「でも前にやってもらったときには、足に体重を感じないほどスッキリしたものよ」って。

少し恐怖に感じたみたい。
「私見ているだけ」って言い出した。
ビルの中にある、中医のいる診療所へ。
私は2度目なので、お店に入ることは躊躇しなかったが、友人は少し困惑顔。

先生に足を見てもらっている間、友人は側で見ていましたが、とうとう自分もやってもらいたくなったのでしょう。
二人で並んで足裏マッサージをしてもらうことにしました。
001 (3)
韓国のソウルで学んだ先生の話はなるほどと思うことばかり、はと麦はガンにはいいのだということを言っていました。
先生はカンという言葉を言っていましたが、どのカンでしょうか。
甘?寒?観?感?間?もっと違う字かもしれません。
はと麦はカンのバランスが良いということです(右のはと麦茶は前に買ったものです)。 

マッサージをされて、気持ちが良いプラス痛さでしっかり聞き取れませんでした。
だって、流暢な日本語を話されますが、少々韓国語訛りが入ります。

終了後、ぬるま湯を出してくださいました。
イオン水らしいですが、熱いと冷たいの中間が良いのだそうです。
韓国でいうところの陰陽のバランスでしょうか。
日本でも神社でみますね。
陰陽道の白黒のマークにあります。
はと麦
効能消炎、利尿、緩下、排膿、鎮痛
主成分カリウム、カルシウム、タンパク質、
ビタミンB1、ビタミンB2
細胞の異常発育を抑える作用

友人は足裏マッサージが気に入ったご様子。
「あれで、悪いものを落としてたような気がする」とメールをくれました。

shinnrikoは帰ってから、疲れがどっと出てきました。
友人も今日は、体に無理をしたかもしれません。
こうやって歩き回ると、夜は良く眠れるかもしれませんが、やっぱり疲れたでしょうね。

でもまた行きましょうね。
楽しいことをもっとしましょう。

子供はもう大きくなりました。
彼らは自分の人生をきっと切り開いてくれるでしょう。
私達は病気を治すこと。
これにつきますよ。

ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ  

懐かしの景色・・・大津堅田

我が家は転勤族。

子どもの大学までは、異動は少なかったのですが、それからはだいたい1年から1年半で異動になっています。
大分から東京に来てから、半年が過ぎましたが、あと何ヶ月東京にいることだか。
今回は私の病院通いのこともありますので、異動はちょっと困るな・・・。

病気をしてから、いろいろな人のブログを拝見させていただきますが、その中に懐かしい風景が出てくると、何だか、とっても胸がキューンとなります。
先日も『嵐大好きうるうるママ』さんのブログで、懐かしの琵琶湖の風景を発見してしまいました。

ということで、shinnrikoの家のメモリーとしても調度良い機会なので、大津堅田に住んでいた時の写真を載せます。

とっても美しいところだったのですよ。
ですけど、とても寒い。
おまけに天気は超気まぐれ。
shinnrikoが育った京都とも違います。
昨年はNHKの大河ドラマ『江』の舞台となったところです。
昔から近江商人とか湖族とかそういう人たちが文化を作ってきています。
もちろん、比叡山の麓であるし、京都に近いですから、仏教も盛んでした。
 
下の写真は琵琶湖大橋、うっすらと虹がかかっています。
通行料片道200円かかります(高い!!)
shinnrikoが子どもの頃からこの橋があったのに、まだ料金取られます。
ちょうど真ん中あたり、大津側から守山側に向かう車線で『琵琶湖周航の歌』のメロディーが流れます。
メロディーロードというらしいです。
ちょっと音が外れたように聞こえるのはshinnrikoの耳だけでしょうか。
「♪われはうみのこさすらいの~」という曲です。
P1000067use20120422.jpg 

この観覧車は遊園地があったからですが、その後放置されているのかなあ。
『うるうるママさん』のコメでは、まだあるらしいです。
写真は2009年のもの。
『イーゴス』という観覧車です。
たしか・・・shinnrikoが子どもの頃は対岸の守山側にも遊園地があったと思ったけど、今は商業施設になっています(『ピエリ』だったかな?)。
 P1000362.jpg

この山は比良の山々、この山の向こう側が朽木になります。
P1000385.jpg 

このあたりの天候はとってもきまぐれ、あっという間に天気は崩れます。
どちらかというと、日本海側の天候に左右される土地です。

見る見る間に雲が立ち込めます。
冬は吹雪になりますし、夏は雷が多い所です。
P1000390use20120422.jpg

この朽木あたりは、『鯖街道』と呼ばれます。
昔から若狭から京都に魚を運んでいました。
どのくらい昔かというと、京の街ができた頃でしょうから、相当昔です。
当時は徒歩で魚を運びますので塩蔵品にして運びました。
ちょうど京都に着く頃には塩が回って食べ頃となるのです。

山の中の街道沿いを車で走ると鯖寿司を売るお店が点在します。
一本1,500円から5,000円くらいします。
写真はshinnrikoが大好きなにしん蕎麦と鯖寿司。
P1000272cook20120422.jpg 

shinnrikoが住んだ堅田は琵琶湖を徳利としたら、ちょうど括れたところにあたります。
南に行くと大津の街が広がりますが、堅田から行くととても暖かく感じたものです。
写っているのは琵琶湖の遊覧船です。
P1000026.jpg 

もっと写真を載せたかったのですが、今度機会があったら、また載せることにします。
琵琶湖はね、shinnrikoの子どもの頃からの思い出の地です。

若い頃はデートコースでしたしね。
懐かしい思い出、苦い思い出、一杯あります。

この地に住んだことはとても嬉しかったのですが、10ヵ月あまりで九州大分別府に異動になりました。
もう一度住みたい地でもあります。
たぶん・・・適わないだろうな。
ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

猫の家の旅行・鹿児島へ向かう

大分自動車道、別府インター
shinnriko

これから、霧島まで行きます。鹿児島は始めてです。
06-21 08:38
P1003299.jpg
上の写真は別府インターを入ってすぐ、左に行くと大分空港、shinnrikoたちは右の大分自動車道へ入る。
雲行きが怪しい。
まさか別府名物の霧が早くからお出ましか・・・。

 別府湾サービスエリアでお大分県の土産を買う、『ざびえる』というお菓子。全国的には知られていないが、ザビエルは大分ゆかりの人。 http://p.twipple.jp/bVqx2
06-21 09:39


フランシスコ・デ・ザビエル、日本史の教科書には絶対に載っている人。
キリスト教を日本に伝えた人として、有名です。
日本の滞在は2年間と短いものの、後世の日本に多大な影響を及ぼします。
大分には日本滞在最後の2ヶ月、大友宗麟に迎えられ、宗麟の保護を受けて宣教を行います。
ということで、大分ではザビエルを称え、お菓子にした模様。
このお菓子は結構有名。『カミングアウトバラエティ!! 秘密のケンミンSHOW』でも紹介されていました。
 
ざびえる本舗

P1003302.jpgP1003301.jpg 






途中のサービスエリア(山田パーキング)で朝食を買う。
けっこう美味しいパン。
上の菓子パンは白アンパン。
実はshinnrikoは普通のアンパンではなく白アンパンが大好物。釣行には必ず持ってく。
P1003304.jpg   
霧にもそんなに見舞われず、佐賀県の九州道への分岐点へ。

@beppusibu @Fotolr今から霧島神宮に向かいます。神道の発祥の地です。夜は鹿屋支部、明日は龍馬さんが入った温泉に行きます。
06-21 11:45

とりあえず本日ここまで、まだまだ旅の序盤。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。