猫の額ほどの話 

猫好きshinnriko(シンリー)です。昨年より乳がん治療中です。術前抗がん剤を経て手術療法、そして再手術。転居後、大学病院で放射線治療を終え、1年3ヶ月のハーセプチン+タキソール治療。最近(2014年初夏)転移と思われていた肺の一部切除しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・肺の一部切除にいたるわけ

 5月26日のブログの続きです。

肺にある影は何かを調べたくて、手術するに至りました。

乳がんの細胞診はご存知の方も多いのですが、先の尖った針で一部組織を採取します(ピアスの穴あけ器具(ピアッサー)を大きくしたような器具)。
注射器のような器具ですので、採取する部位の傷もたいした大きさではありません。

ですが、肺はそんな簡単なことではすまなくなります。
肺は胸腔内にあります。
肺の組織を取るとなると、肺をめがけて針を刺すのでは、当然取ることは無理です。
開胸手術をするか、内視鏡を用いて肺の一部を切除するか(簡単にいうとビデオカメラを入れてテレビ画面で手術をする方法)ですが、当然傷が少ない内視鏡で手術する方が良いに決まっています・・・がたいへん大掛かりなことです。
前述の乳がんの細胞診のように針だけで済むということではありません。

皮膚の切開は三箇所になります。
一箇所の傷口にはドレーンが留置することになります。
術後には術後出血や空気漏れ、術後肺炎などなど、可能性がないとはいえません。
術後はICUに1日入ることになります。

ICU?・・・考えすぎると、怖いことです。
そういう時には考えてもしょうがないので、あまり考えないことにしています。
アホになってしまう!?

そんな大掛かりな手術をしないと、転移しているかしていないかが判らないなんて、レントゲンもCTもPETも不甲斐無いものです。
これ以上の抗がん剤治療のことを思うと、ここで決意した方が良いのだと、何度も言い聞かせ、手術日を待つことにしました。

3月7日に呼吸器外科の外来、手術の説明。
4月17日入院。
4月21日、手術。

肺の切除手術をすると決めてから入院まで、随分期間があります。
その間、何べんも悪い予感を払拭し続けました。

次は入院、そして肺の部分切除の手術のことを書きます。
ああ、いつになることでしょう。

読んでくださっている方、気長に待っていてください。

おまけに、前回の記事(5月26日分)にイイネをしてくださった方、ごめんなさい。
誤って、文章自体を消してしまいました。
記事はなんとか復元。
ただイイネは回復できませんでした。
しばらくブログを書かないと変なミスをしていまいます。
スポンサーサイト

肺の一部切除にいたるわけ

 このブログサイト、まことに不真面目ですみません。
半年に一回しか更新しないのかヨ・・・ていう感じです。

病状悪化、たぶん瀕死の状態にあるに違いないと思っておられる方もいるかもしれません。

先日もある方からお電話をいただき、ブログが更新されないので、どうしているか心配になり、ご連絡をしてくださいました。
確かに、一般的にステージ4となると、いつどうなるか判らない病状なのでしょう。

でも私は元気です

それにずっと抱えてきた、胸の憂いも、現在は考えなくても良いことになりました。
8月まで病院にすら行かなくても良いのです。
要するに経過観察期間にある、ということです。

胸の憂いとは何かといえば、
mune-setsu.jpg

この画像のボールペンで赤いマルが付けられたところが判りますか?
(決して脂肪の厚みは気にしないようにしてください)
白い丸い影があります。
素人目には肺の組織も白く写り、何が何だか判りませんが、この丸い影は東京の医師も、現在の徳島の放射線科の主治医もマンマ(乳腺)の主治医も注目するべき白い影と見てきたわけです。

普通に考えれば、乳がんの転移と考えるのが、リンパ節転移もあった私の病状から考えると妥当なところだということです。

一度の乳がん切除でも取り切れず、伸展していた(2回切除術をした)。
脇のリンパ節にはガンが癒着し固まりのようになっていた。

そういう理由で、一昨年の12月(2012年)から昨年10月(2013年)までウィークリーのタキソールとハーセプチン。
10月から今年3月(2014年)まで、タキソールとハーセプチンの隔週のタキソールとハーセプチンが続きました。

1年2ヶ月の化学療法です。
さすがに、免疫力が落ちているのが判りました。

なのに、転移しているであろう胸の影はCTでも単純レントゲンでもPETでも、一向に大きさが変わらない影がありました。
(それは悪いことではありません、ガンが抑えられていると見るのです)
多発肺転移、肺小結節という名称がついていました。
何ら変わらない、この結節は何なのだろう。
この大きさではガンの症状は出ない、ということは何人かの医師に聞いています。

でもなんら悪さをしない、なんら成長もしない、この腫瘍状のものはいったい何だろう。

そして、このまま化学療法が続いた場合、体は正常に保っていけるのだろうか。
(今年1月に免疫低下が原因だと思う肺炎で入院しています)
(昨年8月タキソールのシビレが原因で転倒しています)

そんなことから一大決心をしました。
肺の中身を調べよう!!」

体の外に出ている、乳がんの細胞診と違い、肺は胸腔内です。
当然カテーテル、もしくは開腹が必要になるでしょう。
考えれば考えるほど恐ろしいです。

(つづく)
つづくっていつだよう、半年後?かい?と聞こえてきそう。

一日だけの入院

本日と明日、一泊二日の入院です。

メチャメチャ元気です。
夫より早く、病院の廊下をちょこまかと歩きます。
まあ、先日釣りに行った後、右腕が腫れているようで気になりましたが、昨日温めて自力で治しました。

あとは...、体重が異常に増えています。
最近計っていなかったので気にしませんでしたが、さっき入院前にナースステーションの前で計ったら、ビックリしました。
普通、抗がん剤をしているような患者は食べるものを食べられなくて、痩せていると思いますよね。
ところがどっこい、抗がん剤をしながらダイエットするのか?ちょっと嫌だなあ。
何でもモリモリ食べて免疫力上げようと思っていたのに、退院後に作戦を練り直さなくっちゃ。

本日の入院は元気なのになぜかって?
実はCVポートを入れる為に入院しました。
CVポートというのは、静脈血管カテーテル、皮下埋め込み型ポートと言います。
心臓近くまで細い管を通して、それをたぶん鎖骨の下まで持ってきて、500円程度の丸いセプタムというものを埋め込みます。
何だか痛そうな話です。

これで、毎週の抗がん剤の静脈ルート確保が容易になりますし、今まで細い針でポトッポトと長時間かかっていたのが、ポトポトポトとスムーズに入って、一日かかっていた点滴時間が短縮になるはずです。

それより何より、もう私の前腕部や手背には針をさせる血管がなさそうです。
もちろんベテラン師長さんあたりはあらゆる努力で何とか入れてくれますが、このままでいくと、師長さんの追っかけをしなくてはならなくてなりそうです。
もちろんケモ室の他の看護師さん達も長時間かけて探してくれます。

でもこのCVポートをすることで、そんな努力をしなくてもよくなるというわけです。

ただ、管が体の中に入るという、ちょっとした異常性は気分的にはあまりよろしくありませんが、やってしまったら、あとは楽でしょう。...と思います。

さあ16時から小手術です。


ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます 
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ  

2度目の手術の病理結果

ほんの数日前まで入院していたのに、今はさしたる痛みもなく、すでに健常者です。

昨日、9月19日に行われた、乳がん温存手術の右側乳腺追加切除の病理結果を聞いてきました。

診察台に横になると、主治医は患部をチラっと見て、チラっと触って、「良好良好」という顔をしています。

病理の結果は?

主治医は早く言いたい様子が伝わってきます。
たぶんこれは良い結果だったのですよ。
前回の時には「う~ん」という顔をしてましたもの。

結果は…ちょっと奇跡的なもの?。
切除した部分はこの波状に切り取られたもの。
内部にも、断面にもガン細胞は見つかりませんでした

前回の診断結果では外側に乳管内伸展されているということでしたので、当然今回切り取られた乳菅部分にはガン細胞があるはずですが、ありません。

いったいどういう原因で無くなったのか。
それはまったく不明です。

可能性としてあげられるのは、レーザーメスで切り取っているので、熱で死滅してしまった。
もしかして、術前にした『病気根絶祈願』?

現在まったくガンのない右胸です。
なんてすがすがしいのでしょう。

しかし、リンパ転移があったという事実は払拭できるわけではありません。
今後の治療は放射線療法ということになるそうです。

抗がん剤も当然しなくてはいけませんが、昨年9月から7月まで化学療法をしていたことから、体を少し休ませる必要があるということです。

心臓には毛が生えているから大丈夫ですって?
失礼ですぞ!ノミのような心臓ですって!

今回の病理の結果は大変満足のいくものでした。

ただ…。

とうとう、東京を離れることになりそうです。
当然、病院も主治医も代わることになります。

さてさて、どうなってしまうのでしょう。

ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます   

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ  

昨日退院しました。だけど休めない!!

 昨日、退院しました(*^^)v

午前中の退院にしてもらい、実は退院祝いを夫婦でしましょうとホテルにランチを食べに行きました。

退院したら、すぐに家で体を休めましょう、というのが普通?

入院中、充分に休ませてもらいましたもの。
元気一杯です。

看護師さんに聞いていたホテルバイキングに行ってみる事にしました。

都内某所の中堅どころのホテルです。
ブッフェというのではなく、判りやすくバイキング。

バイキングというと、我が家は何となくいつも損をしているような気がしています。
そんなに食べられないのですよ。
なのに太っている。最近は夫も太っている。
こういうところで、不条理を感じてしまう~。
悔しい!!

なので、ほんの少しずつ、お皿に持ってみました。
135use20120924.jpg
それでも多い?
ここの売りはローストビーフみたい?

あまりに美味しかったので、もう一回おかわり。
入院中、ベジタリアンだったのに、すでに反則です。
まあ、たまには良いのです。
エッいつもだって?
そんな…私だって判っていますとも。
で二回目のお食事ゲッド!!
136use20120924.jpg 
ううそろそろお腹に重圧感が…。

だけどデザートは別腹よね。
140use20120924.jpg 
キャハハのデザート盛り!!
デザートも冷凍ケーキと違ってちゃんと作られています。

これを全部完食!
夫に「よく食うなあ!病人とちゃうやんけ」
と言われる。
ほっといてよ。

帰りの車の中で、病院に逆戻りしそうなくらいお腹が一杯になりました。
お腹がハチキレソウです。
ホントウに妄想してしまいました。
救急外来に退院後バイキングを食べてお腹一杯すぎて運ばれた…何てね。

そんなことを考えているうちに我が家に着きました。

我が家では、この子達が待っていてくれました。
名前を呼ぶと、「ニャー!」これがハピちゃん。
「アー!」これがラキです。
166use20120924.jpg 
ママのいない間、仲良くしていたのかなあ。

昨日の夕飯は全く食べられませんでした。
そりゃそうですね。

禁!!暴飲暴食。
さすがにアルコールは飲みませんでしたけどね。

そして今日。
たまり溜まった、夫の下着とワイシャツ、その他モロモロの一週間分。
朝から洗濯機を回すものの、あいにく曇り空!

二ヶ月前に衣類乾燥機は二回目の故障。
もう直してもらうのを辞めようとおもいましたが、やっぱりこういう時には乾燥機は必要です。

これから、夫のワイシャツのアイロンがけをします。
晩御飯は出前を取りたくなったけど、やっぱり作ってしまった。
部屋は可愛い二匹の毛が落ちるので、毎日掃除機をかけなくてはいけないしね。
明日は、私が病院で着ていたパジャマ類とその他モロモロを洗濯。

病院の生活はやっぱり楽だったか。
二度と戻りたくはありませんですけどね。
三度目の入院は絶対に嫌です。

それにしたって主婦は退院後でも休めないのですよ。

バイキングパークストリート 吉祥寺第一ホテル

ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます  

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。