猫の額ほどの話 

猫好きshinnriko(シンリー)です。昨年より乳がん治療中です。術前抗がん剤を経て手術療法、そして再手術。転居後、大学病院で放射線治療を終え、1年3ヶ月のハーセプチン+タキソール治療。最近(2014年初夏)転移と思われていた肺の一部切除しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静脈注射が入らない

 本日抗がん剤治療(AC療法)2回目の日のshinnriko(シンリー)です。

 2回目の抗がん剤治療を始める前に、血液検査を行うというので、治療開始よりも少し前に出かけることにしました。

 血液検査ってあまり好きではないです。
 何故って?shinnrikoの静脈注射の場所を見つけるのがちょっと難しいらしい。
 どの看護師さんも「うわー!出にくい!」と“のたまわれる”。

 「最近ではココですよ」とshinnrikoが指し示している。
 
 それでも本日の第一段階、血液検査の血液は無難なく採取。
 
 血液の色を見ながらね、最近は甘いものも脂肪の強いものも控えて、野菜中心の食事にしてるでしょ。
 だから、色が綺麗かな?なんて採れた血液を眺めてみる。

 この採取した血液で、白血球の数が減っていないかどうかの判断をするらしいです。
 検査結果が何ともないことを祈りましょう。

 その後血圧を測り、前回と同様に、S先生の名札がかかっている診察室の前で待ちます。
 
 ほどなくして、年配の看護師さんが登場。
 
 「shinnrikoさん、血液検査をするときには、一時間前には来てもらわないと・・・。検査結果がでないのよ。しばらく待っていてね」

 ということ・・・。
 そうなんだ、そんなことを前回の診察の時に言われていたのかあ。
 私ったら、たぶん舞い上がっていたのかもしれない・・・。言われたような言われていないような。

 最近少々ボケてる?否以前からかもしれない・・・?
 まさか、ハハハ、脳に転移なんてね。
 でもshinnrikoのステージだと、ありえないことはないらしい。とは言われているけど・・・。

 気にせず、少々待とうではないか。
 でもちょっとこの出来事、朝から嫌だわ・・・これから何事もなければ良いけど。
 
 充分・・・待って、診察室に呼ばれます。
 一応、先生には謝っておきましたとも。

 先生に抗がん剤治療第一回目のshinnrikoの副作用の状態について説明。
 
 下痢と便秘、少々気持ち悪い、唇と口内炎を『ケナログ』を塗って治したこと。
 気になっていたビタミンCを摂取したいということ。

 この先生、話をじっくり聞いてくれて、なおかつ明るい。
 とても好感もてるわ。

 その後、『AC療法』の点滴(商品名ドキソルビシンエンドキサン)が始まるのだけど、shinnrikoが余計なプレッシャーを看護師さんに与えてしまった。

 「ごめんなさいねえ。静脈が見つからないでしょ!どこの病院でも、嫌がられるの」
 
 こんなこと言われたら、看護師さんだって、緊張するわよね。

 左腕、肘から下を一箇所はダメ。
 もう一箇所探って、
 「すみません!二箇所だめだったら、看護師を交代するように規則でなっていますので、とにかく師長を呼びますね」

 しばらくして、先ほどの年配の看護師さん登場。
 師長さんだったんだ。

 shinnrikoの左手をしばらく見学。右手でも良いか主治医に電話で連絡。
 
 OKがでたので、右手を二箇所刺す。いずれも失敗。
 
 「わー!“子ども”だわ、この手!」
  P1003235use.jpg
 どうやら、点滴の針が入らない患者を”子ども”と呼ぶ?
 確かに子どもの手は静脈が判りずらそう。
 
 今度は左手を刺す。
 やっぱりダメ!
 
 とうとう手の甲に挑戦。

 いやーイタイイタイ!! これも失敗!

 「ココにはしたくはなかったのよ」と言いながら、最終手段に出たらしい。

 左手親指の下。
 
 これもイタイイタイ!!・・・と、点滴を見ると今度はポタポタと落ちている。
 何とか成功したらしい・・・。
 「ふー!」

 いったい何度針を刺されたか覚えられないくらい。
 看護師長さん、ドアの向こうで、「全然ダメ!まるで子どもだわ」
 聞こえてる!!ッチュウニ!

 最初の看護師さんが「『ポート』というのを付ければ、点滴が楽になりますから」と言っていた。

 『ポート』って何?

 看護師長さんも、先生に相談しておきますから、と言っていた。

 家に帰ってからネットで調べると、血管のカテーテルらしいことが判った。
 それを付けると静脈注射の度に、こんなに刺されなくて済むのかしらん。

 過去のshinnrikoの静脈注射歴を顧みると、悲惨なものがあった。
 
 ・もう10何年か前、大学病院でCTの造影剤の点滴をした時にも大騒ぎになった。
 結局、足にされたような気がする。
 ・去年入院した時には、病室に立ち代り入れ替わる看護師さん達はshinnrikoの腕を見て「shinnrikoさんだ」と言っていた。顔は覚えていなくても腕は覚えていたということ?

 これから先、抗がん剤の治療を何度もすることを思うと、その『ポート』やらをした方が良いのかもしれない?
 でもなんだか釈然としないワ。
 
 みんな普通にやっている静脈注射なのに・・・。

 最後に看護師さんに言われたわ!
 「shinnrikoさん、我慢強いですね!!」
 そりゃそうだわ、こんなに刺されたのではね。
 
 にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
 
 読まれましたらポチリッと押してくださいますか?

スポンサーサイト

HER2を題材にした映画 『希望の力』

 本日は乳がんに関する映画『希望の力』(Living Proof)のご紹介です。

 乳がんになって細胞の検査結果が出ると
 ホルモン感受性は、陽性、陰性?
 HER2(ハーツー)は、陽性、陰性?
 というふうに判別され、その後の治療計画が立てられます。

 shinnrikoの場合はER(-)PgR(-)、HER2(3+)
 となると、ホルモン療法は無意味だと主治医に言われています。
 
 エストロゲンレセプター(ER) プロゲステロンレセプター(PgR)とは女性ホルモンのことです
 次のHER2(3+)というのは、乳がん細胞にHER2タンパクと呼ばれるタンパク質をたくさん持っていて、このHER2タンパクが乳がんの増殖をしているということです。
 乳がんのうち20~30%がこのHER2タンパク陽性の人なのだそうです。
 
 shinnrikoはズバリこのHAR2陽性の患者です。
 超暴れん坊のガン君、このモンスターみたいなタンパクが作用することにより、凄く悪さをするらしい。
 
 でもですね。
shinnrikoの主治医がこの検査結果を見て、明るい笑顔になったのよ。
 「ああこれか・・・!!」ってね。
 その口調にshinnrikoは救われた気がしたワ。

 最近・・・本当に最近です。
 従来は手だてが少なかった、HER2をねらい撃ちした治療法(分子標的療法)が開発されて乳がん治療が大きく変わりました。
 
 この治療は“HER2タンパクを過剰に持っている乳がん”に極めて効果があるとされているのだそうです。
 
 日本でも2001年に認可されましたが、しばらくは保険適用はされませんでした。
 最近は術後適用はされているらしいのですが、shinnrikoのようにステージ4となると、術後適用などは考えられない。
 shinnrikoは医療関係者でもなんでもない主婦のブロガーですので、主治医の話とネット記事を頼るしかないのですが、たぶん今年(2011年)からですよ。
 この薬が術前治療でできるのは(違ったら、この部分は即座に削除します)。

 shinnrikoにとって救世主となるであろう新薬開発の実話です。

--------------------------------------
 
 乳がん治療の新薬開発に情熱を燃やす実在の医師、デニス・スレイモン医師と治験に参加した女性達の苦悩と喜びが描かれています。
 ロバート・バゼル氏の原作『ハーセプチン Her-2』を元にTV映画として制作されました。
 公開は2008年の映画です。

 なすすべもなかった、乳がんの女性達を救うべく、家族も顧みないほど研究に没頭するシレイモン博士ですが、薬品メーカーの出資打ち切りなど苦しい日々が続きます。
 しかし実業家の友人の協力の下、レブロンからの援助を得ることで、新薬の実現は拍車がかかります。
 そこに到るまでの女性達の悲しみ、苦しみ、喜びが描かれています。
 乳ガン治療 "ハーセプチン" を世に広めるまでの10数年間にわたるドラマです。
 最後には静かな感動があります。
 是非ご覧ください。

-------------------------------------
 
 新薬開発には医師、患者の努力は並々ならないものを感じますが、別の目で注目したいのは経済支援をしてくれた団体があったということも忘れてはいけない点ですね。

 shinnrikoは現在投与されている抗がん剤(AC療法)の終了後、このハーセプチン(トラスツズマブ)を投与することになるはずです。
 
 治験に参加された女性達には感謝しつくせません。
 本当にありがとうございます。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
読まれましたらポチリッと押してくださいますか?

髪が抜ける!!

 抗がん剤治療の副作用で髪の毛が抜け始めました。

------------------------------------

 1回目の抗がん剤治療(AC療法)から18日目のshinnriko(シンリー)です。

 実は先週の金曜日(抗がん剤治療15日目)まで、髪の毛は何ともありませんでした。
 友人とおしゃべりをして、髪に副作用が出ないのは、「私って実は身体能力高いのかもしれない」と言ってたほどですから。

 ところがその晩、頭がちょっとブヨブヨしているみたいな気がしたの。
 気のせい???と思ったりしていました。

 次の日(抗がん剤治療16日目)ドラマを見ながら、何とはなしに髪の毛を引っ張ると、地肌が引っ張られる感覚がないまま、指で摘んだ量だけ髪の毛が取れます(抜けるというより、取れるという感じ)
 摘めば摘むほど取れちゃいます。

 「ああコレなんだ」
 
 髪の毛がパラパラと抜け始めた・・・shinnrikoです。

 普通の人の抜け毛って、毛根部分が多少はあるでしょ。
 無理に引っ張って毛を抜くと皮脂がくっついてくるでしょ。

 抗がん剤の副作用の抜け毛には、その毛根がついてきません。
 
 まるで、ハサミで切ったように取れるの。
 これって不思議です。
 あまりに不思議なので、頭の各所を引っ張ってみましたので、ハゲが各所にできました。
 バカなことはやめよう!!

 どうやら、頭の毛が全部落ちるのもこれでは時間の問題です。

 shinnrikoのように2mmにカット(要するに坊主頭)にしていたので、部屋に抜け毛がボロボロと落ちているということはないのですが、長いままだったら、ちょっとグロでしたね。コレは・・・。 →その時のブログはコチラ
 ということは髪の毛が抜けても良いように短く切るのは、抗がん剤投与から2週間ほどしてから?(個人差があるようです)

 ------------------------------------

 お陰様で、右胸のシコリは探さないと判らないくらいになってきました。

 肺転移とリンパ転移はどうなったか、今の時点では判りません。
 たぶん小さくなったことでしょう。

 3日後に2回目の抗がん剤治療(AC療法)の点滴をする予定です。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
 読まれましたらポチリッと押してくださいますか?

『軟蘇の法』を試そう!

 乳がんが発見されてからshinnrikoが行っている瞑想です。

 この瞑想はただ心を穏やかにするといったものではなく、もっと積極的に「体内のがん細胞を正常な細胞に心の作用で変えていこう」というものです。
 『軟蘇(軟酥)の法』といいます。

 『軟蘇の法』は過去には徳川五代将軍綱吉の時代、白隠禅師によって行われた禅です。
 白隠禅師は末期の肺病を患っていましたが、この瞑想をすることによって、病をのりこえることができました。
 
 蘇という言葉は6世紀頃シルクロードから日本まで伝えられた、牛乳を発酵させたもの、チーズやバターといったものです。
 そのバター状の光輝くものが頭に載っていると想像し、体に染み渡っていくことにより病を治していこうという瞑想です。
 今風に言えば、『ゴールデンバター瞑想』ですね。
 
----------------------------------
 
 【瞑想修法】
 
 ① 姿勢を正します。(イスに座っていてもかまいません)

 ② 胸の前で合掌をして、軽く目を閉じ、うすく目を開けます。(半眼の要領で)

 ③ 頭の上に黄金に輝くバターが載っている様子を想像します。
 
 ④ そのバターが天上界の仏の光をあびて、溶けていきます。

 ⑤ 髪の毛、頭皮、頭、目、鼻、耳、首、両肩、両腕、手、乳房、胸、肺、肝臓、胃、腸、背骨、と温かいバターが溶けていく様子を想像します(特に患っている右乳房を念入りにしています)。

 ⑥ 続けて、腰から太もも、足の先まで溶けていくことを想像します。

 ⑦ 細胞の一つ一つに仏の光が入って金色に光輝いていることを想像します。
 
 ⑧ 仏に感謝し、家族、友人、縁あった人たちにも感謝をします。わだかまりのある人に謝ります。

 ⑨ 仏は私を許してくださっている。私は仏国土ユートピアを作っていくことに必要であり、これからは人を幸せにしていこう、と確信します。

 ⑩ 合掌をとき、静かに目を開けます。

-----------------------------------

 以上がshinnrikoが毎日行っている、ガンを自然に消滅していく積極的瞑想です。
 
 今では、外科的治療や科学治療、放射線治療といったがん治療の方法がありますが、そのような医療のない時代でも、こうやって細胞を自ら作り変えることができたのです。
 現代の医療+イメージの力によって、自らの肉体を変えていってみたいと思います。

----------------------------------


 shinnrikoが行っている瞑想は、2011年6月12日幸福の科学総裁大川隆法先生『病気を治す心構え』の説法の中で行われた瞑想の一部引用です。
 
 当日は病を患った方が多く参加されていましたが、奇跡的に快復された方がおられました。
 (コレは本当です)
 
 shinnrikoはこの時、他人事でした。
 今はこの瞑想を元に自分で毎日させていただいています。
 そして、いろいろな方法(病院で指示される治療、食事、温熱、瞑想)を取り混ぜて完治をめざしています。 

 興味のある方は右の本をお読みくださいネ。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
 読まれましたらポチリッと押してくださいますか?

いっきょに秋ですかあ

 いっきょに秋の気配です。
 今日はがん患者となったshinnriko(シンリー)の普通の一日です。
 
 抗がん剤治療(AC療法)から10日目のshinnrikoです。

 今日の東京は本当に涼しいです。
 いっきょに秋がやってきました。
 
 shinnrikoは相変わらず半袖。
 今日こそは秋物の服を出さなければ、着る物がなくなる、とちょっと焦り気味。
 
 shinnrikoのガン転移は脇リンパと両肺らしいです。
 CT画像を見ると、ガンがある位置は白くキラキラと光っていました。

 本当はネガポジで逆ですから、そこの部分だけ黒いブラックホール状態なのでしょう。
 でも画像では光っていました。

 両肺にあるということは、埃はご法度?
 と思うのですが、以前に主治医の先生は、「この位の大きさなら症状は出ませんから」ということでした。
 そうなのです、普通の生活ができるということです。

 押入れを開け、狭い押入れに別府から持ってきた荷物を押し込んでいるわけですから、余計に気が重いですが・・・。

 何も考えずにパッパッパと作業を済ませたものですから、小1時間もかかりませんでした。
 ぐずぐずせずにやれば何てことないのにね。

-------------------------------------------

 ということで、気が重い仕事をやり終え、本日の「ガンに効くであろう???ジュース」を作り始めます。
 
 本日はリンゴ1個、ニンジン2本、小松菜1本、レタス4葉、レモン1個 で作りました。

P1003239.jpg
 残留農薬の心配がある?のでしばらく水に漬けた後、上の写真のように切ってから、ジューサーで絞ると、右の写真くらいの量のジュースになりました。(今更ながら農薬の心配してもねえ、と思いながらも、ちょっとは気をつかってみましょう)

 このくらいで300cc位です。

 昨日のブログで紹介した『ガンと闘う医師のゲルソン療法』と『今あるガンが消えていく食事』で紹介されている一食分くらいのジュースの量だと思います。

 このジュースと手作り全粒粉パン、冷奴、昨日の晩御飯の残りの筑前煮がshinnrikoの遅い朝食です。
P1003232.jpg  
 昼ご飯はね。今日はお楽しみの食材があるのですよ。
 昨日イトーヨーカドーのネットスーパーで頼んだ『安納芋』
 『安納芋』って食べたこと、あります?

 それはそれは美味しいサツマイモです。
 特に焼き芋を作るとトロ~として、まるで砂糖も何もいれないのに、キントンみたいなんですよ。
 このお芋を食べると、外のお芋は何だったのだろう、と思ってしまいます。
 焼くだけでスイーツが食べられます。

 このお芋、種子島だけにあった幻のお芋らしいです。
 安納芋
 
 小ぶりで、これなら胸焼けせずに3個くらい食べられそうです。
 美味しいもの好きのshinnrikoであります。
 美味しいものが何かを知っていますよ。

 この安納芋の他には種子島の紅芋、紫芋がやっぱりしっとりと美味しいです。
 紫芋に関しては、東京でも千葉産のものが食べられます。
 
 現在首都圏にまで広がっていませんが、この前まで住んでいた大分にも美味しいお芋があります。
 『甘太くん』という名称がついているお芋です。
 やっぱり、しっとりと柔らかく、甘さが濃いお芋です。
 このお芋を何とか手に入れたいのですが、もうしばらくネットに注目しておきましょう。

 ガンの食事療法と言いながら、結局美味しいものに走るshinnrikoです。

 ちなみに主治医の先生は「食事は何食べてもいいからね。」ということでした。
 
 ですが今まで無節制に過ごしてきたわけですもの、自分に無理をかけないように、良いと思えるものを食していくつもりです。
 
 昼食はこの小ぶりの安納芋の焼き芋3個とレーズンとプルーン、ハチミツ入りヨーグルト300gとバナナ1本。
 ハハハ!美味しそうです。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
 読まれましたらポチリッと押してくださいますか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。