猫の額ほどの話 

猫好きshinnriko(シンリー)です。昨年より乳がん治療中です。術前抗がん剤を経て手術療法、そして再手術。転居後、大学病院で放射線治療を終え、1年3ヶ月のハーセプチン+タキソール治療。最近(2014年初夏)転移と思われていた肺の一部切除しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪・・・何処へもいけないと気になるコト

窓の外は雪
本当は釣りに行く予定の日でした。

ウウウウ・・・東京地方はありえない雪模様。

今年はいつまでも寒いです。
釣りに行っても凍えるでしょうね、これでは。
おまけにスタッドレスは東京に来てから履いていません。
昨年住んでいた、九州別府では必要なものだったのですよ。
意外に雪が降る九州地方です。

釣りのブログ『猫の夫婦のおさかな釣り』は開店休業状態に陥っています。
釣りブログは釣りの記事のみにしようと思ったのが間違いでしたか。


昨日は主人の用事でお出かけしました。
しょうがないので、ウィッグを被って出かけましたが、でもやっぱり嫌だわ。
本当は何も被らないで出かけたい。
まだ3ヶ月くらいは無理・・・?かな?

ついつい出不精になってしまう。 

お目汚しですが、またもやボーズの写真。
ボーズはボーズなのだけど、頭上1cm、頭側2cm。
ほとんどが白髪。
こんなに白髪が生えていたの?

もう、いっそのことパンクに決めたら、カツラを被らなくても良いかもしれないと、ヘナで染めてみた。

ヘナは植物なので、染めるのに時間がかかります。
おまけに暑い地方のハーブですので、冷感ハーブです。

無題付けるとしばらくすると震えがきたわ。
でも我慢我慢。
頭を冷やすには丁度良いハーブね。
頭痛の時には気持ちが良い。

とにかく、寒さを我慢した結果がコレカイ・・・。

元々猫っ毛なのに、ますます猫の毛。

我が家のラキと一緒の毛並みになってしまった。
豹柄の服が似合いそうな髪ですわ。

無題2 次は合わないウィッグの写真。

昨日お出かけした時に撮ってみました。

ウィッグがずれないように、櫛型カチューシャで止めてみました。無駄な抵抗か・・・。


ああつまんない・・・つまんない・・・。

何処へもいけない日はこんなもの。

思考が一番嫌なことに集中するみたい。

髪の毛を剃髪した頃(10月頃)は面白がっていた感がありましてけど・・・(実は尼になりたかった願望があった)



こんなこと書いても面白くないので、ハピラキ(我が家の飼い猫生後7ヶ月、最近避妊去勢を済ませました)の写真を載せましょう。
卓也の『磯をかける』 
午前中は『磯をかける』を観ていました。
平和卓也君が写っています。ちょうどラキが通過。

ジャングルの中? 
お外を見るハピとラキ。
東京の住宅街は交通量が多い、車を眺めているのかな?

二匹の猫 
これが二匹の定位置。
何故かいつも鏡に写すように同じ恰好をしている。さすが兄弟。

太ってきたラキ 
去勢手術を終えて、益々食欲があるラキ。
またもや太ってきました。

ハエを追いかけるハピ 
ハピは小さなハエを見つけました。
楽しく遊んでいるハピです。
うらやましい。
でも何処からハエなんか?

明日はハーセプチン+タキソール3クール目の3回目。
3クール目の最後です。

来週は釣りに行けるかな?
ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへにほんブログ村 猫ブログへ
スポンサーサイト

家計ができること

昨日、今日と撮り貯めた映画を観てます。
今日は『武士の家計簿』。

加賀藩御算用者の幕末から明治維新にかけての家計の話です。
膨れ上がった家の借金を思い切った断捨利でもって救い、質素倹約の生活で乗り切る。
こんなお話ではありますが・・・。

実は、我が家の今月からの家計は大ピンチなんてものではない。

12月末から始まった、ハーセプチン+タキソールの医療費がとうとう毎月の家計に食い込んできた。
姑の急死に関わる出費も増えた。
息子の学費はまだ続く予定。
その上に、手術費用が嵩むだろう。

となると、この数ヶ月は知恵を使い、何とか耐え切らなければならない状況。

若い時から家計が苦手でした。
もちろん家計簿を付けることは大の苦手。
三日坊主も良いところです。
趣味に費やす金額も多く、お金がなくなると「仕事でも増やすか~」ぐらいの軽いノリで考えてきたような気がします。

主人の地方勤務が決まると、自分の仕事を続けることができなくなりました。
再就職となると年齢的に簡単に就職できません。できても事務職は無理です。
自分が働いているときには家計の残額がいくらなのか、実はそれすら判らなかったというのが実情。

大反省をし、主人の収入のみで生活することに決め、その中でやりくりをしていく術を考えぬこう、と決めました。

1 家計簿をきちんと付ける。
(それも出来合いの家計簿ではなく、自分でエクセルで使いやすく、自分が長続きするように作りました)

2 出費をとにかく減らす。
(特に利子の付く買い物はしない)

この二つくらいで自分が働かなくても赤字にはならなくなりました。

さあ、この数ヶ月これで乗り切れるかどうか。
知恵を使い、頑張るつもりです。

『武士の家計簿』の映画を観て、ちょっと勇気が出ました。

この映画では質素倹約のみを謳っているだけではありません。
実直に不正をしなかった主人公は出世していきますし、
事務処理と計算に優れた息子は明治政府でもその才能を活かし重用されることになります。

久しぶりに生活にヒントを与えてくれる良い映画を観ました。

ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

本日曇り、美談の非常識

本日、東京は曇り。
東京マラソンが行われていますが、杉並の住宅街までは、ヘリコプターの音すらしません。
こういった曇りの日は、とても静か。
いつもなら車のクラクションや救急車のサイレンが煩いのに。

曇りの日はshinnrikoの片頭痛の日と決まっております。
体の節々も痛いような。
そして、大いなる選択ミス。

今日はゆったりと過ごしましょう。
膝の上に湯たんぽをおいて、カフェ・オレを飲みながら、撮り貯めた映画を観ることにしました。

選択した映画が悪かったの、この映画をわざわざ観ることもなかったのに、最後まで観てしまいました。
バカよね、私って・・・。

自分がガンではなかったら、最近友人が大腸ガンと判ったとか、そんなことがなかったら、とても良い映画だと思う。
でも最後まで観てしまった、私。
どこかで、自分が当事者なのに、他人事だとでも思っていたのか。

映画『僕と妻の1778の物語
誠実で不器用な夫とそんな夫の一番の理解者の妻。
妻は余命1年と言われ、夫は妻の為に、免疫力が上がるような物語を毎日書こうと決意する。
物語の中身はSFショートショートとファンタジック。
毎日物語は綴られ、5年の時が過ぎ行くが、妻の病状は日一日と悪くなっていく。

美しいお話、でもね、またもや、余命もの。

1年が5年に生存期間が延びたとはいえ、結局死んでしまうのね。
死ぬことが美談の映画はもう、作ってほしくないとつくづく思います。

何十年前ならいざ知らず、ガンを克服している人は数限りなくいるにちがいないのに、懸命に克服した人は美談にならないのかしらね。

『ガンは治るもの』という常識が世の中に浸透するのはまだ先のことなのでしょうか。

ガン=余命、こんなもの・・・非常識になる日は近いと思うわ!

ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

ラキの入院、寂しいハピの夜

予定していてできなかったラキの去勢手術が昨日やっとできることになりました。

都内のマンションでは鳴き声あげられるのは困ります。
また、やたらに家具におしっこをかけられるのも困ります(スプレー行為)。
人間の都合で手術させるということであれば、少し後ろめたい気持ちもしますが、去勢や避妊手術は猫達にとっても病気から護られるなど、良いことなのだそうです。
 長生きにもなるそうです。

ですが、やっぱり体にメスを入れるとなると心配です。

特にラキは神経質で怖がりな子ですので、少し不安になってきました。

昨日、朝一番で獣医さんまで車で運びました。
杉並から練馬までの都内の住宅街の狭い道を運転するのは、shinnrikoにとっては少し緊張するところですが、元々運転は嫌いではありません。
ペットキャリーの中でおとなしいラキ。
動物病院でも小さな声で鳴くだけ。

寂しく不安な夜のハピ

ですが・・・一番不安がっていたのはハピだったりして(上の写真)。
猫だって、ため息をつくのですね。

珍しく夫の机の上に・・・ 

いつもは、一緒に狭い部屋の中を駆け回って いるラキがいないのが理解できないみたいです。
か細く、寂しそうな声で鳴きます。
いつもはあまり行かない夫の机の上まで上がったりして。
ハピにとっては、とても静かな夜が更けました。
 
麻酔がしっかりと覚めるまで見てくれる病院なのでしょう(ハピの避妊手術もこの病院です)。
去勢手術も一泊二日の入院となります。

朝になってザーザー降りの雨が降っています。
昨日と同じ狭い住宅街の中の道を車で動物病院までラキを迎えに行きました。

「目が覚めていますよ」
と言われ、キャリーの中のラキを見ると可愛い目がこちらを見ています。
キャリーを助手席に載せ、入り口の網から指を差し込んでみると、ペロペロと指を舐めてくれます。

「ラキ、ハピが待っているから早く帰ろうね」
と車を走らせますが、迂闊にも西武線を越えたあたりで道に迷いました。
車載ナビも案内してくれない都内の狭い道。

結局環八までたどりつき、雨の土曜日の環八渋滞をやっと抜け、家にたどりついたのは、帰宅予定時刻よりも3倍も時間がかかってしまいました。

ラキはおしっこがしたかったのか、ニャーニャーと珍しく泣き叫び。
家の中では不安そうに待っていたハピが玄関まで迎えに来てくれていました。

仲良く二匹で寝ます 

やっと二匹でおやすみです。
まだ怖くって、ラキのおしりの傷口をみていません。

ラキ君の特技 
ラキはとっても頭の良い子です。

この子達はノラでしたので、ペットショップの猫ちゃんみたいに、こんな水飲み器を扱うのは難しいのですが、shinnrikoが水を出してあげる仕草をすると、真似をして飲めるようになりました。

甘え子のハピは未だにできませんネ。

ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへにほんブログ村 猫ブログへ 

ソウルメイト

本日はハーセプチン+タキソールの3ク-ルの2回目。
もう、この眠さにも慣れてしまいました。

いつものように、朝9時に病院に行き、採血をして、主治医に経過報告。
その後は看護師さんが点滴をしてくれます。

いつものように血管は埋没し、探すのに苦労しているのを、あまり見てはいけないのかもしれないと、点滴中は邪魔にならないように静かにしています。

この一週間、とても忙しかったので、あまりいろいろなことをしたり、考えたりする気力が失せています。

いつも点滴中はi-Padでブログのコメントのお返事をしたりしているのですが、今日は横になっていたい。

目を閉じると、姑の告別式の様子がよぎりますが、その同日に起きたことが何とも不思議で、いたたまれないものとなりました。

ソウルメイトという言葉をご存知でしょうか。
深く考えないで、直訳で良いと思います、『魂の友』です。
私にもそういう人がいます。

彼女とはお互いの子どもが通うことになった赤ちゃん教室で知り合いました。
 
私は表面上の愛想よさとは裏腹に、心の内部まで及ぶとシャットアウトしてしまうようなところがあります。
でも彼女には最初から素直に自分を見せていられたような気がします。
 
彼女はどちらかというと忍耐の人です。
我慢強く、物事を静かに見ます。

私はというとどちらかというと軽く見るし、見られます。
我侭が表面に出ているようにも感じさせてしまいます。

私の一目ぼれかもしれませんが、子どもを通じて毎日のように会うことに喜びを感じていました。

二人目の子どもを身ごもった彼女はとても神々しく見えたものでした。

そして四半世紀、毎日会うようなことはありませんが、魂の根っこで繋がっていることをいつも感じていました。

そして先週会った彼女は・・・。
 
昨年より私は乳がんの抗がん剤治療をしています。

約束した訳でもなかろうに、彼女は今年になって、大腸ガンが発覚しました。

我慢強い彼女は、ずっと更年期の不調だと思っていたそうです。
救急入院した時には、五分五分とまで言われたと、彼女のご主人は言っていました。

奇しくもソウルメイトと感じていた彼女と同じ時期にガンを患う結果となってしまいました。

もともと彼女はスレンダーな体ではありましたが、大腸ガンの手術の後の彼女はもっと痩せていました。
これから、抗がん剤治療が始まるということです。

shinnrikoは抗がん剤治療をしているといっても、元々太り気味で基礎体力がある体です。
少々のまっとうな体組織とガン細胞を蝕む毒素が入っても、平気な体ではあります。

でも彼女の細い体を見ると、心が揺らぎました。

それでも言わずにはいられませんでした。

「抗がん剤でも奇跡はおきるのよ!!」

この言葉は今、目の前で抗がん剤のボトルを換えている元師長さんの言葉です。
多くのがん患者の世話をされた人の確信ある言葉です。

彼女にはガンを完治してもらわないと困ります。
私のソウルメイトだからです。

そう心に何度も念じました。

【本日の医療費】(3割負担)
 病院に抗がん剤治療費(ハーセプチン+タキソール)、その他=30,780円
 薬局に薬代(B12)=890円

ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。