猫の額ほどの話 

猫好きshinnriko(シンリー)です。昨年より乳がん治療中です。術前抗がん剤を経て手術療法、そして再手術。転居後、大学病院で放射線治療を終え、1年3ヶ月のハーセプチン+タキソール治療。最近(2014年初夏)転移と思われていた肺の一部切除しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての行事、秋祭り

ネットが繋がらないために書きたいことがなかなか書けないでいます...クスン。
遅ればせながら、すこ~しずつUPします。

私たち夫婦が新しい土地に来て初めての行事がこれです。
秋祭りです。

新参者がこういった古くからの土地のお祭りに参加するのはとても難しいことですが、すんなりと受け入れていただきました。

shinnrikoが参加させていただいたのは蕎麦米雑炊作りです。

大鍋の中身が蕎麦米雑炊です。
この土地ではこういった滋養豊かなものを代々食べていたのですね。
色々な作り方があるそうなのですが、ここで作ったのは、大根、ニンジンゴボウ豆腐、油揚げ、鶏肉、ナルトを蕎麦米に合わせて細かく切ります。
最後に、薬味の生姜と青ネギを入れて出来上がり。


夫はお囃子の太鼓を叩くお稚児さんを乗せた神輿?山?ダンジリ?実は屋台と言うのだそうです。
こんな重そうなのを引くのではなく、担ぎます。
「肩の皮がズルリと剥けるよ」と脅かされながらネ。
バスタオルを何枚も肩と担ぎ棒の間に挟んで防御します。
輿は町内をグルグルと回ります。
曳山と違って、担ぐので、相当にハードなお祭りです。

それでも、二日間のお祭りの間には、コツを掴めたそうで、幸いにして肩がズル剥けになることはなかったようです。

屋台の上に乗って、お囃子の太鼓を叩いるのはお稚児さんです。本来は男の子が乗るらしいのですが、最近では乗り手が少ないらしく、男女混合チームだそうです。
毎日猛練習したのでしょう。
とてもじょうずだし、揺れが激しくても、お囃子のリズムが狂いません。
一日目は宵山、二日目は本祭りです。
先ほどの屋台は氏子中心でしたが、二日目には町内の代表者が引くお神輿が登場します。

皆さん、白装束に烏帽子のスタイル。

shinnrikoは二日間、蕎麦米雑炊の番です。
ものすごく疲れましたが、地元の方と少しでもお近づきができた二日間でした。

打ち上げにイノシシの肉が振舞われました(ムムム)。
何と、130kgのイノシシだったそうで、(熊並?)余りにも大きかったそうで、猟犬が一匹襲われ、供養の為に食べないといけないらしいです(ちょっと勇気が...)。
我が家の冷凍室の中に入っています。
どうやって食べたら良いのでしょう。やっぱり、牡丹鍋?
それにしてもワイルドな話だなあ。


このお祭りは川島神社の農事百般の豊穣感謝の秋祭りです。
本年は10月27日、28日に行われました。
ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ  
スポンサーサイト

ブログの更新

インターネットはまだまだ繋がりそうにありません。

ブログの更新もI-Padの脆弱な3Gでやっと載せているので、ものすごく時間がかかります。
実はi-Padを振り回しながら、繋げています。

こんなにネットが繋がらない環境は始めてです。

ピカラ何とかという会社なのですよ。
新しく移った地域では、この会社の独占地域だということなので、殿様商売なのですね。
何日待たせても成り立つのですから、その会社にとっては楽勝な地域なのでしょう。

ということで、しばらくブログの更新がされなくても心配しないでくださいね。
書きたいことはだいぶたまっています。
新しい病院には毎日放射線治療に行っています。
面白いこともいっぱいあります。

コメントのお返事も遅くなって申し訳ありません。
メールではちゃんと確認させていただいています。


地方でも美味しいもの食べるゾ

引っ越しが終わってやっとちょっとずつ落ち着いてきました。
これから合間合間で、載せられなかった記事を書いていきます。
引っ越し前後は怒涛のごとくいろいろなことがありましたので、ブログを書いている暇がありませんでした。

さて今日は夫の赴任先について初めての夜のシティーホテルでのディナーを紹介します。

地方といっても今は東京よりも美味しいものが食べられることが多々あります。 この日も思ってもいなかった食事にありつけました。
まずは前菜。
私が食べた、サーモンマリネ。


夫の食べた鴨肉のローストです。


これは、タコのマリネ。


ポルチーニ茸のカナッペ。


shinnrikoの食べた、メインのほろほろ鳥のロースト。


夫の食べた、ローストビーフです。


デザートはこれと

これ。

ちなみにこれは、鳴門金時のパイ包です。

料理名は覚えていませんが、だいたいこんな感じ?

現代フランスとイタリアンの融合された、創作料理みたいです。
たいへん美味しゅうございました。
これだけのものが食べられるのだから、地方の暮らしもまんざらではありません。
shinnrikoさん大満足!
さて、もう赴任先の地名が判りましたね。
ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます   

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ  

蕎麦とうどん...うまい

新居近くには、どんなものがあるのでしょう。
さっそく行ってきました。

こんな所です。
何だかよくわからないでしょう?
ここは渓谷沿いです。
そして、小屋。
ここで食事ができます。

京都の川床とは比べものになりませんが、秋の山々を見ながら、食事をいただけるのは、何とも贅沢ではありませんか。
メニューを見ると、焼鳥。
串に刺したものが出てくると思ったでしょう

バーベキュー?

ううっ野趣あふれる趣向です。
そして、たらいに入ったうどん。

これは御所のたらいうどんというのだそうです。
御所という地名は鎌倉時代の承久の乱を起こした後鳥羽上皇の子、土御門上皇が自ら望んで配流された地なので、御所と名付けられています。

うどんの付け汁はクセのある味です。川魚の出汁と聞いたことがあります。
うどんも焼鳥も二人前にしては、多い量でしたので、全部食べ切れませんでした。

もう一品はこの地に何店舗もあるお蕎麦屋さん。

玉子丼と小盛りのお蕎麦が二つ。
生蕎麦と言います。
ここのお蕎麦は一人前で、二鉢のお蕎麦が特徴です。
あっさりした味ですので、あっという間に完食してしまいました。

こんな麺類がある土地です。
そろそろ夫の.赴任先を明かしてもよろしいかと思うのですが、釣りに行ってから公表しますね。

ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます   

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ  

引越し終了、後は病院とネット環境

やっと引っ越しの片付けが済みました。
何回か引っ越しをしていますが、手術後と言うことで、久しぶりに『らくらくパック』を使わせていただきました。
結局は業者のお姉さんが入れてくれた荷物を自分でまた入れ直しているので、『らくらくパック』でも全然楽々ではないなぁと思う。
まあ、段ボール箱をその日の内に引き取ってくれたので、その分だけ早く引越しがすみました。

我が家のニャンズたち。
ラキはこの顔。

ハピはこんな様子。


猫たちも最初の日こそキョロキョロとしていましたが今はリラックスしています。

私もやっとこさPCに向かおう...。
ところがどっこい、ここは地方、それもいわゆる田舎です。
笑ってはいけませんよ、NTTの光、ADSL 、大昔の忘れ去られたISDNすら来ていません。
やっと見つけた某会社の光、取り付けるのに1ヶ月半から2カ月を要するのだそうです。
ここはどこ?南の島?
そういえばフィリピンのAGAさんがプロバイダーを替えるのが1カ月先と書いておられました。
日本ではもっとかかるじゃない。
だいたい東京では一週間位、関西でもそのぐらいです。
考えられない位のんびりしたものです。
なので、このままずっと携帯の、それも山に囲まれた弱い電波の3Gから投稿だと思うと、何だかとってもストレスです。

引っ越し荷物も片付きましたので、今日は新しくかかる病院に電話をしてみました。
今後の治療は放射線治療になるので、大きな病院でしかできません。
地方都市の大学病院に通うことになります。
午前中に電話をしたら、忙しいので午後にしてくれと言われました。午後に電話をしたら、紹介状があっても初診なので予約は取れないと言われました。
じゃぁ、最初からそのように言ってくれればいいのに、電話の向こうで半関西弁でまくし立てるように言われると、前の病院の親切さが身に染みて感じ、少し涙が出ました。

しばらく病院に対しては少しナーバスになるかもしれません。
来週の火曜日に朝早く起きて病院に行ってこようかと思います。
家から病院までは国道を通って車で約40分ぐらい。
放射線治療となると毎日通うことになりますが頑張れるかな。

山山が見えます。
東京とはまるで違った風景です。

ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます   

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。