猫の額ほどの話 

猫好きshinnriko(シンリー)です。昨年より乳がん治療中です。術前抗がん剤を経て手術療法、そして再手術。転居後、大学病院で放射線治療を終え、1年3ヶ月のハーセプチン+タキソール治療。最近(2014年初夏)転移と思われていた肺の一部切除しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抗がん剤の副作用でも…ネイルケア

昨日(2013年4月26日)はと~ても楽しみにしていた講習会に行ってきました。
何って?ネイルケアの講習会です。
それも抗がん剤の副作用で変色した爪も綺麗にしましょう。
…という明るいお話しです。

写真
乳がんの抗がん剤投与の患者さんにとって、副作用で一番嫌なのは…たぶん脱毛だと思います。
その次くらいに嫌なのが、爪の変色(他にもいっぱいありますが…容姿だったらコレでしょう)。
これが意外に嫌なもの…というのは自分で自分の指先がいつも見えるからです。

名刺をいただくとき、握手するとき、お茶を飲むとき、自分も相手も指先を見ますよね。
思わず指を隠したくなる、ことだって何度もあります。
ちょっと悲しい思いをします。

100use20130426.jpg
判りますか?
爪の生え際のところが黒くなっているのが、これが抗がん剤による爪の変色です。

102.jpgこれをカバーするのは、もちろんマニュキュアだって、大概の人は判っているのですが、自分ではなかなか上手に塗れない。
それに爪に異物を塗るのが果たして健康に良いのか、爪がもっと痛まないのか?…よく判らない、ということもあります。

そこで、今回『あけぼの徳島』の会長さんが東奔西走してくださって、先生を見つけてくださいました。

惜しみなく協力してくださった先生は、徳島にある『日本ネイリスト協会』認定のスクール『CHAKRAチャクラ』の校長先生であり、代表取締役の尾形先生です。

先生のお話だと、爪の細胞というのはすでに死んだ細胞なのだということです。
髪の毛も同じように死んだ細胞なので、カラーリングやパーマをしても平気ですよね。

爪というのは皮膚の組織の一部が死んで硬化したということです。
これが爪の正体。
ということは死んだ細胞の上にジェルを塗るというのは、皮膚呼吸を妨げるような結果にはならない、かえって、爪の乾燥を保護をする役目を果たすという利点があるということです。
薄く弱くなった爪も保護してくれます。

爪を傷めるのはリムーバーが原因です。
ジェルを塗ったら、なるだけ取らないで保護をしていく、というのが正しいようです。
リムーバーを使わなければならない時は、擦らずに使う、ということも教えていただきました。

下の写真のネイル達、華やかな色があって、見てるだけで楽しくなりますネ。
082use20130426.jpg

一通りのお話を聞いてから、実際にネイルをしていただきました。
何と…shinnrikoが一番。

先生はshinnrikoの手の色を見ながら、下の色をチョイス。
089use20130426.jpg 
透明なピンク色がベースコートです。
shinnrikoの場合は爪の生え際ではなく、爪の先端が変色しています(タキソールによるものです)。
これは爪ではなく、その下の皮膚の色の変色なのではないか、ということでした。

その変色をカバーする為に、濃い色を指先の先端に重ねます。
一番左の無色透明がトップコートです。
3日に一度、トップコートを塗っていれば、ジェルが長持ちするらしいです。
085use20130426.jpg 
shinnrikoの手です(浮腫んでいます…エっ浮腫ではない手なのですが…)。
爪がボコボコしていて見苦しいですね。
おまけに酷く乾燥しているらしいです。
この爪を綺麗にやすりで砥いでくださっています。
それだけでも爪がピカピカになります。

121use20130426.jpg 
トップコートまで塗って、完成がコレです。
見違えるようです。
キラキラと光っています。
ああ、至福の時間はあっという間に終わってしまいました。
ずっとやってもらいた~い!

でもでもでも…次の人にも代わってさしあげなくっちゃ。
みなさんshinnrikoに負けず劣らす相当嬉しそうです。

とたんに免疫力アップです。

女性は美しくなると、心から笑えますね。

ネイルの先生のショップ、スクールはコチラ→ネイルセラピー&ネイルスクール&ネイルショップ CHAKRA(チャクラ)
facebookは→コチラです。



追記:東京に居た時に何度かブロ友さんから、「抗がん剤で変色した爪にネイルをしてあげるね」と言われていたのに、叶えられませんでした、shinnrikoが転居した為です。

そして、徳島の地に来て、再びその思いを叶えてくださる方がおられることに、感謝してもし尽くせません。

感謝を込めて shinnriko

ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がん ステージ3・4へにほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

南雲吉則先生のお話を聞いてきましたin徳島

昨日、おなじみのナグモクリニックの南雲吉則先生のお話を聞いてきました。
shinnrikoは昨年9月に先生のお話しを新宿で聞いてから、2回目の参加になります(昨年9月の記事は→コチラ)。

2回も聞きに行って、痩せとらんじゃないか!
って言われそうです。
昨日はお友達と主人、おじさん2人の5人で参加しました。
おじさん2人は終了してから飲みに行くということで、超健康志向の話しを聞いてからの赤提灯の酔い加減はどうだったのでしょうね。

お友達は先生のお話を大層関心していました。
「と~ても良かった」
とのことで、私もお誘いした甲斐がありました。

明朗な講義は1時間半とめどなく、おまけに時々先生からの質問が入りますので、おちおちボーっとなどしておられません。
みなさん真剣に聞いていますね。
131-20130418.jpg

前回お聞きした内容よりも、もっと基本的な健康に関すること、特に脂肪燃焼に関してのお話ではあったのですが、その流れのお話の中のある一点の項目に心が引きつけられました。

なので他の方が聞いてためになったというお話ではありません、私が心に残った事です。

先生はある方に質問されます。
「命があと3日だと言われたら、あなたは何をしますか?」
また違う方に質問されます。
「命があと3ヵ月だと言われたら、あなたは何をしますか?」
また違う方に質問されます。
「命があと3年と言われたら、あなたは何をしますか?」

もちろん、寝たきりの状態ではなく活動できる状態でのことです。
さあ、どうでしょう。
私も何点か頭をよぎります。

あと余命3日と言われたら…。

美味しい物を食べて(満漢全席みたいな…フォアグラ三昧みたいな、とか…)
夢の国(TDRとか、近くなったUSJ)で3日間暮らすとか。
3日間ずっと海の上(海上筏で釣りをしながら空を眺めてる?)。

あと余命3ヵ月と言われたら…。

旅行に行くかな?ブロ友のAGAさんのいるフィリピンとか。
韓国ドラマで観たところを全部周るとか。
そうだソウルメイト(韓国のソウルではありません、魂の兄弟のことです)の故郷(先日SMSが来ました。メールが嫌いなのを知っているのでSMS)、現在朝ドラで放映されている三陸沿岸で、温泉浸かって湯治、毎日ウニを食べながら魚釣りだな。
以前暮らした別府で湯治もいいな。

そして余命3年と言われたら…。

それは…誰だって当てはまるのだろうけど…ありえる事実だな。

そして、質問された方が答えたのかな?
「仕事をする」
「あと3年と言われたら、それは日常なんですよ」
と先生が言いました。

私の今の日常。
夫の食事を作り、家事をする。
空いた時間でPCに向かい、本を読む。
息子を一応心配し、母親に気を使う。
猫の世話をする、猫の癒される。
平穏な生活なんだな。

要するに、長らく命を生かすというのは、非日常ではなく、日常のこと。
ああ、これで良いのかと思ってしまった。

勿論会場にいた多くの人が聞き、心に残ることは別のところにあったはずです。
そうです、脂肪と糖質のお話しだったのですから。

でも私はこの3つの事実の確認ができた…とういうところに、とても満足してしまったのです。

本筋の脂肪燃焼できるからだ作り。
…一日一食かあ、できるかなあ~???(2回も聞いているし)

以上は私の思いで書いています。
南雲先生の言わんとするところは、どうか講演会に行かれる、書籍を読むなりしていただけたらと思います。

以下の写真は今回のプレゼント。
140.jpg
『あじかん』さんのごぼう茶…もだけど、チョコとかスープとかドリンク?とかできたのね。

ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます
にほんブログ村 病気ブログ 乳がん ステージ3・4へにほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ人気ブログランキングへ

コメント欄を閉じます

最近、病気に関するブログ記事を書いていません。
実は極力控えていました。

実は営業目的のコメントが数件ありました。
数件なのだから、ほおっておいてスパムとして報告すれば良いことなのです。
そうなのですが…。

まともなコメンターさんにも、返答がまともにできない…いえしているつもりですが…。
どうもうがった気持ちが頭をよぎるようになりました。

理由はあります。
ガンの症状が思ったより改善してこないのです。
思ったようにいかない現実に戸惑っている今日この頃です。

しかしながら、改善しないというのはガン患者にとっては決して悲観される状態ではありません。
ガンにとっては進行が一番いけないのは誰しも判りますよね。

でも、停滞というか安定というのも悪い状態ではありません。

東京に居た頃の主治医がAC療法の結果の際に「大きくなっていないというのは薬が奏効したのだよ」と言って励ましてくれたことを思い出します。

現在の徳島の病院の愛すべき主治医は先日LongSD(stable disease)(長く安定した疾患)と言っていました。
このLongSDを続けていくことも、大切なことなのだと伝えてくれました。

ですので、悲観する必要はまったくないのです。
でも転移ガンを持っている患者はやっぱり不安な気持ちを抱えながら、咳一つでも不安がよぎるというのが本当のところではないでしょうかねえ。

ちょっとした気持ちのブレを、他愛ないコメント欄の文章で増幅させたくないわけです。

ブログはインターネットの世界でも最も自分の心の内のことです。
情報サイトとはまるで正反対のものですよね。
facebookやTwitter、SNSの情報共有サイトはもう少し社会性がありますので、相互間のある程度の会話があっても良いし、情報交流があって当然です。

ですがブログは半日記であるし、半自分史です。
自分の事、自分の心の内を、自分と共感する人に、たまたまブログを開けた人に、それとなく見てほしいと思っている程度のものだと思うのですけど。
要するに、書いた人本人のことなのです。
ブログの実権は書いた人にあるのです。
これはブログの世界では不可侵だと思うのですけど。

コメンターの考えと違うこともあるでしょう。
そういうこともあります。
ですが、ブログの内容は書いた人のものです。

たとえばフィクションを書いていたとしても、それはブロガーの責任において書いているのですよね。
(まあ、書いた内容が社会的に問題がある場合は別ですけど)

そこにコメントを使って自分の意見を押し付けようとする人がいるのは、いかがなものかなあ。

メール代わりに使われるのも…これもどうしたらよいのでしょうねえ。
このことは、まったく意味不明です。

メールは完全に自分の私生活ですよね。
子供がいたり、主人がいたり、子供がどこに住んでいて、親はどこで元気に暮らしている。
そういう事をたかが矮小ブログであっても、全世界に配信しているわけです。
そこに載せるなんて無用心すぎますよね。

メールといえば、こんなことがありました。
私が発病した頃のことです。
大学生時代とても仲良くしていた友人がいました。
毎日、口が開きっぱなしで笑いまくるほど、楽しい4年間を過ごしました。

彼女はどこかで、私が病気をしたということを知ったのでしょう。
もちろん知ることくらい簡単です。
shinnriko=本名。
これだけ長年ブログをしていれば検索すれば出てきますもの。

それからが大変でした。
最初は3日おき、その後1週間おきくらいにメールが来ます。
内容は…大丈夫?心配してる!そんなところだったかな?
家が近ければお茶を飲みに行ったり、たまにはホームパーティーなどもできたでしょうね。
もしかしたら、昔の親交を取り戻したかもしれません。
しかし家は友人は関西、私は東京に住んでいます。
手助けしていただけるような距離ではないですね。
それに何十年も音沙汰なかった友人です。
どういう暮らしをしてきたのか想像するくらいしかできません。
メールの内容はしまいにはガンに良い食事がどうの、こんなものは食べたらタブーだとか。

心配してくれているのは判ります。
ですが、とうとう耐えられなくなってきました。
最初は身内に乳がん患者がいてアドバイスしてくれているのかな?と思っていたのですが、どうやら、検索サイト丸コピペだったみたいです。
それも旦那が検索して、彼女がメールして…みたいな、夫婦共同作業。
ありがたいのでしょうけど、いちいち返信する私の身になってみてください。
その頃はちょうどAC療法の真っ只中、一日の半分はソファーに座っている状態の中で、コピペメールに対する返事をしなくてはなりません。
その頃は私もガラケーだったものだから、文字盤を押す作業、それはそれはしんどかった。

何十年も音信不通だった友人が、死に至るような病気だと判ってから息を吹き返したようなメール攻め。
そういうのも感謝しないといけなかったのでしょうかねえ。
それ以来、メールは嫌いになりました。

さて、コメント欄に戻ります。
心配してくださる方々の思いも重々承知のつもりです。
ですがブログぐらい自由に書かせてください。

これからの私の気持ちとしては完全奏効なのですが、Long stable diseaseということもあります。
転移乳がん持ちです。
ひと昔前なら余命何ヶ月と言われるような乳がんです。
もっと悪くなる可能性だってあります。
それでも淡々とブログに向き合っていきたいと思っています。

どうか静かに見守っていただきたいと思います。

このブログとは反対に、釣りのブログは楽しいことばかりです。
コメントはそちらに。
どうかそちらに楽しいコメントを載せてください。

もっともインターネット上で友人関係を持ちたいと思う方はfacebookに「ブログを見て友達申請」と伝えてくだされば、承認させていただきます。

ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます
にほんブログ村 病気ブログ 乳がん ステージ3・4へにほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

今朝、淡路島で地震でした

今朝方、淡路島で地震がありました。
被害が出た地域の方にお見舞い申し上げます。

淡路、徳島ではひさしぶりの地震です。

shinnrikoが住んでいる吉野川市川島の震度は3でした。
本日も今までと変わらず穏やかな日差しが降り注いでいます。
001_20130413140516.jpg

東京で暮らしていた時にはこの程度の地震は日常茶飯事でしたので、私どもは何ともありません。
ただ、鳴門以北、淡路島では相当に揺れたらしいです。

とりいそぎ、ご報告まで。

ハピラキの兄弟は博士君

先日、一通のメールをいただきました。
先日といっても、もう10日ばかり経ってしまったので、ずいぶん経ちます。

最近の私ときたら、何かと忙しい気分になっています。
何が忙しいか良く判らないのですが…(いえ本当は判っているのですが…よく判らないことを言っています)。

さて、どういうメールかというと以下のメールです。
(個人名の部分は削除か偽名です)
hakase-kun-1-2.jpg
ポロン亭でtさんに猫を譲っていただいた、中央線沿いに住むM(Mさんとさせてください)と申します。
うちに居る子は博士(はかせ)という名前の雄猫です。
2011年の12月にうちに来ました。
ハピちゃんとラキちゃんと兄弟です。
元気でのびのびと良い子に育っています。
当たり前ですが、ハピちゃんとラキちゃんと顔がそっくりで、ブログの写真を拝見させて頂くたびに嬉しくなります。
もしよろしければ博士の写真もお送りします。
一度、お礼の気持ちをご連絡したかったので突然の一方的なメールになってしまいましたが、本当にありがとうございました。

こちらこそ、ありがとうございます。
思ってもみなかったハピラキの兄弟の行方が判りました。
もちろん保護親のtさんに聞けば判るのですが、写真までいただくわけにはいきません。
博士君は元気で育ってくれているということです。
元気で育っていてくれていることに心が温かくなりました。

本当に嬉しかったのですが、すみません、ブログに載せるのがとっても遅くなってしまいました。

ハピラキの兄弟は7匹だと聞いています。
一昨年(2010年)8月に新宿歌舞伎町のKビルで子猫達は鳴いていました。
見かねたビルのオーナーさんから保護猫のボランティアグループに連絡が入ったということです。
ボランティアのtさん達は西武新宿線の新宿駅から杉並区のある駅まで子猫達を運びました。
そして、子猫達は獣医さんの診察を受け、必要な予防接種をされてから、元祖猫カフェのポロン亭で人間に慣れるように、店のオーナーの洋子さんにしばらくの間、面倒をみてもらっていました。
その中に、ハピと博士君と何匹かの兄弟がいました。

博士君は12月にMさんのお宅に里子に行きました。
ハピ(その頃はウタちゃんと呼ばれていました)も12月に我が家に来ました。

ラキはお腹の調子が悪く、tさんのおうちで暮らしていました。
その後、お腹の調子も良くなったということで、里親に出されることになった、ということです。

そして、ラキ(その頃はBちゃんと呼ばれていました)は我が家に2月に来ました。

hakase-kun-4-2.jpg
上の写真の博士君、ハピラキによく似ていますね。
男の子ですがラキよりもずっと品が良い感じです。
体重は現在5.2kgで大きいとMさんはメールに書いておられましたが、ラキの方が相当オデブです。
ラキは先日の下痢から回復し、体重が増え続けています。
ハピちゃんは、お嬢さんですので、体重管理はできているのかな?(飼い主はできないのに)

hakase-kun-3-2.jpg hakase-kun-2-2.jpg 
きゃは、博士君、芸達者ですね。
ハピラキはこんな風に立ッチはできません。

hakase-kun-5-2.jpg
こんな姿はハピラキにそっくりです。
思わずお腹を撫でたくなりますね。

他の兄弟達も元気でいてくれたら良いですね。

133hapiraki-2.jpg
我が家のハピラキです。
なんか…オデブです。
お腹こわした時がウソのようです。

生後、1年8ヶ月
博士君の体重 5.2kg
ハピの体重   4.6kg
ラキの体重   5.5kg

【ポロン亭からメールをいただきました】

隔月刊『猫びより』に連載されている『看板猫のいるお店』
一志 敦子さんの立体図解が、単行本になりました。
辰巳出版:\1400+税
ポロン亭が載ってます。
表紙カバーにラビ♂やポロン亭が、描かれていて…、唯一犬のブン太も登場しています。

他にも、素敵な猫のいるお店がたくさん載っています。
是非、買ってみて下さいね。
または、ポロン亭まで来て、見て下さい。

猫びよりのブログは→コチラ
猫びよりのfacebookは→コチラ

ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます 
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへにほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。