猫の額ほどの話 

猫好きshinnriko(シンリー)です。昨年より乳がん治療中です。術前抗がん剤を経て手術療法、そして再手術。転居後、大学病院で放射線治療を終え、1年3ヶ月のハーセプチン+タキソール治療。最近(2014年初夏)転移と思われていた肺の一部切除しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日曇り、美談の非常識

本日、東京は曇り。
東京マラソンが行われていますが、杉並の住宅街までは、ヘリコプターの音すらしません。
こういった曇りの日は、とても静か。
いつもなら車のクラクションや救急車のサイレンが煩いのに。

曇りの日はshinnrikoの片頭痛の日と決まっております。
体の節々も痛いような。
そして、大いなる選択ミス。

今日はゆったりと過ごしましょう。
膝の上に湯たんぽをおいて、カフェ・オレを飲みながら、撮り貯めた映画を観ることにしました。

選択した映画が悪かったの、この映画をわざわざ観ることもなかったのに、最後まで観てしまいました。
バカよね、私って・・・。

自分がガンではなかったら、最近友人が大腸ガンと判ったとか、そんなことがなかったら、とても良い映画だと思う。
でも最後まで観てしまった、私。
どこかで、自分が当事者なのに、他人事だとでも思っていたのか。

映画『僕と妻の1778の物語
誠実で不器用な夫とそんな夫の一番の理解者の妻。
妻は余命1年と言われ、夫は妻の為に、免疫力が上がるような物語を毎日書こうと決意する。
物語の中身はSFショートショートとファンタジック。
毎日物語は綴られ、5年の時が過ぎ行くが、妻の病状は日一日と悪くなっていく。

美しいお話、でもね、またもや、余命もの。

1年が5年に生存期間が延びたとはいえ、結局死んでしまうのね。
死ぬことが美談の映画はもう、作ってほしくないとつくづく思います。

何十年前ならいざ知らず、ガンを克服している人は数限りなくいるにちがいないのに、懸命に克服した人は美談にならないのかしらね。

『ガンは治るもの』という常識が世の中に浸透するのはまだ先のことなのでしょうか。

ガン=余命、こんなもの・・・非常識になる日は近いと思うわ!

ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

Re: NO TITLE

>チャーミー6さん

 今日は晴れているので、偏頭痛はナシです。

 ようするに、能天気な晴れ女なのよ。
 (ちなみにはるか昔に親知らず・・・ないです。歯は老人です)

 がんサバイバーって言葉は勇ましいけど、ブログ書いている人はみんなそうですよね。
 
 世間の偏見とっても多いような気がします。
 
 とにかく・・・明るく元気なところ見せちゃいましょう。
 チャーミー6さんのブログ名そのままですね。

Re: おかえりなさい~

>ここ美さん

 元気で戻ってきてくれてよかった~。
 痛みはないのですか?
 
 リンパ郭清って何だか怖そうだけど。
 ここ美さんのコメでは大丈夫そう。

 でも無理しないようにしてくださいね。

NO TITLE

こんにちは、偏頭痛大丈夫ですか?
つらいですよね~

私は親知らずを全部抜いてからほとんどなくなりましたよ~
って前に書いたかも?ごめんね・・・同じ事言ってたら・・・

がんサバイバーの方も増えてますもんね
私たちも頑張りましょうね~

ただいま~

手術も無事終り 元気で戻ってきました^^
不安もいっぱいあって怖かったけど あっという間の1週間でした。

傷口は痛みがないんだけど リンパ郭清してるのでなんか違和感ある感じ。。。
でも元気です^^

暖かくなるころ今度はshinnrikoさんですよw
偏頭痛あるみたいだけど 大丈夫??
副作用もまだまだあるけど 負けないでね~

PS.ラキちゃん無事手術終ってよかったです^^

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。