猫の額ほどの話 

猫好きshinnriko(シンリー)です。昨年より乳がん治療中です。術前抗がん剤を経て手術療法、そして再手術。転居後、大学病院で放射線治療を終え、1年3ヶ月のハーセプチン+タキソール治療。最近(2014年初夏)転移と思われていた肺の一部切除しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静脈注射 看護師さんの苦手意識

本日ハーセプチン+タキソール4クール目の2回目、あと一回で抗がん剤治療が終了します。

診察を終えて、抗がん剤治療をする部屋に行くと、もう点滴棒が用意されていました。

トイレを済まして部屋に戻ると、いつものように担当看護師さんの姫宮さん(仮称)が笑顔で待っていてくれています。

ベッドに寝て、看護師さんが静かに静脈に点滴の針を刺して、抗がん剤治療が始まります。

ですが・・・shinnrikoの抗がん剤治療はこの時点が山場なんです。
まだ始まらないのに・・・です。

以前に記事にした『静脈注射がはいらない
未だにこれです。

この頃はタキソールの影響か、全身総浮腫み状態なので、以前より状態は悪くなっている???のかな?

shinnrikoを担当している看護師さんは姫宮さん(仮称)といいます。
背が高くて、親切で、博識で、猫好きで、一生懸命にshinnriko話を聞いてくれます。

ただ、最近どうもお悩みになっているらしい。
抗がん剤の治療の担当看護師は彼女らしいのですが、数ある患者さんのなかで、ただ1人、shinnrikoの腕には、どうしても針が入らないらしい。

shinnrikoの腕、赤ちゃんと一緒らしい

以前はちゃんと姫宮さんがやってくれて静脈に入っていたのですよ。
ところが、AC療法の3回目くらいだったでしょうか。

主治医にポートの話をした時に、「ポートをしなくても大丈夫ですよ、ちゃんと血管が見えていますから」
と言われたあたりだったでしょうか、それとは全然無関係なのかもしれませんが、その頃あたりからどうも苦手意識がでてきているのか、やる気をなくしたのか、ストレートにやりたくないのか、少し量りかねるところがあります。

でも。一応は先輩の意見を聞いて行っているようで、腕を温めてみます、静脈を指で触ってみます。
・・・どうも探れない様子が側でみていても判ります。

長い間針を刺す箇所を決めかねて、それでも意を決して刺してみます。
そのあと、何度か針を上下させてみますが、針と反対側の管が刺さる部分には血の一滴も出ません。
・・・失敗です。

「先輩を呼んできます」と早々に去ってしまいます。
以前ACの時には、それでももう一度挑戦していたみたいですが、最近では最初から諦めているとしか思えませんねえ。

いつも一緒にいる非常勤の看護師さんであり、元師長さんだった藤原さん(仮称です)が昨日は登場。
その前は、病棟にいる師長さんがピンチヒッターでやってきていました。

016use20120323.jpg藤原さんはちょっと腕を握り、「手首の痛い所でもいいかなあ」、と言われます。
「どこでもいいですよ」と必ず言うのですが、前回失敗した箇所がまだ疼いているところは困ります。
でもまあ、いいか・・・。

藤原さん(仮称)、何の悩みもなく、手首の親指側にブスっと刺して一回目で成功。
先週の師長さんも手の外側にブスっと刺して一回目で成功。

他の人だと悩みながらも静脈に入ってくれるのに、どうしてでしょうね。

完全に苦手意識が出てしまいましたか。

shinnrikoはおりこうな患者さんだと思っていたのですが、どうも意に反して悩ましてしまっていますね。

ネットで血管が浮き出る方法と調べたら、浮き出る方法どころか血管を浮き出ない方法の方が多い。
腕はしっとりと、血管など浮き出ない方がしなやかで美しいらしい。

ところが、静脈注射はそうではないのよ、浮き出てくれないと、ホント看護師さんが苦労します。

015use20120323 -2赤ちゃんなどで、血管が浮き出ないとき、ニギニギ運動をさせれば良いらしいです。
shinnrikoも明日から、何と・・・ニギニギ運動をすることを決意。
それと、昔、買った、棒状のものを振り回して、肘から指にかけての筋肉を鍛えることにします。

今からでは遅いかなあ。

人間、ダメだと思うと、恐れに似た感情が生まれてくるのかもしれません。ましてや、人の体です。
彼女は攻められません。

ただ、姫宮さん(仮称)が言うところによると、
「なぜ、ポートがガンのガイドラインにならないのかしら・・・有明の癌研では全員ポートをするのに」
どうもこのへんに拘りがあるように思えます。

それでも先輩達は針を静脈に入れられるのよね。

shinnrikoがセカンドオピニオンの後、癌研に行くような人だったら、・・・たぶんここの病院は選ばなかったと思いますよ。

なぜなら、人間らしく扱ってもらいたかったから、主治医の無駄なことはしない主義が気に入っているのだけど。

癌研のように、患者さんが多いところはそれはいたし方ないように思えますけどね。
もちろん、主治医がポートをしようと言えば、shinnrikoは甘んじて従うのみです。

はやく心の曇りを早く解いてもらいたいな・・・と思うの。
そうしたら、一段成長されることだと思います。
ポートをしていない患者さんには静脈注射はできません。
なんていう看護師さんが増えたら恐ろしいな。

どんな仕事でもそうですが、安易に逃げようとすれば、その人の技量はそこまででしょうね。

ポートというのは埋め込み型の血管カテーテルのことです。
鎖骨より少し下の胸部の皮膚の下に埋め込まれ、カテーテルの先端は治療に適した血管内に留置されます。

shinnrikoの術前ハーセプチン+タキソールはあと1回です。

【本日の医療費】(3割負担)
病院に抗がん剤治療費(ハーセプチン+タキソール)、その他=30,730円
薬局に薬代(胃薬、利尿剤、眠剤、その他)=1490円

ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます 

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 
 にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへにほんブログ村 猫ブログへ
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

Re: こんばんは♪ 

>たんぽぽの歌さん

 きてくださって、とっても嬉しいです。
 ゴメンナサイ!!!よく読んだら、1960年代生まれって書いてあります。
 
 shinnrikoは恥ずかしながらアラフィフですもん。
 年はとってても、若いつもりでいますので、これからもよろしくお付き合いください。

 shinnrikoは乳がんが右にあるので、左手ばかりしているの。
 (これは主治医は術前なのでどちらでも良いといっていた・・・と思う)
 左手は何回か青あざになりましたが、クリームを付けてマッサージしているので、一週間後にはスベスベ。

 あと一回で術前は終わりますが、その後もあるしね。
 微妙だなあ。

 あ・・・それから、ブログをリンクさせてくださいね。
 拙ブログもよかったら、リンクしていただけると嬉しいです。

チャーミー6さん

>チャーミー6さん

 もうすぐなのに、来てくれてありがとうございます。

 担当ナースさんは、良い人なんだけど、何か考えがあるのかなあ、という感じがします。
 プロテスタントのアメリカ人が多い病院なので、アチャラではそう(ポートなど)しているはず・・・。
 なんて考えているのかもしれません。

 実際は判りませんけど。
 
 いつもずっとお話するのですよ。
 それも良いこともあって、先生に伝え忘れたことも、ちゃんと伝えてくれるしね。
 小さい病院の良さはでていると思います。

こんばんは♪ 

遊びにきました。

私もがんセンターなので、いつも人が違います。
ゆっくり話しは出来ませんが、親切な人が多いような気がします。

私の場合、右は入りやすくて、左は入りにくい?
そんな感じがします。
今回左と言われたので、嫌な予感がしたのですが、
やっぱり内出血で青くなりました。

へたな人は痛いですねー(^_^;)
読んでいて怖くて、ゾワゾワしてしまいました。
後1回なんですね。すんなり入りますように(o`・ω・)o

NO TITLE

担当ナースさんが注射苦手では困りますよね~
うちはがんセンターなので、ナースさんも多くて
毎回違う人・・・
親しくお話なんか出来ないです

へたくそな方だと刺した瞬間にわかりますよね・・・

あと1回なんですね~
ゴール見えてきましたね

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

■まとめteみた.【静脈注射 看護師さんの苦手意識】

本日ハーセプチン タキソール4クール目の2回目、あと一回で抗がん剤治療が終了します。診察を終えて、抗がん剤治療をする部屋に行くと、もう点滴棒が用意されていました。トイレを済まして部屋に戻ると、いつものように担当看護師さんの姫宮さん(仮称)が笑顔で待ってい?...
2012/03/29(木) 15:53:23 | まとめwoネタ速suru
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。