猫の額ほどの話 

猫好きshinnriko(シンリー)です。昨年より乳がん治療中です。術前抗がん剤を経て手術療法、そして再手術。転居後、大学病院で放射線治療を終え、1年3ヶ月のハーセプチン+タキソール治療。最近(2014年初夏)転移と思われていた肺の一部切除しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハーセプチン単独、3回目

本日、ハーセプチン単独の3回目です。

3週間毎の点滴になってから、病院とちょっと距離がある感じがしてきました(歩いて10分ですが…イエイエ気持ちの上でのことですよ)。

久しぶりに病院に着くと、壁に貼られた聖書の言葉、こういう真理の言霊があると救われますよ。

いつものように、血液検査を済ませます。
今日はいつも採血をしてくれる、おじさんの看護師さんはいないのね、聞いたらお休みだって、若い看護師さんだったので、少し緊張(shinnrikoの腕は難しいのよ、今日は特に浮腫んでいます)。

診察室の前のベンチに座ると、いつも抗がん剤を打ちに来ておられる年配のご婦人がおられます。
お声をかけると、うれしそうに返事をしてくださった。
お帽子を被った耳の後ろから薄く短い髪の毛が見えています。
たぶん毎週毎のタキソールをしておられるのだと思います。
70過ぎの華奢なお体ですが、タキソールの影響も少ないのでしょう、矍鑠たる足取りです。

血液検査から、診察まで小1時間ありますので、お話してくださる方がおられると暇な時間を持て余さなくてもよいので助かります。
お互いにそういう気持ちなのでしょう。

主治医が同じですが、ご婦人の話される主治医は、何というか言葉は微妙ですが、まるで恋人のことを話されるみたいにほほえましくお話されます。

いくつになっても、こういう笑顔は良いものです。
ご婦人は70を越えておられるので、主治医との年の差30歳!!。
ご主人も亡くされて、娘さんが面倒をみてくださっています。
こういう気持ちはいくつになっても女を若返りさせるのですよ(免疫力もアップですよ)。

話は元へ。
shinnrikoが診察室に呼ばれると、いつものように、主治医の同じ言葉。
主治医「前回からどうでしたか?」
shinnriko「極めて元気にすごさせていただいていますよ」
主治医「その言葉だけで大丈夫だなあ」

あちこち痛いですけどね。
もう、言わないことにしました。
たぶん、ガンのせいではないですから…ということは年のせいですよ。

048use20120531.jpg私の治療のこれからを聞いてみたところ、今のところ、この単独のハーセプチンをあと7ヵ月するのみです。
カウントするとあと10回。

昨年12月22日から、週毎のハーセプチンとタキソールが始まりましたので、それから丸1年。
『一年間続けてハーセプチンをする』というのが標準治療だそうです。
HER2強陽性の私にとって、ハーセプチンは命の綱。
薬剤もお高いし、有効に効いてくれと祈っちゃいますよ。

主治医曰く、「ハーセプチンはshinnrikoさんにはとても効いてくれている薬なので、このまま続行します」ということ。

そして主治医の言葉が続きます。
完全にCT画像でなくなっていると049_20120601171625.jpgしても、病理の検査をすると2/3の人はガンが残っているということ。
1/3の人が完全に消失だということ。

「12月になってから検査をします」
ということは、あと7ヵ月もあるの?

shinnriko「それまでは検査をしないの?大丈夫なのかなあ」と聞いたら、
主治医「自分で常に触って確かめておいて、異常があったら、検査をします」

エッ!!!自分でするのかあ。
そんなものなのね。

楽観主義の主治医だから、そうなのか。
それが標準的なのか。
よく判らないです。まあ、恐怖を植えつけられるよりいいとするか。

しばらく触りもしない夫にやらせるとしますか…ウフ。

次回は3週間後なので、shinnrikoさんのことを忘れないでくださいね。
と言い含めておきました。

そして、いつものように(特に今日は浮腫んでいる気がする)入りにくい血管に看護師さん達がご奮闘くださいまして、3回しか刺されなくて…良かったこと。 
  
ただ、いつも一回で成功される看護師長さんですが、本日苦戦。
それでも2回目で見事成功。
最初に試みてくれた看護師さんと「こんなところに血管があったのかあ」と、師長さんの技量にしばし見とれました。
それほど血管が埋没している。

右上の写真は薬剤を正確に落とす輸液ポンプ。
輸液250mlを一時間で落とします。

昼ご飯は病院のベジタリアン食をさきほど話していた御夫人といただきました。
蛋白質、大豆食品と卵ののみです。
あとは野菜と七分つき米。
053_20120601171625.jpg 
前回いただいたときよりも時間が早かったのでしょう、病院職員の方がたくさんおられました。
窓際の席が空いていたので、そこに座りました。

ふと後ろを振り返ると、主治医が昼食をとっています。
御夫人のお顔に笑みがこぼれました。

さっき、診察室では真剣に話していたのに、こうやって食堂で偶然に会うと、少々照れます。

「健康に良い昼食でいいですね」と話すと、
「毎日こればかりだと、最初はストレスでしたよ。最近は慣れましたけど」だって。

この精進料理、たまに食べると、薄味で美味しいですけどね。
若い先生方にはこたえるのでしょうかね。

【薬剤】
ハーセプチン150mg×2本
カイトリル(吐き気止め)

【本日の医療費】(3割負担)
病院に分子標的ハーセプチン、その他=36,880円
薬局に薬代(ビタミン剤等)=4,780円

ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 

 
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

Re: こんにちは

>しむさん

 こんにちは、これからもよろしくお願いします。

 私の主治医ではないですが、「抗がん剤をすると、グッと小さくなるからね~」です。
 たぶん私も手術をするはずです。
 お互いに、小さくなる、または無くなるように祈りましょうね。

Re: こんにちはーヽ(o^─^o)

>たんぽぽの詩さん

 早く細胞まできれいになってほしいですね。

 病院職員ではなく一般の人が食べると800円するのですよ。
 病院の食堂にしては高いでしょ。

 健康には良いとしても、
 先生方はたまにはこってりラーメンとか食べたいのかもしれません。

 私にはラーメンは毒ですけどね。
 
 七ヶ月、長いけどきばります。

こんにちは

私も4月からハーセプチンとドセタキセルの3週間に1度の点滴治療をしています。
私の腫瘍は大きすぎて、抗がん剤治療後、手術するそうです。
肺と胸骨にも転移しています。
よろしくお願いします。

こんにちはーヽ(o^─^o)

ハーセプチン効いているんですね。
よかったです。
死滅して欲しいですねー。

ところで食事がいいですね。
こういうの毎日作ってくれる人がいたらな・・。
私近くにこの病院があったら、通っちゃいそうです。
一人の昼ごはんとか面倒な日もあります。
その内にどんどん崩れてきそうですわー(^_^;)

後7ヶ月ファイトです。

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

■まとめtyaiました【ハーセプチン単独、3回目】

本日、ハーセプチン単独の3回目です。 3週間毎の点滴になってから、病院とちょっと距離がある感じがしてきました(歩いて10分ですが…イエイエ気持ちの上でのことですよ)。 久しぶりに病院に着くと、壁に貼られた聖書の言葉、こういう真理の言霊があると救われますよ。 ?...
2012/06/01(金) 19:03:14 | まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。