猫の額ほどの話 

猫好きshinnriko(シンリー)です。昨年より乳がん治療中です。術前抗がん剤を経て手術療法、そして再手術。転居後、大学病院で放射線治療を終え、1年3ヶ月のハーセプチン+タキソール治療。最近(2014年初夏)転移と思われていた肺の一部切除しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カユイのに対抗できる食事

一昨日、風光明媚な場所に行って、うかつにもブヨに噛まれた我が家。

昨日、一昨日と痒さで眠りが浅いです。
気がついたらボリボリと掻いています。

お風呂は浸かりません。
痒みが増しますので、シャワーオンリーです。

そうなると免疫細胞は低下しっぱなし?
そんなことは許しません。
何とかしなくては…。
ということで、昨日の我が家の晩御飯はインドカレー。
012cook20120630.jpg 
ヒヨコマメとズッキーニのベジタリアンインドカレーです。

体が痒い時には辛いものを食べて気をそらせる???
ブヨが嫌がるミントの葉を添えました。
といっても、人間の生活する所にはブヨはいませんが。

我が家はこのカレーをよく作ります。
大概豆を入れますが、野菜だけの時もあります。
P1003251.jpg 

時にはタンドリーチキンも添えます。
この時には、ナンも焼いてみました。
P1000493.jpg 

あっさりして、美味しいカレーです。



このカレーはインドのブッダガヤにいる日本人のIさんに教えてもらいました。
Iさんはホテル経営をしていたインドの方と結婚された京都出身の方です。

現地の貧しい子供達の為に学校を作りました。
成績優秀な子供を連れて日本に来る機会がありました。
縁あってshinnrikoは1週間子供達のカレーを作らせていただくことになりました。

子供達は宗教の違う家に育っているために、原則ベジタリアンの食材を使ってくださいとの要望がありましたので、3食1週間分カレーは全て野菜を使いました。

その時にベースとなる味をIさんから教えてもらったのです。
詳しくは別の機会にブログ記事にしてご紹介します。

ブッダガヤのホテルマハマヤブッダガヤのHPはコチラです。
子供達のHPはコチラです。


そういう事情で、その時に覚えたインドカレーが我が家の食卓に並ぶようになったのです。
猛暑の日にはこのカレーが体をシャキッとさせてくれます。

こんな痒い状態に陥ったときにもこのカレーはピッタリでしょ。
ベースはニンニク、生姜、玉ねぎ、トマト、カレー粉です。
日本のカレー粉は優秀な調味料らしいです。
複雑なハーブを混ぜる必要はありません。

免疫力が上がる食材ばかりです。

レシピをお知りになりたい方はコメをください。
猫の家の料理』でご紹介します。

ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ


スポンサーサイト

*** COMMENT ***

AGAさん

>AGAさん

おいしそうなカレーでしょ。
フィリピンも暑いので作ってくださいね。
子供達と一緒にインドの記者が来たんですが、せっかく京のおばんざいを出したのに、塩をスプーンに山盛り入れられてしまいました。
インド人は辛くてショッパイのがお好きみたいです。

NO TITLE

知らんかった。。。。

今晩は、ボンカレ~~~~にしようかな????

世の中、知らないことだらけのAGAです。

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。