猫の額ほどの話 

猫好きshinnriko(シンリー)です。昨年より乳がん治療中です。術前抗がん剤を経て手術療法、そして再手術。転居後、大学病院で放射線治療を終え、1年3ヶ月のハーセプチン+タキソール治療。最近(2014年初夏)転移と思われていた肺の一部切除しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

16人に1人・・・6人目の話

16人に1人、女性の乳がんになる人の割合です。

本日は16人に1人の6人目の話を書きます。

私が知り合った乳がんの女性達の話です。

彼女とは夫の赴任先の栃木で知り合いました。
当事仕事を探していた私は学習塾経営をされている人とたまたまご一緒する機会があり、話をするうちに経営されている学習塾で働くことになりました。
彼女はそこで英語を教えていました。

彼女には子供がいませんでしたので、何年経っても、少女のような可憐さを残しているような人でした。
たぶんこの先何才になっても可憐さは失わない人なのだろうと思います。

彼女のご主人も、年齢よりもずっと若く見える方でした。
ご夫婦共にお洒落で、グルメで、いろいろな知識も豊富で、都会的なセンスを持ちあわせていました。
子供がいない夫婦というのはそんなものかと、若く見える二人を羨ましく見ていました。

彼女が病気をしたという話は4、5年前に聞きました。
どういう病気かはその時には判りませんでしたが、手術をしてから、相当な薬剤を体に入れて弱っているというような話を聞きました。

その後伊豆の断食を取り入れているサナトリウムで1週間か10日をかけて体内の毒素を取り除くために入院をしました。
入院といってもリゾートホテルのような感覚で泊れる施設です。
病院?ではなく宿泊施設なのかもしれません。
先生は病気にかかって免疫に興味を持った人なら誰でも知っているI先生です。
テレビや雑誌、御著書が多数ですので、ご存知の方も多いと思います。
基本は断食なのですが、にんじんリンゴジュース、生姜紅茶、黒砂糖などは摂取できるようです。
治療が進むと、だんだんとお粥が食べられるようなメニューになっていきます。

断食をして、どのような体の変化があったのか、詳しく聞いていないのですが、入院・治療中に体に入れられた毒を除きたかったのだということを話していました。

私も来年治療がひと段落したら、サナトリウムに行ってみたいと思っています。

昨年、彼女と何年かぶりに話しました。
たぶん彼女の病気は乳がんだったのではないかと、うすうす感じていましたので、私が乳がんになった話をすると、最初は驚いた様子でしたが、自分も乳がんだったと明かしてくれました。

私は抗がん剤AC療法が済んでタキソールハーセプチンを始める頃で、手術はしていないということに、少々疑問があったようでした。

分子標的薬のガン治療薬があり、ガン細胞だけを攻撃して、他の健全な細胞に害を与えないという薬が今は保険治療でできるのですよ」
「それがハーセプチンなのですよ」
と説明すると、まるで、我身のことのように喜んでいる様子が判りました。
彼女の言葉でいうと、
「ステキ!!」です。

新しいものに敏感で、頭の良い人ですので、彼女の乳がんがHer2陽性であるなら、当然知っていたでしょう。
ただ術後補助療法が認可になったのが2008年のことなので、彼女の手術後のことです。
本当に知らなかったのかもしれません。

自分の体に入った毒をすべて洗い流したいと思う抗がん剤。
抗がん剤をしないでハーセプチンだけなら、どんなに楽でしょう。
ハーセプチンは髪の毛も落ちませんし、口内炎もありません。
ですが、副作用は全くないわけではなく、発熱、悪寒、まれに心臓にダメージがある。
と言われています。
それも、ほんの僅かで他の抗がん剤とは比べ物にならないくらい楽なものです。
ただ単独では保険治療はできません。
標準治療では他の抗がん剤の後にハーセプチンの単体もしくは併用で接種されます。
私がACの後、ハーセプチン+タキソールその後、ハーセプチン単独のようにです。

すでにハーセプチン認可後いろいろな分子標的薬が認可されています。
抗がん剤と併用で使用しなくてもよい薬が標準治療となる時代も来るかもしれません。

抗がん剤は体の細胞にくまなく作用します。
毒と思えるほどに、強烈に。
それでも最近は吐き気止めの強力な薬を飲みますので、以前のような負担感は少なくなってはいますが…。

毒を入れないと生きられないという人が大勢います。
それが命綱だからです。
副作用がどうの、と言っていられない場合もあります。

でも毒と言われればどう見ても毒です。
毒を流したい気持ち、本当に判ります。
抗がん剤をした人なら、判る気持ちです。

【16人に1人…他の話】
16人に1人…1人目の話
16人に1人…2人目の話
16人に1人…3人目の話
16人に1人…4人目の話
16人に1人…5人目の話

ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

*** COMMENT ***

トリテンさん

>トリテンさん

 今は二人に一人がガンで亡くなる時代です。
 他人事ではない時代だと思います。
 それには、もっと情報がほしいところですね。

 私の父親は13年前に大腸がんで亡くなりましたが、その時の治療法とは本当に違います。
 お金はかかりますが、それでも、政府がどうのと言っても、日本は他の国より社会保障制度が充実しています。
 安心して最良の治療をしていきたいですね。
 ガンは不治の病で無くなる過渡期にあります。
 

NO TITLE

医療は日進月歩ですね。
従姉が亡くなったのは2年半前、知り合いの方はもっと昔の13年前です。
病院にかかっていたのに、わかった時にはどちらも手遅れ状態でした。

医療の進歩と、こうした情報の場は、現在病気の人ばかりでなく、生涯で癌になる確率が二人に一人だそうですから、今は健康な人にもとても励みになると思います。

shinnrikoさんのレシピで、鯛そうめんを作りました。大分の少年たちの記事も、ほほえましく読みました。


トリテンさん

>トリテンさん

 抗がん剤をされて亡くなられたのは何年前のことでしょうね。
 この1、2年前から抗がん剤をしても食べられる薬が出てきました。
 
 抗がん剤の種類も沢山あって、毛が抜けないものもあります。
 私が今している分子標的薬はまったく普通に生活ができます。
 健常の人と同じ運動もできます。

 大腸がんの友人も分子標的薬で術後の治療をしています。
 今日もお茶を飲んでショッピングです(笑)。

 抗がん剤を怖がってされない方がいるのを聞くととても残念です。
 ガンにかかったら、怖がらないで、主治医とよく相談をして最良の治療をされるのが良いと思います。
 今年も新しい治療法が出てくるのを切望しています。
 
 今は例外を除いてほとんど告知なのだと思いますよ。
 その方が治療に前向きになりますよ。 
 

NO TITLE

癌の治療薬や治療方法は世界中で研究されているので、その進歩も目覚ましいものなんでしょうね。
従姉は抗がん剤の治療を拒否して、3か月後に亡くなりました。すい臓がんは難しいのでしょうね。
もう一人の知り合いは胃がんで、抗がん剤の甲斐もなく、やはり3か月後に亡くなりましたが、その娘が、「副作用がひどくて食べられなくなり、こんなことなら抗がん剤治療をしないで好きなものを食べさせてやりたかった」と言いました。

もし癌になった時、どちらを選ぶか、その時になってみないとわかりません。
治療のためには本人告知も必要ですしね。

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。