猫の額ほどの話 

猫好きshinnriko(シンリー)です。昨年より乳がん治療中です。術前抗がん剤を経て手術療法、そして再手術。転居後、大学病院で放射線治療を終え、1年3ヶ月のハーセプチン+タキソール治療。最近(2014年初夏)転移と思われていた肺の一部切除しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハーセプチン単独、5回目 乳ガンの成長?

本日、ハーセプチン単独の5回目です。

このところshinnrikoには少し悩みがあります。

昨年12月から3ヶ月、ハーセプチン+タキソールをして劇的に小さくなったと思われた乳ガンがハーセプチン単独の5回目になって盛り返してきているような気がします。
それも今まで存在を感じた事がない脇の方にです。
そんなことがあるのでしょうか。
あるのかもしれません。

気になることがあると、心の中のモヤの固まりがブオッと大きくなってくるように感じます。
こういう気分を持ち続けているのって、とても嫌ですね。
本日主治医に聞いてみたいと思います。

病院の受付を済ますと前々回ご一緒にランチをさせていただいた御夫人が待っていてくれました。
私と同じ曜日に化学療法をする方々のお名前もだいぶ覚えてきました。
みなさん年配で優しい人ばかりです。
血液検査を済ませて、結果が出るまで、小1時間ほど治療室の外のベンチに座っていなくてはなりませんから、その間でも、楽しくお話できればそれにこしたことはありません。
ふと気がつくと、本日治療する人の中では私が古参になってしまいました。
ハーセプチンを長くしていますからね。

受付で待っていてくれたご婦人はMさんとおっしゃいますが、本日で化学療法は終了となるそうです。
Mさんは抗がん剤の途中で骨折をされたり、たいへんご苦労されていました。
本日のケモセラピー終了後は放射線治療を他の病院に受けにいかなければなりません。
この病院では放射線治療の設備がないからです。
それでもここは東京。
電車で一駅二駅でいくつも病院があります。
頑張ってくださいね。 

だいぶおしゃべりに花が咲いた頃、shinnrikoの名前が呼ばれました。

診察室のドアを開けると、開口一番、「ブヨに刺されたんだって?あれは痒いよねえ!」 (ブヨの記事はコチラです)
診察履歴の中にあるんだ…ちょっと恥ずかしい。

最近気になっている、ガンの成長に関して聞いてみました。
いつもは、「どうもないね!」の一言と後は雑談なのに、主治医もちょっと緊張した面持になりました。

「触診をしてみようか」
上半身の服を脇まで上げて、ベッドに寝ると、主治医が指でペタペタと触ります。
 (ここだけの話、最近夫にも触られていません)
まことに職人の技みたいにペタペタとお仕事をされます。
ムンズッとは掴まないですわよ。

触診で約2センチ、4月の段階で1、5㎝弱だったので、もしかしたら大きくなっているかもしれません。
ガンに取り巻いている、脂肪ごと触りましので少し大きく見積もられるそうです。
すぐに来週超音波エコーの検査を入れてくれました。
当初の予定では8月中の検査でしたので、1ヶ月早めて検査をします。

超音波検査をしてその後すぐに診察室に来るように言われましたので、少し異例です。
本当は次の診察日に結果を聞くのがいつものパターンです。

015use20120712.jpgその後はいつもの薬を出すようにお願いをして、最近暑くなったので、頭痛の頻度も増しています。
片頭痛の特効薬『レルパックス』も処方してもらいました。

いつもは釣りの話もするのに、本日は主治医も私もそんな気分ではありませんねえ。
ハーセプチンはいつも通り行われる予定です。
だって、血液検査は正常人でしたから。

生憎、ケモセラピー(化学療法)の人が多いらしく、shinnrikoが点滴を始めたのは、救急外来の部屋。

本日は師長さんが夜勤の日らしいです(最近は師長さんに静脈注射の針を刺してもらっています)。
ケモ担当の姫宮さん(仮称)が点滴の針を刺さなくてはなりません。
姫宮さんはshinnrikoの腕がトラウマになってしまっています。
大丈夫でしょうか…。
それでも、新人のIさんに頼むわけにはいかないと思ったのでしょう。
いつもより念入りに血管を捜します。
このところは一回で諦めていたのに、4回挑戦、頑張っています。
4回目で見事針が血管にささりましたよ。
思わず二人でヤッターと叫びました。
これは姫宮さん、久しぶりのヒットの喜びなのでしょう。
ご機嫌なのが判ります。
012use20120712.jpg 
上の写真が吐き気止めです。
ハーセプチンの副作用止めに吐き気止めを使うらしいですが、たぶん入れなくても大丈夫だろうと、私はかってに思っています。

その後は、右上の写真のハーセプチンの食塩水割です。
一時間かけてゆっくりと液を落とします。

一時間の治療の間、iPadを出してきて、ブログコメントのお返事を書いたり、菓子パンを食べたりしていました。
そんなことをしていると、一時間はあっという間です。
終了して、点滴の針を抜いたところにガーゼを当てて、紙の絆創膏をしてもらいましたが、このところ下の写真のように必ず赤くなるのですよ。
023use20120712.jpg 
もともと皮膚の弱いshinnrikoです。
蚊に刺されても大きく腫れます。
前回のブヨはひどかったでしょ。
この写真は絆創膏を取ってから、7時間後くらいです。
しっかり写真を撮って、今度の治療日に看護師さんに見てもらわないと。

さて、来週の超音波検査の結果はどうなっているでしょう。
またご報告いたします。

【薬剤】
ハーセプチン150mg×2本
カイトリル(吐き気止め)

【本日の医療費】(3割負担)
病院に分子標的ハーセプチン、その他=38,240円
薬局に薬代(ビタミン剤等)=3,830円


ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
人気ブログランキングへ

 
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

チャーミーさん

>チャーミーさん

 ホントにうだる様な暑さになりました。
 超音波診断は少し心が重くなりますが、全て前向きですよ。

 点滴の針はいつものことなので、仕方ないですね。
 友人は腕にポートをしていますが、腕を振ってはいけないらしく、それでは釣りもできないということです。
 釣りができる為なら、4回くらい刺されちゃいますよ。 

NO TITLE

こんにちは、暑いですね~

超音波検査、心配ですね・・・良い結果であることをお祈りしています。

点滴の針、4回も刺したんですね~読んでて心折れそうでした~
針刺されるのって何回やっても慣れません・・・

お肌、かぶれちゃってますね~かゆそう・・・
私はテープによってかぶれますが、基本丈夫です、お大事に~

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。