猫の額ほどの話 

猫好きshinnriko(シンリー)です。昨年より乳がん治療中です。術前抗がん剤を経て手術療法、そして再手術。転居後、大学病院で放射線治療を終え、1年3ヶ月のハーセプチン+タキソール治療。最近(2014年初夏)転移と思われていた肺の一部切除しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日入院しましたo(^▽^)o

本日、8月8日入院です。
受付で入院手続きを済ませ、病棟に案内してもらいました。
いつも化学療法で一年間通っていた見知った病院なのに、今日はは違った顔をしています。
部屋に案内されると、思ったより広い病室です。

一昨年入院した九州の病院は、6人部屋で、とっても狭く、主人とでさえ、廊下のベンチで話すしかなく、隣の人の呼吸さえ聞こえていました。
それに比べると、この広さは快適です。
これで、差額料金なしだということです。
たぶん、キリスト教の外国人が多いせいでしょう。
この広さなら、息子のXAMPもお勉強できますね。


少々暑さを感じましたので、息子にこんなものを買ってきてもらいました。
クール枕?

看護師さんが明日の説明に来られ、持ってこられたのがこれ!
明日の手術着です。
黒いのがパンツ。
白いのを着てから、緑のものを着ます。だんだん手術がリアルになってきます。

その後に、麻酔科の女医さんの説明がありました。
「喉に入れる酸素吸入の管が麻酔が覚める頃抜かれるのが、とても嫌です」
と訴えたところ、あれは、息をしていると確認されると取るのだそうです。
「お年寄りは気がつかない人が多いのですが、若い人は気がつくので、とても嫌だという人が多いです」
と女優さんみたいなキレイなお顔の麻酔科の女医さんが説明してくれました。

まるっきり病人でない私は、病院内をウロウロ。
売店で、こんなものを発見。
ラ・フランスのサイダー。
とっても美味でした。


この病院の病院食は肉や魚は出ません。卵乳菜食というのだそうです。
宗教上の理由です。
このプロテスタントの宗派が広がった時代、食品の衛生状態が悪く、肉魚を食べて、病人が多数出ました。
そこで、いっそのこと、肉魚を絶つという教えにしたのでしょうか。
仏教の禅宗みたいですね。
たぶんイエス様は肉魚はだめだとは仰られていないはずです。

ですが、飽食の現代あっては、こういう食事はとっても体に良さそうです。
入院中、ちょっとは健康になるかな?
コーンフレークで有名なケロッグはこの宗派らしいです。

明日は手術まで絶食なのだそうです。
残さず食べます。

ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます 

   
 にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

Re: 麻酔の管

> ペトロフさん

麻酔が手術室で覚めませんようにです。

その時には、よく覚えていて、看護師さんの話や、ストレッチャーに乗せる時の、1・2・3というかけ声とかね。
外科部長さんに看護師さんが「こんな傷口です」て見せていましたもの。
それから、ガラガラと運ばれていました。

Re:いつもありがとうございます

> 主治医も、どんどん食べていいからと言っています。

手術前に牧師様からお話があるそうです。
少し楽しみです。

麻酔の管

いよいよ今日ですね 頑張って下さい
三年前に別のオペをした時に全身麻酔だったのですが、麻酔の管を抜く時は気付きませんでしたヨ…お年寄りではなかったけど\(//∇//)\
大丈夫です 怖がりで、小心者の私が覚えてないくらいなので…
頑張って下さい(^_−)−☆

AGAさん

> AGAさん

痩せないワヨ。
それにタダ部屋なので、二人部屋。

だけど、元はアメリカ系なので、広く作ってあります。
フィリピンにも9カ所くらい系列の病院があるみたいです。

釣りにはいつ行けるのでしょう。

毎日、竿を振るリハビリしないとね。
術後は手を伸ばすだけの動作を毎日するみたい。

NO TITLE

痩せたの????

style Good、、、、個室もGood、、、

あとは、、、、早く治してね。。。。 (*^_^*)

釣りの記事、、、待ってるぞ~~~

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。