猫の額ほどの話 

猫好きshinnriko(シンリー)です。昨年より乳がん治療中です。術前抗がん剤を経て手術療法、そして再手術。転居後、大学病院で放射線治療を終え、1年3ヶ月のハーセプチン+タキソール治療。最近(2014年初夏)転移と思われていた肺の一部切除しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病院の食事『穀菜果食』

shinnrikoが入院している病院は、『穀菜果食』という食事方法が取られています。
1929年の病院の開院以来、ずっとこの食事が守られています。
美味しい、不味い、好き、嫌いの好みはあるでしょうけど、言えることは、極めて体に良さそうということです。

『穀菜果食』は今風に言えばベジタリアン食のことです。
よく使われる言葉ですが、本当の意味は、活気のある、生命力にあふれたというラテン語に英語の野菜 (Vegetable) の単語とかけて作られた言葉であるそうです。
『穀菜果食』には、何千種類ものファイトケミカルズが含まれていて、抗酸化作用や免疫力を高めるなど効能があるそうです。
例えば、イソフラボンや、カロテン、リコピンといった物質のことですね。

この入院期間中、自分の体にどれほど効果があるかわかりませんが、絶対体に良いに違いありません。

この病院がこのような食事なのは教義上の理由もあります。
多分、冷蔵管理など望めない時代に、衛生上の観点から、信者の方々の健康管理を図ったというのが理由だと思われますが、詳しくははっきりと教えていただいたわけではありませんので控えます。
あくまでも強制ではないそうです。

shinnrikoにとっても、いつもこの禅料理のような食事だとかえってストレスでしょうけれど、たまには良いものです。
ある年には、友人と三人でマクロビオティックの食事をするためにホテルに滞在しました。
もちろん、エステもタラソテラピーなどもして、体が超喜ぶことをしました。

さあ、病院の食事ですのでお洒落ではありませんが、基本は体が喜ぶことです。

興味のある方、参考になさってください。

入院した日の夕食です。
和食の煮物が中心ですが、何故かポタージュスープが付いています。
左側のデザートはチョコレートムースです。


次の日は手術でしたので、朝から絶食です。
手術後、すぐに食事をしてもよかったらしいですが、麻酔で朦朧としていましたし、胃もムカムカ、写真を撮る間もなく下げてもらいました。
ということで、丸一日食べませんでしたが、その代わり、一日中栄養ドリンクの点滴を受けていましたものね。
当然、痩せていません。

手術の次の日の朝食です。
この病院では毎朝パンです。
マーガリン、バターなどは出ません。


手術後から一日目の昼食です。
ご飯は白米ではなく、五分づき米です。
四角いフライは大豆タンパクのフライです。
魚フライに似ています。


一日目の夕食です。
豆腐田楽とのっぺい汁と和風煮物。
汁物と煮物の味が同じというのはどうも…。
味噌汁の方が良いのにね。


二日目の朝食です。
脂分を塗らないパンにも慣れてきました。
大好きな豆乳が出ました。


昼食は野菜おこわです。
これは美味しい。
具たくさんの卵焼き。


今度は豆腐で固めた信田焼き?
これも美味しい。
ゴボウサラダは歯が悪いshinnrikoには凶器。
同じ敷地内に歯科の主治医のM先生もいるので心配ないですが…。


術後3日目の今朝の食事がこれです。
アーモンドスプレッドが付いてるきました。
これは病院の売店で以前に買って、毎日のように食べましたので、慣れた味です。
ソーセージのように見えるのは、大豆タンパクです。
魚肉も使われていません。


食事レポートの前半はこれで終了。
退院してからも参考にしていこうと思います。
健康+ダイエットできるかな?
ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます 

   
 にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

Re: 考えさせられました

> 京一郎さん

お久しぶりです。
入院中ですが、何だか暇なしです。
本もいっぱい読めて幸せ!

食事は大事ですね。
実は気付いたことがありまして…。
今度載せますね。

マーガリンは国によっては規制がかかったり、税金が高かったりしている、変な食べ物です。
食べないという手もありますね。

次回は勝手にテーマを決めています。
正食よ~。

Re: こんにちは

> ペトロフさん

これから手術計画なのですね。
乳がんの手術自体は簡単なんだなと、今回思いました。

何だか虫垂炎の手術の時よりも痛みも軽いです。
内臓を切っていませんものね。
もちろん人にもよるでしょうけど。

安心して!主治医のおしゃる通りで完璧ですよ!
きっと!

考えさせられました

転んでも只では起きない、というか……。
ご自分の身にふりかかった「乳癌手術」を徹底的に見つめ、写真まで撮りながらの連日の報告には、鬼気迫るものがあり、ただ敬服しながら読んでおります。

今回の病院食でハッとさせられたのは、パンにマーガリンやバターなどが一切つかないこと。
私はこれまで食事では健康に気をつかっているつもりでしたが、これには気がつかなかった。
マーガリンはトランス脂肪酸で、禁止されている国もあるとか。
バターはやはり脂肪。
両方とも身体によくないものね。

参考にさせていただきます。

こんにちは

手術お疲れ様でした(*^^*)
無事終了し、お食事も摂られているようで、順調に回復されているご様子にホッとしています(^o^)
私もこれから日程が決まります
頑張らないと~!です(*^^*)

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。