猫の額ほどの話 

猫好きshinnriko(シンリー)です。昨年より乳がん治療中です。術前抗がん剤を経て手術療法、そして再手術。転居後、大学病院で放射線治療を終え、1年3ヶ月のハーセプチン+タキソール治療。最近(2014年初夏)転移と思われていた肺の一部切除しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病理組織検査と再手術

二日前に、主治医から病理検査の結果を聞いてきました。
shinnrikoにとっては、良いことは一つも書いてありませんでした。
この結果は少し凹みます。

『病理組織検査報告書』という用紙が二枚。
病理組織検査報告書というのは手術の際に切り取ったガンの肉片を切り刻んで組織がどうなっているか、病理医が調べた結果です。

検査臓器は右乳腺温存の組織片、私の右胸に埋まれていた組織と脇のリンパ節です。
両方とも7~8センチの肉片です(これは手術後に主治医から説明を聞いた子供の話です)。

半分は英語ですので、瞬時に訳すのは無理。
日本語に注目。

腫瘍は25mm(思ったより大きかった、そして一年前の状態に戻ってしまった)。
浸潤性乳菅癌、硬癌。いずれも進行ガン。
壊死後の炎症、瘢痕組織は見られず(要するに術前、4月~7月のハーセプチン単独の奏効がなかった)。
組織学的効果判定 grade 0 (抗がん剤が効いていないということ)
invasive ductal carcinoma,scirrhous carcinoma.
viable cancer cell. (訳したい方はどうぞ)

問題は、乳菅内伸展、静脈浸潤があること。
そしてもっと問題は、切り取った外側断端に乳菅内伸展(切断面の乳菅にガン細胞あるということ)が見られる点にあります。
要するに、ガンの取り残しがあるということです。

そして、二枚目にはリンパ節転移についての記載がありました。
7cm大の脂肪の中に4㎝のガンの転移があります。
そしてこれもviable cancer cell.
りっぱなガン細胞です。

最初、この病理検査の用紙を見たときには、再手術は免れない。
そして、絶対に乳房の全摘になるに違いないと思っていました。

しかし、主治医は粘り強い。
内側に乳管内伸展だったら全摘だが、外側なので温存手術が可能である
と判断したようです。

全摘→再建という道を覚悟していた私でしたが、あと一回一部切除に賭けてみることにしました。
これで駄目だったら、全摘をすれば良いということです。

再手術日は9月半ばになる予定です。

本日主治医の診察がありました。
私としては、あと半月ガンを残しているというのは何となく不安であると訴えたところ、
「99%以上は取り除いているので、大丈夫」ということでした。
そして、傷が治ってからでないと、次に切った時にくっつかなく可能性が出てくるということです。

早く現在の傷を治してガンに攻勢をかけなくては、という気持ちになってきました。
今までは、どちらかというと、共存などという甘い考えもあったような気がしています。

今後は手術の後、放射線治療、抗がん剤と続きます(抗がん剤が先になることもあるそうです)。
抗がん剤の種類は一時ガンが無くなったかと思ったほど効いたタキサン系になるはずです(タキソールとハーセプチンで完全奏功と思えるほど効き目がありました)。

ガンに対して毅然と立ち向かおう!!
と決意させる病理組織検査でした。

ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

ちびたさん

>ちびたさん

 応援ありがとうございます。
 主治医は本当に親身になってくれています。

 私も頑張りますよ。
 手術は主治医がしてくれますので、私自身は明るい気持ちを忘れないでおこう、とそう思っています。

NO TITLE

粘り強く診断をして下さる先生に感動しました。
応援しています。負けないでください。v-217

Re: B型!

>ネクラさん

 B型さんは優しくて、良い人が多いのだけど…。
 なんか、『痒いのが手が届かない』のよね。
 ようするに気が効かない?
 こんな夫と何十年もやっているのだから、私って表彰者だと思うワ。

 俺様さんにはいっぱい頑張ってもらいましょう。
 
 ウチは半分は諦めてるう!

B型!

治療のことはよくわからないけれど、B型談義ならいくらでもお付き合いできます(^.^)
Shinnrikoさんのコメントをウチの俺様に伝えたら、「B型はやろうと思えば出来るんだからな」と言ってましたが、それなら普段からやってほしいものですよね。
世の中、うまくできてます。

Re: はじめまして

>めれんげさん

 同じような状況で、経験されている方のお話は、なんて心強いのでしょう。
 
 私の場合は全摘でも放射線は必須らしいです。
 ならば、もう一回温存手術にかけてみようかな、と思った次第です。

 腕のリハビリを頑張ってしますね。
 焦りは禁物だとは思いますが、早く快復するにこしたことはないですものね。
 
 これからもよろしくお願いします。 

Re: shinnrikoさんもお医者さんも頑張ってください

>トリテンさん

 とりあえず主治医は温存ができるとふんだみたいです。
 
 全摘しても、今は保険治療内で再建ができるので、昔とは数段良くなっているはずです。

 見守っていてくださいね。

Re: 強い気持ちでファイト

>鶴吉さん

 そうなのです。
 本気で治しますよ。

 主治医も治そうと頑張ってくれています。

 釣行できませんが、少しの我慢です。

はじめまして

こんにちは。shinnrikoさん。はじめまして。
タイトルの「再手術」にひかれてお邪魔しました。

色々と大変な手術&ご入院だったんですね。そして再手術。
でも、もう既に気持ちを切り替えられているshinnrikoは素敵だと思いました。

私も、部分切除の術後、病理結果が「脈管侵襲3+、断端陽性」ということもあり、
全摘の再手術しました。(全摘の選択をしたのは、放射線30回を皮膚が
耐えられないだろうという判断もあったためですが・・・)
ですので、まるで自分のことのように読ませていただきました。

次の手術までの間、ごゆっくりお過ごしくださいね。
腕のリハビリも進めておくと次の手術後の回復(腕の動きの)も早いと思います。
shinnrikoさんの治療がうまくすすみますよう、お祈りしています。

shinnrikoさんもお医者さんも頑張ってください

経験がないので、なんと言っていいのか・・
ただ、病院を信頼して頑張ってください、としか言葉がありません。
温存手術が可能ということなので、少しは安心しましたが、忽然と立ち向かう態度に応援を送ります。

強い気持ちでファイト

shinnrikoさん。

いろいろと心配でしょうが、先生を信じて治療に専念してください。

かげながら応援します。

ネクラさん

>ネクラさん

 ド派手なヤツをお願い。
 
 私の代わりにいっぱい釣りをしてネ。
 福浦、好調じゃないですか。

 子供が帰ったので、主人に頼る他ないのですが、B型夫ですから…。
 なるべく頼らずに準備します。
 B型が好きなものの宿命だな。

Re: ガンバレ!!

>ガキおやじさん

 早く治って、釣りに行きたいです。
 秋の釣りシーズンが終わってしまうじゃないですか。

 秋に釣りができないのは、今年で三年目です。
 いいかげんにスイッチを切り替えないと、と思っています。

Re: そうでしたか

>たんぽぽの詩さん

 ポチリッと、ありがとうございます。
 
 思ってもみなかった再手術です。
 主治医からはそういうこともあるということは聞いていましたが、自分とは関係がないと思っていました。
 少し考えが甘かったですね。

 

手ごわいですねぇ。
でも信頼できるドクターとの取り組みのようなので、可能性を信じて頑張りましょう。
ご家族にはたっぷり甘えて、Shinnrikoさんは完治さんはさせることに専念してくださいね。
秋ネイルは地味になりがちですが、ド派手なやつ考えておきますね(^_^)v

ガンバレ!!

手術は体力勝負です。辛いですが、その気構えがあればきっと克ちますよ!

応援しています!

そうでしたか

もう立ち向かう方向に気持ちが切り替わって
いるのですね。
さすがです。

残した物を取る日まで
どうかノンビリと体調に気を付けて
過ごしてください。

応援ポチっとしてますよ!
もちろんです!

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。