猫の額ほどの話 

猫好きshinnriko(シンリー)です。昨年より乳がん治療中です。術前抗がん剤を経て手術療法、そして再手術。転居後、大学病院で放射線治療を終え、1年3ヶ月のハーセプチン+タキソール治療。最近(2014年初夏)転移と思われていた肺の一部切除しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手術の傷跡…キレイ

8月9日におこなった手術からそろそろ1ヵ月になります。
少々痛みはありますが、もう真っ赤になったり、熱が出たりすることはなくなりました。

抗生剤のジェニナックは今日まで飲みましたが、キツイ抗生剤にしては副作用もなく、体調は安定しています。

手術後にやらされた術側の手を伸ばす運動も、たぶん元のように伸ばせると思います。
 病室のドアに貼られた、看護師さんの手作りスケール。
オレンジの一番上が手術前に手を伸ばした位置。
涙型が横を向いている黄色いマーカーが現在の位置になります。
121use20120812.jpg
この写真だと完全に元に戻っているという位置ですね。 

ところで、主治医がキッタ・ハッタした、手術跡なのですが、とてもキレイなのです。
お見せしたいところなのですが、ううう…場所が場所だけに見せられない。

shinnrikoがもう少し若くてスレンダーだったら着ちゃいたい、超やばいビキニを着ても見えない線、ギリギリのところで切っている。

主治医を前から器用なのではないかと思っていたけれど、やっぱり器用でしたか。
入院中代わる代わるやってくる看護師さん達も、「なんてキレイなんでしょう」とおっしゃる。

手術跡一昨年に九州で切った虫垂炎跡の傷と比べても数段キレイです。

写真でお見せできないので稚拙なイラスト(右)でどうぞ!
こんな感じの傷跡です。

ドレーンの跡からはチューブが下がっていましたが、術後一週間でチューブをはずしました。

「痛いのではないか」と大騒ぎしましたが、何のことはない、無感覚のまま抜かれました。
抜いたその次の日から39℃の熱が出たのです。
今は黒く丸い傷跡です。

ペンローズドレーンは水が溜まると熱が出るので、退院後付けました。
その後お陰様で、熱は出ていません。

主治医に「キレイに切ってくださいましたよね」
というと、切るのは簡単だけど、縫うのは気を使うのだそう。

気を使ってくれたのでしょう。傷跡はペンで描かれた線のようです。

これでガンが完全に除去していれば、本当に言うことなし!
だったのですが、何が災いしたのか、もう一度再手術です。

正式には外側断端に乳菅内伸展margin(+)というのが再手術の理由です。

再手術まであと2週間です。
体調を整えますよ。

ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます  

   
 にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

Re: ごめんなさい。

>ミーさん

 どこが変なのか、読み直すほどですよ。
 気になさらないでください。
 
 私なんか、いろんな人のブログのコメントに面白い現象をおこして、赤面したこと数え切れずです。

Re: はじめまして

>ミーさん

 ありがとう、ございます。
 ミーさんの応援歌、しかと感じさせていただきました。

 ウルトラポジティブとスーパーアクティブには笑わせていただきました。
 笑いは薬ですよね。

 タキソール+ハーセプチンが一番効いたような気がします。
 少々の副作用なんか、笑って乗り切ってください。
 タキソールの時に、初つけ睫毛しました。
 こんなことでもないと、たぶんしなかったでしょうね。
 目の周りだけ若返りましたよ。
 
 癒しの念パワーをお願いしますね。
 応援してくださる方が増えて、百人力ですv-91

トリテンさん

>トリテンさん

 治癒力のエネルギーを高めたいです~。
 やっぱり食事なのかなあ。
 運動なのかなあ。
 心の問題かなあ。

 考えられることをしっかりやりたいと思います。
 最近はそんなことで昼寝を習慣にしましたが、ちょっと寝すぎかも。
 
 外科医さんと歯医者さんは技術なのでしょうか。
 でも、患者は信じるしかないですね。

ごめんなさい。

先ほどのコメント。
自分で見てビックリ!
はじめまして。同病(>_<)なんて失礼な。ミーです。の前に、の が入っていたはずが…。代わりにへんな空きスペースが。確認したはなのに。
初投稿なのに~(>_<)
本当に失礼しました。

はじめまして

はじめまして、同病


はじめまして。ミーといいます。
5月に告知され、ACから、タキソールとハーセプチンが始まったばかりです。副作用を調べる中、こちらにたどり着き、今まで読んで参考にさせていただくだけでいました。すみませんσ(^_^;)手術以降、shinnrikoさんの様子が心配になり、コメントをさせていただくことにしました。
私は周りにも、ほとんど病気の話をしていないし、同病の知り合いもいないので、病気や抗がん剤の不安をこちらを読んでは、安心したり、shinnrikoさんのウルトラポジティブと、スーパーアクティブで励まされていました。
もう少しで、手術に再チャレンジだそうで、不安もあると思いますが、きっと大丈夫ですよo(^▽^)o無責任な!と怒らないでくださいね。今まで私みたいに励まされてきた人のパワーがきっと後押ししてくれるはずです!少くとも私は念をおくります!その手の怪しい力はありませんがσ(^_^;)私には、shinnrikoさんのブログパワーが必要なんです(>_<)お体が辛く更新がたいへんな日もあるかと思います。無理のない範囲でお願いしますね(^ー^)ノ
遠いそらから応援してます。たいへん長々と失礼しました。

NO TITLE

確かに切るより縫う方が難しいでしょうね。
器用な先生に当たって良かったですね。手先が器用な人と不器用な人では、格段の差があることでしょう。その腕前を事前に知ることができるわけじゃなし、これも運不運でしょうね。
再手術の日までに治癒力のエネルギーを蓄えて下さい。お大事に。

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。