猫の額ほどの話 

猫好きshinnriko(シンリー)です。昨年より乳がん治療中です。術前抗がん剤を経て手術療法、そして再手術。転居後、大学病院で放射線治療を終え、1年3ヶ月のハーセプチン+タキソール治療。最近(2014年初夏)転移と思われていた肺の一部切除しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日再入院です

とうとう再入院の日が明日になりました。

我が家の猫のハピは私から離れようとしません。
009use20120917.jpg
そこは動物です。
しばらく留守にするのが直感で判るのでしょうか。
う~んキーボードが打てないではないですか。
しかたないですねえ。

明日の入院は一人で荷物を持って病院まで行かなくてはなりません。
自転車で5分の距離でも荷物を持って歩くとなると一仕事だなあ。
おまけに前回手術した跡(脇の下のリンパ部分と右胸上部)はまだ疼きます。
重いものは右手では持ちたくないな。
病院への行軍を思うと少し気が重くなります。

先月の入院の時には息子と一緒でした。
病院の近くのカフェでランチをとりながら、いろいろな話をしたものです。
楽しかったなあ。
あの時には、入院のことも、手術のことも、なんだか判らないまま、まるでホテルにお泊りするような感覚だったのかもしれません。
お気楽でしたねえ。

今回は入院してからのことがほとんど判ります。
行く道中は暑いだろうな。
入院受付に行くと、受付のお姉さんが病棟まで案内してくれます。
病棟に行くと、病棟内の案内をする看護師さんにバトンタッチです。
給湯できる場所、見舞い客の為の椅子のある場所、ロビー、シャワールーム、一通り案内が終わると病室に向かいます(今回は案内はいらないと言おう)。
今回の病室は何処だろう。
前回は2人部屋だったけど、1人で独占してましたものねえ(差額ナシでしたし)。
有料部屋は5,250円の部屋までと伝えましたが、どうなるか判りません。

入院した日の食事はもしかしたら、夕食が絶食なのかもしれません。
次の日の午前中に手術だからです。
先月の入院は午後の手術でしたので、朝食、昼食が抜きでした。
手術した夜は気持ちが悪くて食べれませんでした。

今回もまた一晩気持ちがわるいのかあ。
吐き気止めの注射を打ってもらえば良いのですが、点滴が取れてしまった後の注射は筋肉注射になります。
これは避けたいな。
実に痛かったです。

次の日の手術日。
手術室のヒンヤリした空気を感じながら、手術台の上に上がるの。
あの瞬間が嫌だな。

この前の手術の時には主治医が来るのが遅く、手術台の上で指折り数えました。
今回はすぐに来てくれるだろうか。

麻酔を入れる時の腕の痺れも鮮明に覚えています。
別の病院で虫垂炎の手術の時の麻酔は冷たかったのに、前回の手術の時にはヒリヒリと痺れました。

麻酔が覚めかけると、ストレッチャーの動く音とか、ベッドに寝させられることとか人の声が遠く聞こえます。
そして、また寝てしまう。

気がついた時には、気持ち悪さと胸の痛み。
たぶん夫の心配そうな顔。

ああ、全部想像できる。

麻酔から覚めないことを想像するか?
それは、実は胸の脂肪を切るだけ(ガン細胞入りの脂肪です)の手術にはありえないことでしょうね。
不整脈もございません。

入院中の夜が長いのが嫌だなあ。
今回はずっと本を読んでやれ。
眠剤も絶対飲もう。

ドレーンに溜まる液体は何となく嫌な臭いがするのよね。
手を伸ばす運動をまたするのかあ。

ううう、ちょっとネガですねえ。
もう考えない方が良いわね。

もう一匹の猫のラキはこの通り、お外を見ながら寝ころんでいました。
016use20120917.jpg 

さあ、前回の記憶を辿っても不毛です。
新たな気持ちで明日の入院に備えましょう。

気持ちを上に向かせますよ~。
心の針はウ・エ・デ・ス!

ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます  

   
 にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 
 

スポンサーサイト

*** COMMENT ***

Re: こんばんは

> ペトロフさん

あの二匹はとても心配。
それでも、私のいない時には助け合っているのかもしれません。
私がいると、どっちかがベターとくっついてきます。
もう一方はチラチラと横目で見てます。
人間の子と同じで、片方だけ可愛がると、ヤキモチ妬くのですね。

昨晩はどうしたでしょう。
夫のところでは寝ませんので。

一番で手術なので、そろそろ準備しようかな?
早いかな〜。

こんばんは

今日は、らきちゃんとはぴちゃんを置いて、1人での入院…さぞ心細かったでしょう 暑かったり、雨が降ったりして大変でしたね
今夜は眠剤飲んで休まれましたか…?
朝までよく眠れます様に(^-^)
お大事にして下さい

Re: とうとう。

>メレンゲさん

 そうですね、淡々と過ごすのが良いですね。
 やっぱりお1人で入院されたのですね。
 
 私って少々甘えていたのですね。
 みんな静かにガンバッテいるんだあ。

 お祈りも本当に感謝します。
 
 ああ、それと…ブログリンクさせていただきました。
 事後承諾の形になってしまってすみません。
 今後ともよろしくお願いします。
 
 

トリテンさん

>トリテンさん

 朝から晴れていたのですが、だんだん曇ってきました。
 東京地方は午後から雨模様らしいです。

 近いのですが、荷物を持って行くとなると、やっぱりしんどそうです。
 タクシー会社を調べていたところでした。

 そうしたら、猫つながりのお友達の方が病院まで送ってくださると、メールをいただきました。
 本当に有り難いことです。
 
 トリテンさんのお気持ちもしっかりいただきました。
 とっても感謝なので、手を合わせてしまいます。
 合掌。

とうとう。

とうとう、明日ですね。
行きの道中も(近いとは言え)お気をつけて。

私も歩いて15分ほどのクリニックでした。
1度目は春休み中の子供たちが付いてきてくれました(入り口まででしたが)。
再手術のときは一人で入院しました。
勝手知ったる、だったので、淡々と過ごしていたことを覚えています。

朝一番の手術でも、きっと前日の夕食は出ると思います。
お水も同じく深夜0時までOKじゃないかと思います。

前回の手術のときの感覚を思い出されるとは思いますが、体調によっても色々変わってくると思いますし、心配しすぎることなくお過ごしになられますように。
手術がうまく(体の負担もすくなく)いきますように。
遠いところからですが、お祈りしておりますね。
いってらっしゃいませ。

NO TITLE

二日間雨と風をもたらした台風が北上しています。
明日は雨になりませんように。せめて曇りですね。
病院が近すぎてタクシーを呼ぶのも・・というところでしょうか?
でも本人が入院なので、無理をしないでタクシーを呼んだ方がいいのでは。?
近くなら馳せ参じますのに。
ついこの間の出来事なので、手順が思い出されますね。
それで安心。まずは入院です。

Re: ダイジだ、ダイジ!

>ガキおやじさん

 ははは、ありがとうございます。
 そうですね、ダンジ、ダイジ。

 私も栃木にしばらくいましたので、スコ~シ判ります。
 初めて行った時に、宇都宮駅の駅員さんの言葉がぶっきらぼうで、訴えようかと思ったら、方言だったことが判って、クレーム入れないでよかった…と思ったことがあります。

 しばらくいると、その言葉が温かみがあってほのぼのとしたものに感じるようになりました。
 太平山の桜が懐かしいな。

 あッ私?
 すぐに復活ですよ。

ダイジだ、ダイジ!

栃木県南部の方言です。

『ダイジだぁ、ダイジ。なんとかなるッけ!』

そう、『ダイジ』とは、『ダイジョウブ』のことです。

shinnrikoさんの復活報告、楽しみにしてますよ(^-^)v

ダイジだんべ! シンペー要らねえッけョ!

Re: 知ってるからこそ

>まゆたんさん

ポチッと応援ありがとうございます。

また入院してきますね。
あまり考えても仕方がないことは、考えないことが一番ですネ。
こんどこそは上手くいくでしょう。

Re: お祈りします

>京一郎さん

 お祈りしていただき、感謝します。
 こうやってブログを作っていると多くの人の親切が身にしみます。

 そうですか、パンには油気がないと美味しくないですけど、
 意味不明なものは食べないのが一番ですね。
 退院したら、マジで食事改革しようと思っています。
 

Re: 明るい明日☀

>ミーさん

 年々ガンの治療が進歩していますので、希望はいっぱいありますよ。
 昨日も南雲先生にお会いし、今はこんなこともできるのかあ、と関心しました。

 どんなときも気持ちの切り替えが必要だと、この病気になって判りました。
 暗くするのも、明るくするのも、自分自身ですから。

 病棟の看護師さんとも仲良くなりました、再入院でもっと仲良くなれます(良いのか悪いのか…まあいっか)。

知ってるからこそ

私も、手術の直後の時間が
本当に嫌でした。
あれを知ってるからこそ
不安な気持ちになってしまうこと
ありますね。

ポチっと応援します。
再手術、上手く行きますように。

お祈りします

手術の成功をお祈りします。
そこまできちんと状況を把握されているのであれば、大丈夫だと思いますが。

ちなみみに私もあれいらい、バター、マーガリンの類はやめました。

明るい明日☀

いよいよですね。
手術も、入院も、知らない不安のある方もいるでしょうが、知ってる怖さもありますよね。
私は5年前、子宮筋腫で手術入院をしていますが、術後の2日間が痛みや、熱が辛くて、それを思い出すと怖くなります。もし、今後転移、再発して、抗がん剤を…となったら…。乗り切る自信あるかなぁ~わたし。
でも、きっと残ったモノは取りだされて、スッキリ次の治療に進めますよ!
最近は自由診療でもいろいろあるようですが、こうして治療を続けている間に、より良い治療ができるようになると期待してます。私も明日病院です。点滴の後、乳腺科の診察が入っていて、手術の話しが出ると思います。シコリが大きく、リンパに数多く転移があったため、術前にできず、化療の結果を見て…。と言われたので、途中経過の診察です。少し不安です。
それでも、朝日は毎日あがります。前を向きましょうね。明々後日、明るい太陽見ましょうね。どこでも一緒に同じ太陽見れますもんね

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。