猫の額ほどの話 

猫好きshinnriko(シンリー)です。昨年より乳がん治療中です。術前抗がん剤を経て手術療法、そして再手術。転居後、大学病院で放射線治療を終え、1年3ヶ月のハーセプチン+タキソール治療。最近(2014年初夏)転移と思われていた肺の一部切除しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京を食べ歩くみたい 神楽坂

本日は、お友達とデートです。
東京を離れるのですから、東京らしいところが良いと思っていました。
友人の勤め先がこちらでしたので、この界隈の隅から隅までご存知です。

shinnrikoは実は東京をよく知りません。
東京から離れるのに、よく知りません。
東京は人も多くって、車が多くって、埃だらけ…みたいなイメージしかないので、東京探索をしないで過ごしてきてしまいました。
主人の休みの日は釣りでしたしね。

友人にはずっと前から、神楽坂のフレンチを食べに行こうと誘われていましたが、とうとう何年もの間果たされませんでしたが、念願かなって本日行ってきました。

shinnrikoが電車を降りたのは東西線神楽坂駅。
友人との待ち合わせはJR飯田橋駅だったのに、衝動的に電車を降りてしまった。
道も判らないのに、テクテクと坂を下ります。
友人もshinnrikoが一つ前で降りたのが判ったらしく、飯田橋から坂を上ってきてくれました。
そして落ち合ったのがココ。
022use20121006.jpg 
毘沙門天(善国寺)さんです。
友人を待つ間、少々お堂の中を見学。
由緒ある毘沙門天像があるはずですが、暗くてよく見えません。

ここの狛犬は犬ではなく、虎だそうです。
なるほど、ちょっと異形なお顔をしています。
狛寅さんです。
毘沙門天は寅の年、寅の月、寅の日、寅の刻に生まれたということで、虎が護っているのですね。
ということは人格神、どなたかモデルの方がおらたのでしょうか。
そんなことを考えていると、友人の姿が見えました。

こうやって路地を入ると、東京ではないみたいです。
023use20121006.jpg 
私は京都で育ちましたので、こういう古い町屋が並ぶ景色は、何だか懐かしく安らぎをおぼえます。
もっと界隈の写真を撮ればよかったですね。

坂道の路地を下りると、フレンチレストランがあります。
024use20121006.jpg 
『sans facon』(サンファソン)というお店です。
神楽坂では有名なお店らしいです。

友人と相談の上、せっかくなので一番高いランチを頼みました。
このところ、胃腸が悪いと言っているのに、大丈夫なのだろうか、ふと頭をかすめましたが、美味しいものを探求する二人ならこのくらいのものを食べてしかるべきでしょう。

食前酒はワインではなくシェリー酒です。
片頭痛もちのshinnrikoは赤ワインは宿敵と思っているからですが、それにしてもシェリー酒の、この甘い香りが好きなのですよ。
027use20121005.jpg 
「友人と東京に乾杯!!」

前菜は友人の好きなフォアグラ味のもの。
わお!これだけでもお腹一杯になりそうです。
028use20121006.jpg 
まことに美味でした。シューの中のたぶんペーストも美味しかったですよ。
ただ一番目からボリューム多し。

スープはカリフラワーのポタージュです。
030use20121006.jpg 
いやー最高に美味しいです。

魚料理は左は私が食べたポトフ味のもの、右は友人が食べたバター味のものです。
何の魚か?
ううう、何だったのだろう。
033use20121006.jpg 035use20121006.jpg

ここで口直しのシャーベットが登場。
037use20121006.jpg 
甘い香りがして、中にはブドウのワイン漬けが入っています。

究極のメインはコレです。
牛肉のポワレ、上にはフォアグラが乗っています。
041use20121006.jpg 
やっぱり、コレが一番美味しかったです。
でも、ここまでくると胃がハチキレソウです。

そしてデザートがこちらの盛り合わせ。
043use20121006.jpg 
実は、デザートは半分も食べられませんでした。
もったいない、お持ち帰りできないのかしら。

実は、美味しいもの好きなのに、胃が小さい(なのに太っている)。
それに脂っこいものを食べるとお腹が痛くなるのです。
たぶん胆石のせいかな?とも思いますし、ですが今回は何日間か飲み続けた抗生剤の影響だと思います。

しばらくすると、元通り元気になりました。
となると、残したデザートが惜しくて惜しくて。
この食い気、何とかなりませんかねえ。

そして、神楽坂界隈をブラブラ、消化促進の為に歩きました。

神楽坂の有名どころを物色。
持ち帰ったお土産の品です。
133use20121006.jpg 139use20121006.jpg 
五十番の肉まんです。
写真からは判りませんが、とても巨大な肉まん、子供の頭くらいはありそうです。
まあ、古いいわれは饅頭、すなわち頭ですからね。
このくらい大きくないと。

そしてこの包みを開けると、何とみつ豆。
134use20121006.jpg 052use20121006.jpg
この餡子がさらりとした甘さ、最高に美味しかったです。

そして、コレは…ココ神楽坂の店の他、全国何処を探してもない、不二家の…。
129use20121006.jpg 

ぺこちゃん焼きです。
142use20121006.jpg 
冷めてしまったので、ぺこちゃんの顔が少しひしゃげていますが。
こんな不二家のお店があるのですね。
友人の話だと、鉄板の型がなかなか作れないそうです。

こうやって、買い物を済ませ、少し寄り道したりして、実はマッサージにも行きました。
働いている時に友人とよく行きました。
疲れたり、ストレスが溜まった時にもみほぐしてもらうと、心までスッキリする気がしていました。

飯田橋の駅で友人と別れました。

夕方、新宿で夫と映画を見る約束があったからです。
名残惜しく別れました。
今度いつ会えるでしょう。
くすん…。

新宿の映画館には約束の時刻をとうに過ぎてから着きました。
友人とデートが楽しかったですもん、夫はしばし待たせておけば良いのよ。

ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます   

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ  

スポンサーサイト

*** COMMENT ***

トリテンさん

>トリテンさん

 今度はすこ~しトリテンさんに近くなります。
 ですが、頻繁に往復できる距離ではありませんが…。
 機会がありましたら、足を伸ばしてくださいね。
 
 引越しまでもう少し時間があると思っていましたが、
 明日はもう引越しです。
 会わないでお別れする友達もいっぱいいます。
 少し寂しいのですが、新しい暮らしへの期待感もあるのですよ。
 
 

NO TITLE

神楽坂と聞けば、夜の花街芸者さんが思い浮かびます。
行ったことはありませんが、まだこんな町屋があるんですね。
お料理は、食べログよりおいしそうな表現で、
よくこんなに食べられたな~と、こちらまで満腹感を味わいました。

お土産もおなか一杯になりそうなものばかりですが、
これはご主人用じゃなくて、二人分ですね(笑)

あと半月の東京生活。もう少し歩いて見ませんか?

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。