猫の額ほどの話 

猫好きshinnriko(シンリー)です。昨年より乳がん治療中です。術前抗がん剤を経て手術療法、そして再手術。転居後、大学病院で放射線治療を終え、1年3ヶ月のハーセプチン+タキソール治療。最近(2014年初夏)転移と思われていた肺の一部切除しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手背(しゅはい)は限界か…

大学病院のケモ室(ケモセラピー=化学療法室)の看護師さんは優秀です。
昨年12月より抗がん剤治療(タキソール+ハーセプチン)を受けていますが、今まで静脈路確保でほとんど失敗されたことはありません。

実は私は前から書いているとおり、静脈が細い、たぶん弾力もないのだろう。
こんな私の左腕の血管から、毎回苦労して静脈を探り出してもらっている。

最近は正中(肘正中皮静脈)から取る場合が多かったのですが、朝から浮腫んでいることに私も気付いていました。
看護師さんが針を刺した段階で私にもダメなのが判るほどでした。
この病院での静脈注ではたぶん始めての失敗?もしかしたら2回目?そんなに問題にする失敗数ではありません。

手を代え(選手交代)、看護師長さんが手背(しゅはい=手の甲のこと)からすぐに静脈を探り当ててくれた。
たぶん、ものの1分とかからなかっただろうと思う。

さて、この手背に刺した針は時間が経つにしたがって痛くなる。
前に手術の際の麻酔をこの手背に刺され、麻酔腋が静脈を流れたときの痛みたるやなかった、その後、麻酔によって寝かされたにもかかわらず、その痛みだけはやけに覚えている(その時の記事はコチラ→)。

抗がん剤投与の時間は同じ量でも静脈に刺した針の太さでも変わってくるのだろう。
私の場合は一番細い黄色い針、これで一日の点滴量1050mlを流すわけだから時間もかかります。
いつもケモ室最後から2番目くらいの退出の人になってしまう。

師長さんには、私の静脈がいつでも困難な状況になったら、CVポートを入れることもやぶさかではないとは伝えてあります。
好んでやりたいという訳でもありませんけども…とも伝えてあります。

一昨日(2月14日)の抗がん剤治療の日、ある看護師さんが話しかけてきた。
「shinnrikoさんは前の病院では、静脈針を入れるのに苦労はされなかったのですか?」
…と聞かれる。
とうとうきたか…この質問。
「前の病院の先生がshinnrikoさんはずっとポートを入れて、抗がん剤治療したいの?って言われたんですよ。看護師さん達はブーイングでしたけど」
「前の先生はどうしてCVポートをされなかったのでしょう」
「…どうしてでしょうねえ」

何点か前の主治医の気持ちになって答えることもできますが、今となっては想像でしか答えられないですもの、ここで答えを出すのは止めときましょう。

とりあえず、過去も現在もshinnrikoはCVポートはしていません。

そして、現病院でも前の病院と同じように、師長さんは難なくshinnrikoの静脈を探り当て、とても満足そうな顔をされる。
これがキャリアの差でなのでしょうが、そろそろ限界かなあとも感じています。

shinnrikoは右胸の乳がんの温存手術でした。
リンパも切除しています。
ということは右腕からの血液検査、血圧、静脈注射はできません。
リンパ浮腫になる可能性があるからです。
ところが、私の右腕には私でも刺せそうな真っ直ぐな血管が通っています。
右腕から静脈注射ができれば問題はないのですが…。
左腕はずいぶん針を刺しています。
何回も刺すと、血管はもろくなるそうです。
おまけに左腕の静脈は迷路のように曲がっています。
すでに手背しか取れる場所がないのかもしれません。

長時間にわたる点滴時間、トイレなどに行った時にもし針が外れて抗がん剤が漏れた場合のリスク、点滴を刺す場所が痛い手背しかないということ。
…今度の診察日に若い主治医にCVポートの事を言わないとダメかなあ。

CVポートをすることに関しては今となっては何ら抵抗はないのですが…。

ですがねshinnrikoが恐れているのは、先日の歯学部で行った、たった1本の抜歯に1時間半もかかったこと。
なれない医師が行うとそんな悲劇が待っていると思うと、おいそれとお願いするわけにもいかない。
部分麻酔でポートを入れるということも聞いているし、難しい手術でないとしたら、たぶん若い医師がやるのではないか…と思ってしまう。
抜歯の屈辱の二の舞はご免だなあ。

明日は乳がん患者会『あけぼの徳島』の新年会があります。
大学のえらい教授もお見えだそうです。
こんなことを伝えたら顰蹙ものかなあ。
でも完全に若い医者にトラウマとなっている私は、何とかベテランにとお願いするしかない…。
楽しい新年会にこんなこと言うの嫌だなあ…クスン。

ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます 
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ  
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

*** COMMENT ***

Re: こんばんは

>ペトロフさん

 昨日は楽しんできましたよ。
 先生ともお話ができました。

 家で書籍を読んだり、HPを開いたりするより、ストレートに質問できるのでとっても良いですね。
 こういう会の参加は面倒くさいとずっと思っていた私ですが、もっと講演会とか行ってみようかと思っています。

こんばんは

病院の医師との信頼関係で、治療が決まるといっても過言ではないですよね
シンリーさんの状況は辛いですね、本当に…
患者会で少しでも良い情報が入るといいですね

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。