猫の額ほどの話 

猫好きshinnriko(シンリー)です。昨年より乳がん治療中です。術前抗がん剤を経て手術療法、そして再手術。転居後、大学病院で放射線治療を終え、1年3ヶ月のハーセプチン+タキソール治療。最近(2014年初夏)転移と思われていた肺の一部切除しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成果!リンパ浮腫治療から4日目

リンパ浮腫の専門病院へ初診で行ってから、4日目です。
初めて通う病院に慣れずに、先生に違和感を覚えていましたが、そんなことより、早くも四日目で成果が出てきました。

やっぱり行って良かったです。

☆手が上に上がらなかった状態が改善。
☆手が横に真っ直ぐに伸ばせなくなっていたのが改善。

以上により、萎縮していた右手が自由に使えるようになりました。
これは私的には随分すごいことで、要するに、QOL(quality of life=生活の質)の向上ですよ。

棚の上のものが取れるようになったのです。
キッチンの換気扇のボタンが押せるようになりました。
駐車場のチケットが簡単に取れるようになりました。
洗濯物を干す時に、パンパンとシワをのばせるようになりました。
この3週間ばかり本当に不自由でしたもの。

やっぱり専門医には行くものです。
やっぱり名医であったか。

本日は本格的に理学療養士さんの指導を受けます。

最初ですので、乳がん手術の事、抗がん剤のこと、放射線療法のことなど、現在の症状と併せて聞かれます。
次に自分でやっているマッサージはどのようなものか伝えます。

その後、療法士の先生が直接マッサージをしてくださるのですが、とても自分でするのよりももっとソフトタッチです。
そのことを伝えると、リンパ末端は皮膚のすぐ下の繊細な組織なので、押さえてしまうと潰れ、液が流れなくなってしまうということです。

やさしく、やさしく大雑把に撫でるのではなく、細かに撫でるほうが良いということでした。
一時間の簡単なマッサージと指導ですが、端的で判りやすい説明をしてくださいました。

その後、先生の診察でしたが、今回は2回目なので前回よりは、何となくこの先生の話し方に慣れてきましたし、考え方も少々判ってきました。

「この4日で随分良くなりました」
と伝えると、
「ボクはマジックは使っていないよ」
と返答が返ってきました。
そして先生の説明はこのようなことだったと思います。
リンパマッサージテキスト
抗がん剤現在投与している、または放射線治療後の後遺症によりAxillary Web(腋窩網(えきかもう))にとういう症状がでることがある(綴りを先生に書いてもらいました)。
それは圧着しているもの(現在使用しているtgグリップ)によって改善する場合もあるし、自然に治る場合もある。
将来改善後、そんなことがあったのか?ということもあるよ。

というような説明でした。
こんな難しい単語を言ってくれるのは、たぶん前回の写真云々のことがあってのことかもしれないし、そうではなく、本当は懇切丁寧に説明してくださる先生だからかもしれません。

帰りにパンフレットをいただきました。
徳島県で出しているものですが、shinnrikoは東京で手術をしましたので、この冊子はもらっていません。
じっくり読んで、本日のマッサージをしましょう。

マッサージはやさしくやさしくです。

ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます 

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。