猫の額ほどの話 

猫好きshinnriko(シンリー)です。昨年より乳がん治療中です。術前抗がん剤を経て手術療法、そして再手術。転居後、大学病院で放射線治療を終え、1年3ヶ月のハーセプチン+タキソール治療。最近(2014年初夏)転移と思われていた肺の一部切除しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

只今読書中(リンパ浮腫のこと)

本日(2013年3月30日)は家にいます。

猫達の体調を見ておかないとという思いもありましたが、実は日曜日からずっと出ずっぱりでした。
自分も少しは休まないとと思っています。

そんな時には読書です。
先日から通い始めた、リンパ浮腫の専門病院の先生が書かれた本です。
amazonで頼んでおいたら、さっそく昨日届きました。

105.jpg
昨日は読む時間がなかったので、本日から読み始めました。
こういう本は困った時に拾い読みするのが、私的な読み方なのですが、今回はしっかり読もうという気持ちになっています。

実は先日の通院日にケモ室(化学療法室)の看護師長さんに「リンパ浮腫の病院へ行ったのですよ」と伝えると、開口一番、「素晴らしい先生だったでしょ」と返ってきました。
第一印象がちょっと…と思っていた私は「エ…どこが」とも聞けずにオウム返しのように「素晴らしい先生でした」と答えてしまいました。

リンパ浮腫は一度かかると長い、と聞いています。
この先生とはたぶん長い付き合いになりそうです。
ざらにいる(…?)先生と違ってここまで専門的な先生は、たぶん我が家が転居したとしても徳島まで来て診察を受けることになりそうです。
現に遠方から来て一ヶ月ほど入院している人もいるみたいです。

もっとこの病気について理解しておかなくては、もっと理解した上でこの先生と話しをしたい、という気持ちでいます。

ということで今日のブログは読書の為、こんなところで終了です。

昨日、お腹痛で病院へ行ったラキは元気にしています。
まだう○○は柔らかいのですが、病院に行ったので、私自身の安心度が違います。
ラッキはどう思っているのかは判りませんが、それでも薬の入ったキャットフードを嫌がらずに食べてくれています。

心配していただき、メールもくださった方もおります。
大変感謝しています。
106.jpg 
私がまったりしているものですから、猫達もこの通りです。
この位置はいつもの通りなんですよ。
ラキは椅子の上、ハピはフカフカクッションの上。
二匹はそう決めているみたいです。
私が机に向かうと後ろではこんな風に寝ています。
かわいい猫達です。

ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます 

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

tさん

>tさん

お久しぶりです。
お元気でしたか?

ラキの下痢は治まったようです。
早くお医者さんに連れていくべきでした。

二匹は徳島に来たのをどう思っているのか判りませんが、毎日元気でしたのに、今回は来客でストレスだったのかもしれませんね。
春先に体調を崩すなんて、猫も人間も一緒ですね。

NO TITLE

こんばんは tです。
ラキちゃんの下痢収まってきてるようでよかったです。
本人も辛いでしょうけど、ネコトイレ掃除するほうも辛いですよね。
ラキちゃんは人間みたいにストレスに弱いのかも。
ほぼ連日のようにshinnrikoさん自身通院しておられるのに、
(ラキちゃんご主人様に面倒かけちゃダメよ)と言ってやりたいです〜

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。