猫の額ほどの話 

猫好きshinnriko(シンリー)です。昨年より乳がん治療中です。術前抗がん剤を経て手術療法、そして再手術。転居後、大学病院で放射線治療を終え、1年3ヶ月のハーセプチン+タキソール治療。最近(2014年初夏)転移と思われていた肺の一部切除しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リンパ浮腫…せせらぎ

私の体の中に流れるせせらぎ。
せせらぎは湧き出した水を確かに流してくれる。
僅かな水の音を聞いてみよう。
僅かな流れだけれど、澱みなく私の体を流れていく。
大切なのはイメージする力。
P1000098use20080816.jpg

3月から発症したリンパ浮腫。
当初硬くなった前腕はだんだん柔らかくなってきました。

あとは、手の甲と指ですが、指は包帯でないと対応できないらしいです。
今判っていることで言うと、
☆包帯で浮腫を抑える(弾性包帯)。
☆ドレナージュで溜まった水分を流すこと(リンパドレナージュ)。
この二つの方法で対応していくということ。

ドレナージュは排出というフランス語です。
溜まったリンパ液を排出していく方法としてリンパドレナージュという手技を使います。

健康な時には、リンパドレナージュというのはエステでするのだと思っていました。
リゾートに行って、少々お高い金額を払ってたまにエステでやってもらうオイルマッサージ。

そういうのに比べたらだいぶ悲壮感があります。
自分でしなくてはなりませんし、毎日2回はしなくてはなりません。美しくなるというのではなく、ぶよぶよとした皮膚の治療をしていくのが目的です。
楽しい?
楽しくないです。

P1000098use20080816-2.jpg 
せめてイメージすることで、私らしくありたいと思います。

それがせせらぎ。
患部に溢れ出した水を皮一枚下の小さな小さなリンパに溢れた水を流していきます。
ささやかに、小さく小さく、だけど確実に。
今日はせせらぎの音が聞こえてきましたでしょうか。

(ドレナージュの手技に関しては今まで掲載した記事を参考にしてください→コチラ

(弾性包帯を巻くとこんな感じです。腕を大怪我したみたいです)
058_20130715160840.jpg
寝る時にこうやって巻いて寝ます。

昼間はこういうグローブをして生活をしています。
075.jpg
ですがこのグローブが曲者で、洗濯をする度に小さくなります。
何故か親指ばかりに食い込みます。
完全に神経麻痺になってしまいました。
それもすこしずつ改善。
このグローブは高価なものですが、主治医に書類を書いてもらうと保険の申請ができます。

川の写真は秋田の川…実は川の名前は忘れてしまいました。
以前フライフィシングで訪れた川です。

ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がん ステージ3・4へにほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。