猫の額ほどの話 

猫好きshinnriko(シンリー)です。昨年より乳がん治療中です。術前抗がん剤を経て手術療法、そして再手術。転居後、大学病院で放射線治療を終え、1年3ヶ月のハーセプチン+タキソール治療。最近(2014年初夏)転移と思われていた肺の一部切除しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二度目の脱ヅラ大???作戦

暑い夏がやってきました!!

今年の梅雨はいつもの年より10日も早い。
下の写真は昨年の今頃です。
普通の人から見たら、少し短いです。
だいたい今年の髪の状態に比べて2ヶ月分くらい長かったのではないでしょうか。
040use20120806-2.jpg 

普通の人だって、この夏の暑さには閉口しているはずです。
なのに、ヅラというお毛毛フサフサのお帽子を被り、裏をみると、ナイロン素材。
いくら通気性を良くしている、何十万もするお高~いヅラをしていたって、この暑さはどうにもならないはず。

これは経験してみないと判らないとおもうのだけど、普通の人は、額とかもみ上げ付近から汗をかくでしょ。
ところが脱毛者は頭全体のどこから汗が流れているのかわからない、突然に汗がヅラの間から流れてくるわけです。
その不快感といったら、到底耐えられそうにありません。

ということで、shinnrikoのカツラ生活はこのところ、ピシッと辞めました。
034use20130710_20130719165913.jpg  
まだ少し短いです。
キャッ部屋の中が乱雑に…後ろは帽子とカツラの山。

実は東京では恥ずかしくなかった、べりベリーショートが徳島では恥ずかしいのですよ。
東京はいろいろな人がいましたものね。
少々の奇抜さは個性ですもん。

徳島ではまず、人が歩いていない。
皆さん車に乗っています。地方都市はこんなものです。
大勢の人がいるのは病院ですが、病院ではいかにも抗がん剤による脱毛患者ですもんね。

『ヅラナシ』は釣りに行くときだけにしようかと思っていたのですが、やっぱり暑い!
脱ヅラをして、公の場に行ってしまうと、二度とカツラは被れない。
だって、カツラだと思っている人は判るとして、今まで地毛だと思っていた人は突然髪の毛が伸びるなんて、まるで妖怪のようでしょう。
だから、ココは毅然として辞めてしまいます
そして悔してはいけません

考えられない暑さの中でもがいていたshinnrikoではありますが、昨年に引き続き、またもやベリーベリーショートです。

2回も丸坊主になった人は乳がん患者でもあまり聞かない。
これが運命なのか、でも宿命ではないな。
運は自分で引き寄せるものだから。

それにしたって、あまり良い結果が出ていないじゃないとウワサしてる?
でも死ぬまで判りませんよ。
死んでからも判りませんよ。

来世畏るべしという人が一杯闊歩しているではありませんか。
そんな人より頭の毛が二度もなくなった人の方が悪いことをしましたか?
勇気をもって、自分は自分だ!恥じることナシ!
と言い切ってしまいましょう。

と言いながらも、そ~っとケモ室の師長さんに、これで世間に出ても可笑しくないか聞いている私です。
答えは明快ですね。
恥ずかしいと思う気持ちは自分だから
明言です。 
そうと決まれば、実行あるのみ。
138use20130619.jpg 
白髪が目立つとやはりみすぼらしい。
少々ファンキーにした方がよいでしょ。
耳には大きめのピアスを付けます。
まだヘアカラーは怖いので、ヘナで染めました。
2時間泥の髪で過ごすのは、それはそれで嫌なものはありますが、仕方がないです(ヘナは冷製ハーブで、染めるのにとても時間がかかります)。

shinnrikoの治療は抗がん剤タキソール+ハーセプチンを毎週投与しています。
既に21回、7クールを終了しました。
普通の人はだいたい4クールで終了です。
人よりも一杯影響が出るはずです。
普通だったら、こんなに毛が生えているのを訝しいと思う人もいるかもしれません。
実は、クーリングを実行していました。

主治医の了解を得て、ケモ室の師長さんから一応指導を受けました。
抗がん剤が始まる15分前から抗がん剤15分後ぐらいまで冷たいキャップで頭を包みます。103.jpg 

 095use20130627.jpg 024use20130307.jpg 
それ様のキャップ(ダンクールキャップ)も市販されていますが、大変高価なものです。
迷わず作ることを決意!

写真上の生地のように丸く2枚切り、ミシンで平行に縫います。
そこに保冷剤を詰めていきます。最後に回りにゴムを通します。
これでも充分でないと思い。生え際の所には、別の保冷剤を巻いています。
(小学校から使っているハサミです。ふふふもう何年?)

001use20130705.jpg最初は適当にターバンのように巻いていましたが、部分部分クーリングされない部分がある為か、セオリーどおり3週間後にはポツポツと毛が抜けました(抗がん剤をすると、毛はだいたい3週間から抜けはじめます)。
そこで諦めずに、現在のようなキャップに換え、続けていきました。
だいたい予定通り、抗がん剤タキソールを投与しながらも、無理やりだけど、夏には脱ヅラをすることができました。

冬のクーリングはとても寒く頭に被ると、ガタガタ震えがきた日もありました。
案の定その後熱が出ました。
免疫力が落ちているので、ちょっとしたことでも感染症にやられます。

ですので、くれぐれもクーリングをしたいと思われた方は主治医に尋ねてください。
自分の病状でして良いか、確認を取ってください。
師長さんの話しではエビデンスがないので、一時病院でもしていたものが、だんだん廃れたらしいです。
前にも話しましたが、脳転移という心配もあります。

現在は眉毛と睫毛が生えてきません。
当然です、クーリングしていませんから、瞼が垂れてとても違和感があるので、8クールから目にもアイマスク型の保冷剤を載せるつもりです。
睫毛と眉毛はタキソールに負けずに無事に生えてくれるでしょうか。
これは12月からエンドレスのタキソールをすることになった、shinnrikoのちょっとした抵抗なのです。

エンドレスで本当に終わりがないのかということですが、現在LongSDの状態にあるわけですので、なるだけこの治療を引き伸ばしたいという主治医の話でした(だいたい1年間を目処にするみたいですが)。
髪の毛、眉毛、睫毛が生えたら、お洒落をするにも楽しくなるでしょ。
もうバッサバッサのつけまつげにはウンザリです。

実は免疫力だけでなく、少々貧血もあるみたいです。
昨日、車から降りて、買い物袋を持って歩き始めたら、前のめりに倒れていました。
買い物袋が重かったのか、足が縺れた記憶がないので、一昨日から貧血の症状が出ていたことを思い出しました。
只今上唇が晴れあがり、カラス天狗のような口になっています。
治療に通っている大学病院の看護師さんに電話をして救急で診てもらいました。
偶然にも主治医が当直だったので助かりました。
腫れが収まってから、形成外科で診て貰うのかな?
上唇は目立つので簡単に縫うことはしなかったようです。

次から次へ何となく違和感がある生活ですが、前向きに毎日を送っているshinnrikoです。
よろしかったらポチしてくださいね。

ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がん ステージ3・4へにほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。