猫の額ほどの話 

猫好きshinnriko(シンリー)です。昨年より乳がん治療中です。術前抗がん剤を経て手術療法、そして再手術。転居後、大学病院で放射線治療を終え、1年3ヶ月のハーセプチン+タキソール治療。最近(2014年初夏)転移と思われていた肺の一部切除しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・肺の一部切除にいたるわけ

 5月26日のブログの続きです。

肺にある影は何かを調べたくて、手術するに至りました。

乳がんの細胞診はご存知の方も多いのですが、先の尖った針で一部組織を採取します(ピアスの穴あけ器具(ピアッサー)を大きくしたような器具)。
注射器のような器具ですので、採取する部位の傷もたいした大きさではありません。

ですが、肺はそんな簡単なことではすまなくなります。
肺は胸腔内にあります。
肺の組織を取るとなると、肺をめがけて針を刺すのでは、当然取ることは無理です。
開胸手術をするか、内視鏡を用いて肺の一部を切除するか(簡単にいうとビデオカメラを入れてテレビ画面で手術をする方法)ですが、当然傷が少ない内視鏡で手術する方が良いに決まっています・・・がたいへん大掛かりなことです。
前述の乳がんの細胞診のように針だけで済むということではありません。

皮膚の切開は三箇所になります。
一箇所の傷口にはドレーンが留置することになります。
術後には術後出血や空気漏れ、術後肺炎などなど、可能性がないとはいえません。
術後はICUに1日入ることになります。

ICU?・・・考えすぎると、怖いことです。
そういう時には考えてもしょうがないので、あまり考えないことにしています。
アホになってしまう!?

そんな大掛かりな手術をしないと、転移しているかしていないかが判らないなんて、レントゲンもCTもPETも不甲斐無いものです。
これ以上の抗がん剤治療のことを思うと、ここで決意した方が良いのだと、何度も言い聞かせ、手術日を待つことにしました。

3月7日に呼吸器外科の外来、手術の説明。
4月17日入院。
4月21日、手術。

肺の切除手術をすると決めてから入院まで、随分期間があります。
その間、何べんも悪い予感を払拭し続けました。

次は入院、そして肺の部分切除の手術のことを書きます。
ああ、いつになることでしょう。

読んでくださっている方、気長に待っていてください。

おまけに、前回の記事(5月26日分)にイイネをしてくださった方、ごめんなさい。
誤って、文章自体を消してしまいました。
記事はなんとか復元。
ただイイネは回復できませんでした。
しばらくブログを書かないと変なミスをしていまいます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。