猫の額ほどの話 

猫好きshinnriko(シンリー)です。昨年より乳がん治療中です。術前抗がん剤を経て手術療法、そして再手術。転居後、大学病院で放射線治療を終え、1年3ヶ月のハーセプチン+タキソール治療。最近(2014年初夏)転移と思われていた肺の一部切除しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポロン亭の猫ちゃんたち

 shinnrikoが住んでいる杉並区荻窪の住宅街の中にある喫茶店『ポロン亭』。

 このポロン亭から、我が家の子猫となったハピが来ました。

 ポロン亭と猫たちを救う=猫の里親探しの活動、については昨年、ハピが来ることになったブログ内の記事で紹介しました。

 ハピのゲージを返した12月16日。
 shinnrikoは初めてポロン亭に入りました。

 落ち着いた、我が家のような喫茶店です。
 玄関にはシバ犬君がお出迎えしてくれます。
 shinnrikoは犬も好き!
 お昼1時からの営業ですから、行かれる際には気をつけてくださいね。

 ポロン亭にいたハピの兄弟(トム君といいます)はめでたく里親の方が見つかって、もうポロン亭にはいませんでした。

 ありがたくも、拙ブログを見てくださった方がポロン亭に足を運んでくださったみたいです。
 shinnrikoのこのブログも何かのお役に立てたのなら、うれしいかぎりです。 


 ということで、子猫ちゃんたちはポロン亭にはもういませんでした。

ラピちゃんです
 ポロン亭にはラピちゃんという男の子がデンと椅子に座っていました。
 毛並みの良い、美しい猫です。
 
 shinnrikoが頭をなでなですると、喜んでグルグルいいます。
 こういう時shinnrikoはとってもうれしい。
 もう、首もなでちゃうよ・・・。

 と喜んだラピちゃん、shinnrikoの手をお口に入れてジャレ始めます。
 こういう時もshinnrikoはとてもうれしい。

 と油断したら、ガブってやられた。
 そんなことで、怯むshinnrikoではありません。

 と油断しなかったのですが二度目のガブが来た。

 ひさびさに猫に噛まれたshinnrikoではあります。
 前に飼っていたにゃんにゃん(娘娘)は噛みはしましたが、そこは女の子、そおっと噛んでいました。
 ハピも噛むのが好きですが、これもそおっと噛んでいます。

雑誌『猫びより』 ラピちゃんは男の子だなあ。
 お店の洋子さんの話だと、喜ぶと噛むらしい。
 猫はラピちゃん一匹だけになってしまったので、手放さないと洋子さんは言っておられました。

 shinnrikoの手に4箇所の歯型が付くことになったのですが、大丈夫『ゲンタシン軟膏』を病院でもらっています。 

 ラピちゃんを相手にするのはもうやめた方がよさそうです。
  
 すると、洋子さんが、代々ここから里親に引き取られた猫ちゃんの写真ファイルを見せてくださいました。
雑誌の中身・・・丁寧なイラスト
 こんなにお世話をされたんだあ。
 ここに来た猫達は幸せだなあ。

 里親探しの活動をされているEさんもshinnrikoが来ていると知ってお店にわざわざきてくださいました。
 Eさんもshinnrikoと同じように最初は里親になって、その後この里親活動に参加するようになったのだとお話ししてくださ いました。

雑誌の中・・・丁寧なイラスト
 しばらくEさんとお話をしているとラピがshinnrikoにすりよってきます。
 shinnrikoを嫌っているのではないと確信!!・・・う・うれしい。

 1月4日現在のハピ洋子さんは雑誌も持ってきてくださいました。
 ポロン亭が紹介されている『猫びより』という雑誌です。
 ていねいなイラストでポロン亭の紹介がされていました。

 shinnrikoはもっと長く居たかったのですが、用事があり引き上げることにしました。
 Eさんは出口まで見送ってくださいました。
 こうやって、猫の里親通し、心暖かな交流をされているのでしょう。 

 shinnrikoは病院の帰りに癒されにポロン亭に行かせていただきます。
 よろしくお願いします。

じゃれるハピ  ハピは元気ですよ!
 少々いたずらっこになりました。

 猫の里親さんになりたい方は
 サイフォン珈琲の店『ポロン亭』
 営業時間13:00~20:00
 定休日水曜日 土曜日
 荻窪駅北口八幡通り商店街 八幡様前
 03-3392-2495 

 
『猫びより』はコチラからhttp://www.nekobiyori.jp/nekobiyori/57/

 
ポチリッと押してください応援していただきありがとうございます
 

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

Re: NO TITLE

> bambooさん

こちらにも来ていただき、ありがとうございます。

そうなの、こういう喫茶店があることが、今の時代奇跡かも。
ゆっくりとカフェオレをいただいて、横には猫が座っている。
そして、一ページ、一ページゆっくり本を読むのですよ。

ポロン亭って、知る人ぞ知る元祖猫カフェらしいです。
猫カフェが世の中に蔓延する前から猫ちゃんがいる喫茶店として有名だったらしいです。
猫カフェにありがちな、猫を触りまくるとか(shinnrikoみたいに)、おざなりな喫茶内容ということもありませんよ。

それにしても、鯉と雀とメダカは渋いですね。
ある意味カッコイイです。

NO TITLE

初めてこちらにお伺いします。
ボロン亭は、とてもアットホームな素敵なカフェですね。
こんなお店で、ジャズを聴きながら、ブルーマウンテンを味わう。
至福のひと時でしょうね。
ハピちゃん、可愛いですね。 我が家のペットは、雀とメダカと
鯉ですから猫を飼うのは危険過ぎます。v-407

こちらにも、時々遊びに寄らせていただきます。

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。